FC2ブログ

児童手当も増額

(2020-06-15)
先日役所から封書が来て、なんだろなと思ったら、

児童手当が今月の支給分については1万円増額されますと。

いつもの支給額に加えて+1万円。

どうやらこれもコロナ関連の緊急対策の一環らしい。
厚生労働省/支援策のご案内 | 新型コロナウイルス感染症支援策
こどもひとりにつき1万円ということだね。

1万円とはいうものの増額されるだけありがたい。
それに何の手続きも必要なく、既に受給している口座に自動的に振り込まれると。

どうやら一回こっきりのようだけど、これまたぱーっと地元地域経済貢献と思って何かに使ってしまいたい。

それにしても上のリンクがすごい。
これだけずらずらと支援策が並んでいて、ほんと頑張ってるなと。
政府は無策だとか何もしてくれないとかいう怨嗟の念は単に何も知らないだけか、知ってても単に無理やりでも叩きたいだけのおかしな左翼メディアくらいでしょう。

結構頑張ってくれていると思う。

奥さんは自営業者なので持続化給付金のほうも対象になりそうで、既に申請してた。

様々な救済策、ほんとありがたいことです。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大盤振る舞いしてると思います。これにけちをつけるとは。

Re: No title

>たんちんさん
元は税金なのでなんでもかんでも出せばいいってもんじゃないですしね。
あとは利用者の気持ちだけでしょう。

友人にもいるが休業している人には社会保険料が毎月かなりとられているから事業者と子供が高校生や大学生の制度の隙間の人はつらい。個人給付金も8月に来ますしね。筆者のように今給付金がくるならよいですが遅い場所は遅い。

No title

政府はいろんな形で支援をしていると私も思います。課題があるとすれば、用語が難しくて理解できないことでしょうか。制度そのものや申請書の記入方法を理解するには、利用者側にある程度の能力がいるように思います。

Re: タイトルなし

>なつさん
マスクも給付金ももらえる時期にかなりバラつきがあったようですね。

Re: No title

>どなどなさん
用語が難しいですか、しかし子供言葉で書くわけにもいかないから難しいですねえ。
なんていうか本当の格差はそういうところにありそうですね。

No title

地方なのにコロナ感染者が多く不安になり、地元新聞を購読し始めました。
各自治体独自の支援、地元企業やボランティアの皆様の寄付等が様々ある事を知りました。
まず、マスクがない時、県又は市町村独自の手配がありました。無料で配る所もありました。医療者優先ですからそんなに早くはなかったけど。
住民に現金か買い物券を支給する自治体も。(隣がやるとつられて行うみたいで) ほぼ全部で子育て支援金は出ていました。
全部合わせると結構な金額になるな〜と、他人事ながら計算してみました。

定額給付金は人口が少ないため、まあまあ早く頂けました。それ以上に、地元新聞にいつ受付たらいつが振込日か、処理スケジュールが載っていたのでイライラせず嬉しい気持ちで待てました。
地方には地方の利点が!

ですが、ほとんど?の地元公務員の方、予算捻出のためか給料カットされます。長い所は3月(来年!)までとか…。可哀想だ、有り難い、当然とか住民の受け止めはそれぞれ。…気の毒としか思えないけど。
という事で、地元の情報は役に立つし、様々な方々が住民のために働いて下さっている事がわかります。感謝です。
国レベルでもそう思います。


Re: No title

>地方民さん
国や地方の行政がいろいろやってくれて感謝ですよね。
給料カットは普通に可哀想。
今回の給付金は地元を中心にいろいろと消費して還元したいなと思ってます。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク