FC2ブログ

Go to eat初利用、寿司食ってきた

(2020-10-29)
図書館で娘の絵本をよく借りているのだが、その中にお寿司の絵本があってそれを気にいってたものだから、

よし、寿司いこうか!

と決心していってきた。

ちょうどGo to eat事業が始まってしばらくたってそろそろ一回利用してみようかなと思ったところ。
ただ、ホットペッパーなんかの予約サイトではイマイチ自分たちが行けそうなお店がない。

そんなところプレミアム食事券みたいな形で各自治体が25%ほどおとくになる券を発売してるというので先日さっそく購入。

それを原資に地元のお店で協賛してる寿司屋を見つけていってきました。

といっても高級店ってわけではないから味はまあそこそこ。

正直いって僕も奥さんも、ふーん、こんなもんか、、、という感じで感動が全く無かったw
うにもいくらもあれもこれも結構いいもの頼んだんだけどね。
どうもいいネタは全部東京に行ってしまうというのはあながち嘘ではないのかもしれない。

でも娘は喜んで納豆巻や鉄火巻、穴子、あら汁などを食べていたので良かったなあ、娘のために行ったようなもんだ。

3名でそこそこ食べてお会計は7,694円、寿司ならこんなものかな。

今日は寿司いくよ、と言った時の、やったああああ!という顔が忘れられないね。

今後も味というよりは家族総出のイベントという形で外食はたまに連れていこうかなと思う。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

GO TO EAT

GOTO EATは「ふるさと納税」と同じで、面倒で複雑で分かりにくいものです。
しかしだからこそやる価値があります。
私はホットペッパーぐるなびヤフーロコEパーク等すべてのサイトに登録して使いまくってます(笑)
ふるさと納税と同じでやらなきゃ損。
税金の大盤振る舞いみたいなものです。

奇遇ですね!

我家も昨日はスシロー行ってきたんですよ!うちの子供も今は納豆巻き、タマゴ、うどんしか食べませんが、イベントとしていいですよね^_^

No title

家族でお寿司、いいですね(*´ェ`*)
恋人さんの誕生日が12月にあるので、回らないお寿司屋さんに行こうと思っています。
んでも、ボクの生息地にはGo to eatが使えるお店がないんですよね('A`)

Re: GO TO EAT

>付け焼き刃さん
もしかして無限くら寿司も実践済ですかw
僕も以前は乞食技に目がなかったんですけど、最近は根気が無くてね・・・
またそこまでして食べなくても、という気持ちになっててどうも体が動きません。

Re: タイトルなし

>ヒロヒロさん
おー、そうですか。
まともに生魚が食べられないのはどうかなと思いましたがそれなりに楽しんでましたね。
やっぱりお店の雰囲気とかが楽しくさせるのかな。
味よりはイベント館で満足でした。

Re: No title

>八百祢さん
相方さんの誕生日なら奮発して良いお店に行きたいところですねえ。
ウチの近所にもGoto関連はそう多くはないです、今回の商品券は結構対象店舗が多かったですが。

No title

我が家もGoToイートで先週土曜日くら寿司に行ってきました。保育園のお友達が鬼滅の刃グッズ持ってるからあたしも欲しいー!とせがまれまして。
どこの子供もマグロは好きみたいですね。玉子と交互に食べてました。
あれだけ喜んでくれるとたまには外食もいいかな、と思いますね。調理や後片付けしなくていいので自分も少し楽が出来ました。

Re: No title

>ASさん
グッズがもらえるとは、そういう商売もやってるんだ。
味というよりは娯楽的な意味の外食ですね。
片付けはたしかにいりませんね、ラクでした。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク