FC2ブログ

深夜特急1・2を読みました

(2020-09-12)
この本、セミリタイアの旅行好き界隈では結構有名なようで、
恥ずかしながら僕はまだ読んだこともなかったので今回図書館で借りて読んでみた。

普通に楽しく読めたね。
1と2では香港からシンガポール到着までなのだが、このあと6まであるらしいのでそれも読んでみたい。

ただ、この内容はもはや「時代劇」と言っていい。

今の旅行でこのようなわくわく冒険譚は無い。
宿はどうしよう?交通手段は?と右も左もわからない状況からたまたま行きずりの人と話すうちに情報が得られたリ、怪しい場所につれていかれたり、
その中でまた新しい出会いやトラブルがあったり。。。

僕も20代のころ、今から20年以上前はこんな旅をしてたよ。
僕の世代で20代前半にひとり旅をしたことある人ならたぶん皆そうだと思う。
当時はスマホなんてもちろん無いし、ネット環境もようやく出始めたかどうかくらいで大した情報は無かった。
この小説で描かれているような旅の風景がまだギリギリあった。

少々危険な目にもあったけど、それも後から考えたらいい思い出。

それが今やどうだろう。
ホテルは?→スマホでチェック
交通手段は?スマホでチェック
食事は→スマホでチェック

全部ネットで終了。

トラブルにもあいようがない。
この小説のような面白いストーリー展開はしたくてもできないのだ。

昔の旅行が、空白に自分で好きなように物語を書いていく事だとしたら、今の旅行はもうほとんど出来上がっている話に一部空いてる箇所があって、そこに正解の固有名詞を書き込むようなもの、その正解ももちろん教えてもらえるからそれを書くだけ。

交通手段もホテルもレストランも全部最安値だの快適だの正解が事前に分かっていて、それを消費するだけ。

これじゃーつまらない・・・と言ってしまうとただの懐古主義か。

もちろん今の旅行にも良さはある。
なんといってもそのネットの進展のおかげで間違いは無くなりコストは下がり、とても快適になった。

たぶん旅の質が変わったんだろう。
以前の旅は変化とか驚き、感動、時にはトラブルすら経験として得に行くものだったが、
今の旅は安くていいものを消費しにいくことなのだ。
ネットで情報を得て最安値のLCCで飛び、間違いのない宿に泊まり、間違いのないレストランで食事する。
それはそれでいいか。

今でも当時と同じ旅をしようと思えば、あえてスマホを持たずネット環境に接することなくやることもできるが、それは意味がない。
いざとなればいつでもネット情報を得られるという安心感があってのそれはやはり微妙に違うし、街で会う人に話しかけたらその人たちがスマホを持っちゃってるしね。
自動車が走りまくってるこの時代にあえて馬で旅をしようというのと同じだ、いざとなれば救急車が来てくれる現代社会でそれをやっても茶番なだけ。

つまりあの時代の旅は、やはりあの時代にしかできないものなのだよね。

若い時にあちこち旅に行ってて良かった。

おそらく今の時代も、このあと20年後30年後からしたらとても古い時代になるわけで、今、現代でしかできない楽しみをしっかりやっておけばいいんだろうなと思う。

スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

名著

深夜特急は歴史に残る名著ですね。
私がここ二年位で最も面白かった本が
「本多静六自伝体験85年」です。
江戸時代生まれで昭和中期まで生きた人なのでエピソードが凄い。
渋沢栄一 大隈重信 後藤新平 北里柴三郎といった人たちとの交流とやり取り。
後藤新平のドイツ時代の逸話が面白過ぎる。
投資や節約の面でも参考になるのでおすすめです。

こんにちは😃

「おそらく今の時代も、このあと20年後30年後からしたらとても古い時代にわるわけで、今、現代でしかできない楽しみをしっかりやっておけばいいんだろうなと思う。」

これはとても共感します。僕も大学生の頃は数ヶ月オーストラリアの語学学校に通ったり、アメリカの友達に混じって大学の授業に潜り込んだりしていました。今では絶対出来ないし、精神的にも戻れないかなと思います。

子供が来年には幼稚園の年長になるのですが、幼稚園には通わず、4月ぐらいから家族で世界旅行に行こうと思っています。子供と長期に海外旅行なんて今しかできないので、今を満喫しょうかと思っています(コロナがとても気になるのですが収束を切に願います)。どうせ中学校に通いだすと、ウザいとか言われそうで(笑)

No title

確かに、昔の映画やドラマを見てると、スマホがあれば成立しないストーリーだなと思わされる事が多くなってきましたね。

自分も30年程前にインド旅行した時、地球の歩き方と地図を片手に、現地の人に身振り手振りで聞きながら、ワザワザ苦労する為に金を使ってたのを思い出しました。
今と比べれば、冒険を楽しむような旅でしたね。
こんな事言ってると、まさに、ジジィの懐古話と笑われるんでしょうけどね。

Re: 名著

>付け焼き刃さん
本多静六といえば私の財産告白というのを読みました。
記事にしてました、こちら
https://manekinekonomigite.blog.fc2.com/blog-entry-2200.html

Re: タイトルなし

>ヒロヒロさん
そういう若い時の無茶行動って振り返ると楽しいし、今となってはできないなって事多いですよね。
しかも時代が変わってるからやろうと思ってもできないこともある。
うおー、家族で世界旅行ですか、それはすごそう、是非紀行文をよんでみたい、ブログとかツイッターとかやってませんか?
世界旅行とまではいきませんが、僕も娘が5歳くらいの時に一回海外に連れていきたいなと思っています。

Re: No title

>山中 一人さん
すれ違いだったり、たまたま車やなんかが視界を遮って会えないとか、今じゃありえないですよね。
今だと、メッセージでどこそこにいる、え?どこどこ、あ、いたーってなるからw

おー、30年前にインド一人旅ですか、やりますね。
その苦労話、冒険話で死ぬまで酒が飲めるでしょうから安いもんですよね。

こんにちは😃

ブログもTwitterも読んでるだけなんですよ。ブログは記録も兼ねて書こうかと思っていますが、何分無精なもので(笑)

Re: タイトルなし

>ヒロヒロさん
そっかー、残念。
とても面白い企画だと思うので、では良かったら、たまにここにでもコメントしてください、今ここにいます、みたいな感じで。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク