FC2ブログ

大盛蕎麦に再挑戦

(2015-10-31)
今日はかつての後輩に車を出してもらい、
埼玉県久喜にある、奥会津という蕎麦の超大盛店に行ってきました。

これ
IMG_20151031_143306_convert_20151031194846.jpg

湯飲みは手前にあるのでこれでも少し大きめに見えています。
そばの山は自分の頭よりずっと大きいです。
まあ、普通は食える量ではありません。
前回の挑戦では半分くらいで断念しました。

今回は体の大きな後輩を連れていったので、大丈夫です。
ちなみにこの店のこの大盛はチョモランマ盛りと呼ばれており、
一人ではとても食べきれない量なので、普通に家族や友人とシェアするのが許されています。
また食べ切れなければ持ち帰る袋も用意されています。
この量で税込み1,021円です、一人500円くらいだからそんなに高くはありませんね。
小食の男性や女性なら3-4人でも十分な量でしょう。

そして完食しました。
IMG_20151031_145231_convert_20151031194922.jpg

今回は助っ人を呼んでの挑戦だったのですが、とにかく前回残してしまったのが残念で、
これで気持がすっきりしました。

味としては、まあまあの蕎麦です、途中から味はどうでもよくなりますが。
腹はパンパンになりますが、ラーメンやパスタのように脂っこくはないので少し時間がたてば消化してすっきりします。
帰りがけには喫茶店によってデザートを食べる余裕もありましたし。

また家に帰ると奥さんがケーキを買っていて、それも食べてしまいました。。。

今日は満足!
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんかテレビで視た事あるなあ。
僕は蕎麦は好きだけどこれは食べれるかどうか・・・
よほど腹をすかせてないとだめそう。

Re: No title

>ゼロさん
これを一人で食べ切れたら相当だと思いますよ。大食いを名乗っていいと思います。

No title

私も蕎麦は好きですけど、これはすごい。
「名代 富士そば」の富士山盛りを超えてますね。
さすがチョモランマ。

Re: No title

>小黒とらさん
是非挑戦してみてください。男2人でもしんどいです。

No title

こりゃあ食えんわw
でも心残りが解消されたことは良かったですね、

すごい‥

いいなぁ~、私も機会あれば挑戦してみようかな~。

然し、リタイア後の毎日を有意義に過ごされている様で何よりです。
ホント会社に行かなくてもする事って結構あるんですよね。
退屈って事はないんですよね。
仮に暇になってもそういう時間もまた良しだと思います。
経験豊富な中学生?!として毎日が夏休みenjoyして下さい。
私もいつか、きっと。。

Re: No title

>プライアさん
そうなんですよ、どこか気になっていることがあって、2人がかりとはいえ完食できて良かったです。

Re: すごい‥

>リトルドッグさん
是非いつか挑戦してください、シェアできるのでできれば大食いの友人と行ったほうがいいでしょう。
毎日有意義です、まさに経験豊富な中学生の気分です。
リトルドッグさんも早くこちらの世界に。。。

No title

出しが足らんようになるんちゃいます、ちょっと心配やけど、この値段なら文句なし。

関東の物価は地方と比べてどうなんですか、スーパーとかの価格は?

Re: No title

>たんちんさん
そばつゆは各テーブルに大きいポットであって好きなだけ継ぎ足していいようになっているんです。
東京の物価ですが、家賃以外はむしろ結構安いと思います。人数が多いから単価が下がるんでしょうね。
でも大阪が一番安そうだな。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク