FC2ブログ

キャベツ用の3枚刃スライサーがすごかった

(2020-08-05)
キャベツ用の三枚刃スライサーを買ったよ。

これ
IMG_20200729_092610.jpg
この商品はamazon専用で2千円くらいだった。

商品名と型番はこちら
アーネスト 【日本製】 スライサー (千切り) 3倍速でできる (3倍速 トリプルウェーブ) 大手飲食店愛用ブランド A-77107

こういうの欲しかったんだよねえ。
毎日キャベツサラダを食べているからね
関連記事:キャベツサラダ

開けてみると
IMG_20200729_092719.jpg
うーん、刃のギラギラ感が美しい。。。しかも3枚、そして波型刃、これが快適なスライスを実現するようだ。

これまで使ってるものと並べてみた
IMG_20200729_094635.jpg
明らかに迫力が違う!
サイズも一回り大きいのでキャベツまることスライスにぴったり。

では実践
IMG_20200729_094802.jpg
いやー、すばらしいぞ、ざっくり、すらすら。
どんどん無くなっていく。
今まで使っていたのより倍ほど早い感覚。
尺があるので画像のように僕の使ってる大きなタッパーの縁にへこみをひっかけられるからよりラクになった。
早くてラクなんて最高。

あっというまにタッパーに一杯になった。
IMG_20200729_095816.jpg

調理器具でブログ記事にすることは滅多にないんだけど、これは買って良かったので記事にした。
キャベツのスライスをする人にはオススメ、超オススメ!

快適野菜生活で健康セミリタイアを目指します。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やはり文明の利器は素晴らしいですよね。
適度に文明の利器に頼った方が生活が楽になります。

私も先日買った文明の利器のお陰で泣きながらタマネギの微塵切りを作る必要が無くなりました。

Re: No title

>働きたくないさん
便利なものは使ったほうがいいですね。
いつものキャベツスライスより短時間で出来るので時間が浮くのがいいです。
僕は玉ねぎみじん切りは包丁でやっちゃうけど面倒くさいならそういうのもよいですね。

No title

若い頃はでっかい包丁でキャベツ丸ごと千切りにしてました。
今は指切りそうでできません。これはいいかも。
千切りキャベツはどう食べるんですか。
今年はキャベツも高いのでなかなか買えません。

Re: No title

>pinさん
いちおうアタッチメントがついてるので小さくなってきたらこれを使えば指を安全にスライスできます。
僕はこういう作業に慣れちゃったので使わないですけどね。

キャベツは玉ねぎや人参と一緒にサラダにして食べてます。
本記事内にリンクがありますのでよかったらそれをご参照ください。
キャベツ高いすねー、はやく落ち着いて欲しい。

No title

とんかつ屋の激細のキャベツ線切りが好き過ぎて、
この商品と同等のを買ったけど、求めてるほどじゃなかった。

あの激細は機械じゃないと無理なのかねえ。

Re: No title

>プライアさん
この商品、けっこう薄くできますよ。
求めてるレベルかは分からないけど。

No title

前回のスライサーは使い込んでますねえ、使い込んだ器具は愛着もあり手放しにくいんですが溜まると困るしねえ。運動して野菜取れば長寿間違い無しです。

Re: No title

>たんちんさん
かなり色あせていますから年季はいってるのが伝わりますね。
これはこれで小さいものを軽くスライスするのに引き続き利用してます。
この3枚刃はキャベツ専用で使います。
娘をしっかり育てるために健康寿命を延ばします。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク