FC2ブログ

レジのおばさんにお盆休み中と思われた

(2019-08-13)
こないだ娘を連れてスーパーに行ったとき、レジのおばさんから声をかけれた。

僕というよりは娘に話しかけてきた。

あらー、お父さんと一緒にお出かけなの?パパがお盆休みなのかな、いいねー

って。

平日昼間から娘連れて出かけるとこれを言われることたまにあるね。
今ならお盆休みだし、GW中ならそうなるし。

いやいや、こちらは240連休なんですよ、ずっと休みなの、とは言えないが。。。

平日の街中だとやっぱりお母さんと一緒に出掛けている子が大半でお父さんとってのはあまり見ないな。

でも自営業とかサービス業で土日仕事の人もいるし異常に目立つってほどでもないんだけどね。

あはは、そうなんですよ、お盆休みってとこですかね
と軽く受け流しておいたが、将来がちょっと心配。

違うの!、ウチのパパはせみりたいあーなのよ、毎日お休みなの!
とか言われたら、
あっ、こいつ無職か、と怪しまれてしまうw

娘に嘘をつく気もないので、どう説明したものかな、と思うが、そこはやはり、自営業とか、自宅でできる仕事をしてるんだよ、と言っておくのがいいだろうな。
ブログ執筆があるし、たまに株価のチェックもしてるから嘘ではないしね。

子供って家庭内で話していることを平気で大声で言ったりするらしいので子持ちのセミリタイアーさん達は注意しておこうね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

夏が来るたびに毎年思う、避暑移動の夢

(2019-08-12)
もう暑くってダルいっす。
クーラを入れればいいんだけど、その場合体が冷えすぎて体調壊すし、スーパーの買い物など外に出る度に温度差にさらされてやはり体調がおかしくなる。

要は日本の夏は地獄。

昔、夏が大好きとか言ってた友人がいたけど、馬鹿じゃなかろうかって思ってたw
まあ好みは個人の自由だけどもね。

この憂鬱は毎年やってくる。
35℃近辺が連日ってもう耐えられない。

僕は痩せ型の人間で体力がないから極端に暑いとか寒いは厳しいんだよね。
寒いのは着込めばなんとかなるけど、暑いのはダメだ、どうしようもない。
やはり将来は夏だけ移動して比較的涼しいところに行こうと思う。
奥さんも暑いのは大嫌いだからこの点ではコンセンサスが取れている。
問題は娘がどうかだけど、たぶん嫌いでしょうw、汗だらだらかいてるしね。

本来この避暑移動はセミリタイアした時点で実行に移す予定だったのだが、子供ができてうっかり動けなくなったのだ。

今は小さいから長距離移動長期滞在は厳しいけど、娘が小学生くらいになったら可能だと思う。
僕はモノには興味がないし、節約は引き続きがっつりやってるけど、こういう生活の質をあげることにはカネを使っていきたいね。

北陸地方からだと比較的近いのは長野県の標高の高いところかな。
格安で1か月くらい借りられる場所があれば娘の夏休みのたびに行こうかな。

北海道もよいと思うけど移動費含めて結構カネがかかりそうだ。
それならばタイに行ってしまう手がある。
1か月長期間なら国内旅行よりもコスト逆転しそう。
タイなんて常夏でクソ暑いだろうがと思う人もいるけど、日本の夏よりはマシのようだ。
バンコク、気温でググっても今の時期で最高気温32度くらいしかなってない。
パタヤなんてビーチだから海風もあって夜歩きは案外涼しいとか。
自分も何度か行った事あるけど、そういえばそうだったかもしれない。

奥さんはハワイがいい!とか言ってるけど、あの超絶物価の高いエリアはコスト的に無理ですねw、1週間程度ならいいかもしれないけど。

ということで、タイは案外涼しいよ、パタヤなんて海風もあって過ごしやすいみたいよ、と今から奥さんを洗脳しておきます。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人生を楽しみたいなら好きな事だけやりましょう

(2019-08-11)
fc2blog_20190801233834657.jpg

このような質問をいただきました。

そりゃもう好きな事だけやることです。
逆に言えば嫌いなことはやらない。

とはいっても人間、生きていく上では嫌な人とも付き合ったり、そもそも嫌いな仕事をするしかありません。
だからセミリタイアが良いわけです。
出来るだけ早く資金を貯めてとっととセミリタイアしましょう。
仕事をしなければ嫌な事からは解放されますしね、毎日趣味とかそれに近い事だけをやって1日が終わります。

ヒマだなーと思ったらその時だけバイトなり派遣なりでちょっと働けばいいのです。
セミリタイアならたまに働くのもアリだし、資金的に不足してるなら逆に丁度いいでしょう。

しかし最強なのはセミリタイアじゃありませんね。
好きな事が仕事になって、それがカネになる人ですね。
有名な経営者とかってたぶんそんな人が多そう、スポーツ選手とかもそうですよね。
こういう人たちは自分の好きな事をどんどんやってそれでカネがどんどん入って来るんだから最強です。

そうじゃない人は僕みたいにちまちま節約してセミリタイアを目指しましょう。

最低なのは愚痴ばかりいって行動せず、嫌いな仕事を延々やる羽目になる人生です。
それは避けましょう。

今の僕は育児も含め、自分で望んだ好きな事しかやってないので幸せですよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

節約子育てに児童館は使える

(2019-08-10)
移住してから保育園に行けなくなったので育児にかかりきりだ。

奥さんは自宅で仕事だから邪魔になるので僕が外に連れ出す事も多い。
そうなるとほぼワンオペ育児だね。

そんな時役に立つのが、児童館。
〇〇センターとか、そういう名前の市の施設によくあるやつだ。
チャイルドルームとか呼び名は色々あるが、ようは公共の子供の遊び場所。

これが使えるんだよね。
おもちゃ、絵本、遊具など一通りそろっていて、スペース的も広いから幼児なら軽く走り回れる。
もちろん空調はばっちりだから夏場の避暑にもいい。

場所にもよるが保育士が一人待機してるなんてところもある。
だからトイレに行きたいからちょっと見てて、くらいは応じてもらえる。
当然おむつ交換の場所もある。

子供が走り回ってコケることもあるから床はクッション仕様で柱なんかも柔らかい素材でカバーされていたりする、配慮がすごい。
これが街中のショッピングセンターにいっても堅い所にぶつかって怪我をしないかとか、商品に触れて壊さないか、とか、いろいろ気を遣うが、児童館ならその心配もなく、こちらのストレスも小さい。

東京に居た時も何度か利用してたが、今は保育園に行けないので児童館を利用しまくり。
弁当水筒を持って1日中居る事もある。

これが無料だよ、、、税金で運営されているからね。

引っ越し当初、保育園に行けないことで焦ったが、今は娘と1日中過ごしていて、これはこれでいいんじゃないかと思ってきた。
2歳から3歳、この時期が一番可愛いんだよ、二度と戻ってこないよー、なんてよく言われるので、むしろこの時期に保育園に行かずに娘とべったりは正解かもしれない。

そのせいでカネがかかればきついところだが、保育園の費用はなくなり、児童館で無料で遊んでいるので逆に家計的にはラクになっているしね。

子育てにはカネがかかる、、、という人は児童館にいったらいいよ。

医療費はタダ、遊び場所もタダ、児童手当バラマキ、と今の日本は子育て支援がありすぎるほど充実しているね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プレミアム商品券の引換券を旧住所地の役所に申請

(2019-08-09)
プレミアム商品券の案内が来た。

旧住所の東京の自治体から・・・

えーと、これはどうなるんだと調べてみると、
とりあえず1月1日時点での住所地の役所への申請となるので、僕は東京の旧住所地の役所とやりとりしないといけない。
ただし、もらった引換券は新しい住所地の役所へ持って行ってそこで現住所地のプレミアム商品券を買えばいいのだ。

住民税がからんでいるのでこのようになるそうだ。

違う場所の商品券買っても使えないからね、ご注意。

しかし、自分の現住所地のサイトを見てもまだどの店舗で使えるのか分からないようだ、これから決まるのかな。

まずは引換券の到着を待って、使える店が確認できるようになって、それから購入するか検討しよう。

2万円で2万5千円ぶんの商品券ということで利回りは25%。
基本は住民税非課税世帯が対象だけど、0-3歳の子供がいる世帯も対象。
ウチはこの0-3歳の子供がいる条件に引っかかったみたいだね。
僕は働いてないけど奥さんの収入があるからウチは住民税非課税世帯ではないのです。

はー、こんなところでも子供の居ない人から居る人への所得移転が。。。
このバラマキ具合によくキレないよなって思う。
もらえるものはもらうけど。

プレミアム商品券は500円以下の使用ではおつりが出ないとか色々面倒そう。
使用期間が半年くらいしかないそうなので、もしどうしても使いたい店が無ければ購入は見送るのもアリだね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が婚活で人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク