FC2ブログ

資産よりも時間が貴重だと思ったら辞め時

(2020-09-08)
41fc4e48.jpg

このような質問をいただきました。
つーか、長い!
とてもツイッターでは答えきれなかったのでブログで回答です。

長いので各部分を引用しながら

>60歳70歳になる頃には資産が数十億とか数百億に
ええー、それはすごい、素直にすごいと思います。
かなり収入が良いってことでしょうか。
それか運用効率がめちゃくちゃいいか、いずれにしてもすごいです。

>5,000万程度あれば運用益と若干の労働でいける
これはそう思いますね、実際僕がそんな感じです。
質問者さんが独身なら超余裕でしょう、もし家族がいるならもうちょっと欲しいところだし、その場合はもうちょっと働いてみては。
僕の場合はリアイア後に子供を作ったので資産的にはこれでギリギリ状態です。

>退職のタイミング
これは計ったわけではなく、もういいや、飽きた、体力的にキツイなどの理由で見切り発車したのでなんも偉そうなことは言えません。

>子供の成長について考え方の変化
ありましたよ、やはりもうちょっとお金が必要だなと。
教育費等を考えたらあと1千万は上積みしたいですね。
また子供を連れてあちこち遊びにいく娯楽要素を考えると奥さんがクルマを欲しがっているので買う気になってます。
これも完全にコスト増ですね。

やはり子供はそれなりにカネがかかるようです。
なので年間80万くらいは労働で稼ぎたいと思うようになっています。

まとめ
資産を増やすのはかなり得意なようなのでそのまま突っ走って貯めていけばいいと思いますが、
あんなに働かなければよかった、という定番の後悔があるので、ほどほどで辞めるのがいいと思います。
仕事がいきがい、というのであればまた別でその場合は働きまくって資産も増やしまくればいいでしょう。

働けば資産はいくらでも増えるし、あとから運用でさらに増やすこともできます。
でも時間は増えませんからね、こうしている間にも確実に寿命にむかって1分1秒と減っていき、戻ることはありません。
時間のほうが貴重だと感じたらその時が辞め時かもしれませんね。

退職のタイミングは細かく計算する人ほど逆にできないパターンが多いので、気分が盛り上がったときにエイとやめてしまうのがいいです、これはノリと勢いです。

以上です。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネタ質問だと思うけど「自分の意思が自分でよくわからない時期」は辞めない方がいいと思うなあ。

Re: No title

>クロスパールさん
まよってるくらいのうちは先延ばししてもいいか。
ただそれだとズルズルいってしまう典型だからなあ。
どっかでは思い切りたいところだね。
仕事が好きならいつまでも働いたらいいと思う。

こんにちは😃

資産5000万円で子供一人
→迷っているなら、辞めない方が良い。

資産1億円で子供一人
→迷っているなら、辞めた方が良い。

例えば、どちらも年間支出が200万円で、年齢45歳ぐらい。もちろん、仕事は好きではない前提です^_^上の公式あっていますでしょうか?迷いの内容にもよると思いますが。

Re: タイトルなし

>ヒロヒロさん
うーん、まあどっちでも正解というか結局思ったように行動するのが正解なんですよね。
カネはあればあるほどいいですが、本文でも書いたように時間はもっと重要なのでその重要性を認識した時が辞め時と思っています。

そうですね!二元論で答えが出せるほど単純じゃないですね^_^

Re: タイトルなし

>ヒロヒロさん
結局決断するのはその本人だし、その人にしか正解は分からないってことですかな。

子供二人セミリタイア希望44歳です。

子供の大学は現時点の考えではどうされますか?収入を抑え国公立で安く学び家族で近所に引っ越す考えのままでしょうか?

子供の選択肢を狭めたくないのと仕事なんていつまでもしてる訳にはいかない、のせめぎ合いをしています。

私の場合、年に250万もかかるようになると資産の取り崩しが確実に必要になります。2人だと500万なので尚更です。
地方国立同居ならば明日にでも辞めるのですが。

Re: タイトルなし

>YYYさん
お子さん二人ですか、それだとちょっと考えますよね。
ウチはまだ一人だからなあ、それとウチは奥さんが自営で少し稼いでるのですが、配偶者が共働きかどうかにもよりますね。
今の所国公立縛りは考えてないです、私立で年間授業料100万少々ならなんとかいけるかなと。
医学薬学その他特異な分野でものすごく授業料が高いプランは正直あきらめてくれと思います。
まさに大学まで一緒に引っ越して同居のプランです。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク