FC2ブログ

死ぬまでに生観戦したいスポーツイベント10

(2014-04-26)
スポーツを見るのが好きです。
特に生で現地観戦するのが好きです。
スポーツによっては生よりもTVで見たほうが見やすいものもあるのですが、
そこはやはり現地で見る雰囲気、環境は何物にも変えがたいのです。
たった1試合のアメフトの試合を観るためだけにNYまで行ってしまったこともあります。

さて、そんな僕もまだまだ生で観た事がなく、いつかはいってみたいスポーツイベントがいくつかあります。
全10回に分けてもいいのですが、そんなもん誰が見たいんだwって話なんでここで一回にまとめて挙げます。
10位から順々に1位を紹介することも考えましたが、そんな事も誰も求めてないwと思うので、1位から順にいきます。

第1位 NFLスーパーボウル
やはりこれでしょう。ここ数年はアメフトが一番のお気に入りで、スポーツ観戦の8割は占めています。このスーパーボウルというイベント、オリンピックのマラソン決勝とか、FIFAワールドカップの決勝等を抑えて、スポーツイベントのブランド価値は№1.世界で最もおカネが動くスポーツ行事なのです。試合はもちろん1週間前から全米の話題を独占、現地では連日パーティも行われるので、そういったものも含めて楽しみたい。チケット代は安くても50万円くらい??ホテル代も当然高騰しているのでそれも含めたら・・・ああ、いつ実現できることやら。。。

第2位 FAカップ決勝
これは意外と思われた方はいるかもしれません。サッカーならFIFAワールドカップの決勝でしょ?と。いやいやいや、違いますよ、皆さん。一度イングランドのサッカースタジアムに行ってください。鳴り物無しの手拍子と歌のみの応援。劇場のような雰囲気。イングランドはさすがサッカーの母国です、あれは文化です。まだ観たこと無い人には是非一度現場観戦をしてもらいたい。そしてそんな英国サッカーの一番の伝統がこのFAカップなのです、100年以上の歴史があるのです。FIFAワールドカップも全く及びません。ウェンブリースタジアムでのFAカップ決勝、チケットは当然高額ですが、、、いつかは見てみたい。。。

第3位 NCAAフットボール、BCSチャンピオンシップ
またフットボールかよ、という話ですが、まあアメフト好きなもんで。。。来年から仕組みがすこし変わるらしいのですが、とにかく全米大学1位を決めるフットボールを見たいです。ローズボウルなど伝統ボウルゲームも見たいのですが、それを入れるとそれだけで下位まで埋まってしまいますので、この3位に大学フットボールは集約します。

第4位 ケンタッキーダービー
競馬好きとしてどれを一番上に持ってくるかは悩みましたが、これが一番みたいです。レース前にマイオールドケンタッキーホームを皆で歌ってミットジュレップを飲んでって。。。ベタですが、やってみたいのです。あと、競馬はスポーツか?という疑問は無しでお願いしますw

第5位 ボクシング統一ヘビー級チャンピオン決定戦
マイク・タイソンは強かったなあ。。。ラスベガスでのど派手な興業、ぜひ生観戦したい!当然前夜からの盛り上がりはすごいでしょうね。ちなみにボクシングはけっこう好きで後楽園ホールにも何度か観にいっております。

第6位 NCAAバスケ ファイナルフォー
アメリカの大学バスケ、準決勝と決勝です。バスケはアメフトと違ってトーナメントをやっており、最後の4チームをファイナルフォーといいます。日本では考えられないくらい米国は大学スポーツが盛んで話題を独占することも珍しくありません。といっても僕自身バスケは全然詳しくないのですが、これは見てみたいです、ミーハー根性ですが。NBAよりもこっちのほうが伝統と盛り上がりがありそうで、開催時期の3月はマーチマッドネス(3月の熱狂)と呼ばれています。

第7位 凱旋門賞
競馬好きとして、これも入れないわけにはいきません。欧州最強馬決定戦。最近は日本馬の参戦も増えて一般人にも知名度が上がりましたね。オルフェーヴルの1回目は惜しかった・・・あの斜行が無ければ、あるいは。いつかは日本馬が勝つでしょう。もちろんその瞬間に現地で立ち会えれば最高ですね。

第8位 NHLスタンレーカップ決勝
米アイスホッケープロリーグの決勝です。前々回の冬季五輪で米国ーカナダの決勝がありましたが、ものすごい盛り上がりだったようで見逃した自分が情けない。。。ちなみにホッケーのことは全く詳しくありませんが、単なるミーハー根性でこれも見てみたいのです。

第9位 ノースロンドンダービー トッテナム - アーセナル
サッカーでまたまたFIFAを抑えてこっち、どんだけイングランド好きなんだって話ですが、地元では有名なダービーマッチです。僕は最初にイングランドで現地観戦したのがトッテナムのホワイトハートレーンで、その時の相手はフラムでした。以来トッテナムのサポーターです(といっても何もしてませんが)。当時はアーセナルに全くかなわなかったですが、今ならけっこう勝負になりそうです。

第10位 英国ダービー
競馬といえば英国発祥、ダービーといえばこれ!競馬好きとしてはこれを観ないわけにはいきません。

うーん、10位まで挙げてみたものの、ほとんど米国と英国で埋まってしまった・・・
でもこれは仕方ないです、この二国、特に米国はスポーツ大国です、他を寄せ付けません。
英国はかつて世界を制覇していた国だけに、サッカー以外にもゴルフやテニスなどあらゆるスポーツの創始国ですね。
日本のスポーツが一つもない・・・これはまあ仕方のないことです、日本はスポーツというよりは体育の文化で、我慢する美徳とか礼儀とか、そんなことが前面に出ていて見ていても楽しめません。

FIFAワールドカップ決勝も観たいし、自転車競技とか、南米のサッカーとか、6カ国ラグビーとか、まだまだ挙げたいものはありますが、とりあえず10位まではこんな感じ。
この10個の現地観戦は死ぬまでには全て実現したい!
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク