FC2ブログ

自分が経験した海外でのトラブルなど

(2014-10-26)
前回の続き。
海外にはリスクを取って行くべきだし、多少のトラブルはそれらを解決したり切り抜けたりして経験になったり、その人のプラスになると思う。

僕は比較的政情安定の国、治安のいい国や地域を選んでいるので命の危険やサバイバルということはほとんどないが、多少のトラブルはあったので、それを振り返ってみる。

・ロンドンのパブで知り合ったイタリア系男に誘われる
プレミアやチャンピオンシップのサッカーを見るためにロンドンにいった。サッカー観戦以外は特にやることもなく、パブでだらだら。たまたま隣にいたイタリア系のシェフ(と本人が自称)と話があって、楽しく飲んでいたが、そのうち「俺の知っている場所にいこう」と言い出すので二人で店を出る。そのうち暗い道に入って、さらに暗い公園の中に入って行こうとするので、あ、これはヤバイかも?と思い、「わりい、予定思い出した」とか何とか適当に言い放ってさっさとまいて引き返した。
「おいおいあそこで楽しいパーティやってんだぞ、おっぱい出したお姉ちゃんがいるんだぞ!」ってわめいていたけど無視。
その後、しばらくしたらまたこいつにばったり会ったので後をつけられていたかも。
ホテルの人間に聞いたら、「このあたりは治安がよくないからねえ、行かなくて正解だったよ」と言っていた。
もし行っていたどうなったんだろう、身ぐるみ剥がれるのか、最悪命も危なかったのか。。。
怪しい人間にはついていかないように。。。

・NYでメガネ割れ詐欺に会いそうになる。
NFLのニューヨークジェッツの試合を観にNYにいった。試合の日以外はプラプラと街を歩いていたが、繁華街で男性と軽くぶつかった。突然この男が「あ、さっきぶつかってメガネを落としたせいでレンズが割れちゃったよ、一緒に店にいって弁償してくれ」と言い出した。僕としてはそんな大きな衝撃でもないし、それくらいで手から落とす方が悪いだろ、と言い返しながらしばらく口論状態で歩く。ラチが空かない状態だが、無視してさっさと小走りで歩き去ったらそれ以上は追いかけて来なかった。
後から他の知り合いでも同じような事があったらしく、どうやら有名な詐欺の手口らしい。真面目に付き合って店にいったら高額を請求されていたのだろうか。。。

・ロスで浮浪者にからまれる
20代前半のかなり若い時。後から知ったらそこはダウンタウンのリトルトーキョーあたりでかなり治安の悪いとこらしい。
そんなことも知らず、夜に独り歩き、明らかにきったない浮浪者が近寄ってきて、「ダンナ、カネめぐんでくだせえ」みたいにすりよってきた。目も明らかにおかしい。さっさと逃げたが、周りはそんなのばっかりw。後でガイドブックを読むと、夜は絶対あるいちゃいけませんって。。。まあ大げさだろうどね。近くの安ホテルに泊まっていたが、夜はパトカーの音が鳴りっぱなし。安いだけあるね。。。

・ロスで警官に職質をうける
これもロスでのこと、レンタカーを借りてのきまま旅だったので、ホテルは毎日適当に見つけたモーテルに泊まる日々。ある時、あそこのモーテルは空いてるかなあ、とノロノロ徐行運転していたら後ろで突然パトカーのサイレン。止まれ、というので脇に停車して、外に出る。このころはまだあのロス暴動の原因になったロドニー・キング事件も記憶にあたらしく、こちとら黄色い有色人種だし、あっちは白人警官二人だし、やべー、こりゃやられる、とかなり焦った。ただしトランシーバーで何やらチェックしたあとに「お前ら、行っていいぞ」とあっさり解放されたので、何事も無く。。。。
後から考えると何も焦る必要はないのだけど、なにぶん経験も無く、当時は焦った覚えがある。。。

多少危ない目にあったといえばこれくらいかな。
どれも大したことはないけど、若いときはこういうのも少し経験になるよ。

あとはタクシー運転手とのトラブルとか、地元のタチの悪そうな庶民とのやりとりでのトラブルとか、細かいことはいっぱいある。
それらを自力で一個一個解決していくと、それはそれで楽しい旅になる。

命を危険にさらすほどのトラブルはまずいけど、少々のトラブルは若い時に経験したらいい。

スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごい経験です。英語が喋れない私には対処出来ない事だらけです。日本でも治安の悪いところはヤバいです

Re: No title

>たんちんさん
ある程度海外に行ってる人なら誰でも経験しているような事だと思います。
私も英語はそんなに話せません、勢いとノリが大切です。
日本も治安の悪いところはありそうですね。。。

No title

おっさんがタバコ1本売ってくれと言って来て、言葉もよく分からないままにお金と交換して、数えたら30円くらいだったことがありました。今考えたら、無視が正解だったのかもとは思いますけどw

No title

スペインはマドリードの細い路地で、
偽警官に暗がりに連れて行かれそうになったことがあります。
すぐに気が付いて、きびすを返しましたが。
翌日だったか?
スーパーで顔に包帯やら絆創膏を貼った、
私よりもはるかに体格の良いアメリカ人から話しかけられて、
強盗にあって、身包みはがされて、
とりあえず今は教会に泊まらせてもらってるって言ってました。
危なかったなあ・・・・・・と思いましたよ。

No title

子供たちが、どんどん海外に行っているのと対照的に
私は、海外経験が少ないのです。
すぐに騙されてしまいそうです。

年取ってからは、なかなか一人で行く勇気がわきません。

No title

僕は海外嫌派なのでそういうエピソードを聞いてしまうと
ますます遠ざかりますね。
国内の方が安心します、とはいえ最近は物騒な気もしますが

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>prireさん
人にタバコを売ってくれって結構怪しいですよね。でも海外ではタバコが重税でめちゃくちゃ高いからよくあるみたいです。私はそもそも吸わないのでそういうことはありませんでしたが。

Re: No title

>mushoku2006さん
南欧はけっこう治安悪いイメージですよね。僕もマドリードいったことあります。夜の独り歩きもまあまあ平気な感じですが、一歩間違えるとそういうことも十分起きそうですね。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
今からでも遅くないし、行くことをお勧めします。
ただリスクがあるので無理に行け、とは言えないですが。。。
お子さんを訪ねていく、というのはいいかもしれませんね。

Re: No title

>ゼロさん
まあ無理に行くもんでもないですからね。ただ知識や幅は広がると思います。
たしかに国内でも危ない目にはあいますね。
しっかりとしたセキュリティ意識のある人は結局どこにいっても大丈夫な気がします。

Re: No title

>ゼロさん
じゃ、よかったら13:00くらいに待ち合わせましょうか。
また直前になったら連絡取り合いましょう。
しかし府中までいって本番G1を観ないというのは少し勿体ない気もしますが、ゼロさんがそれで良ければ。。。

No title

>男に誘われる
麻薬なんかもありますね。旅行者は普通、武器を携帯しないから反撃してこないと思われているようです。

>運転していた
外国で運転ですか;私は怖くて無理です…どんないちゃもん付けられるか。暗くなった時点で外出もしないくらい慎重なので。グループ行動やガイドがいるならいいですけど。


・目を離した食べ物は食べない
・すすめられた飲食物は食べない(持ち帰って捨てる)
・いざという時の現金
・韓国人だと名乗る
・路上スマホはしない
・クリスマスシーズンに行かない
・パスポートのコピーを携帯

Re: No title

>masaさん
そうか、たしかに武器を持ってない可能性はありますね。
しかも旅行資金として多少の現金も持ち歩いているだろうし、ターゲットとしては適格ですね。

韓国人だと名乗るのは面白いですね、タチが悪いと思われて相手にされなくなるのかなw
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク