FC2ブログ

学生時代のバイト先の先輩が逝く。好きなように生きた人生だ、あっぱれ。

(2019-08-25)
関連記事:私と正反対の先輩

このブログ開始当初は何度かネタにさせていただいた僕の学生バイト時代の先輩。

先日、知人から亡くなったと連絡があった。

とうとうこの時が来たか。

酒浸りで滅茶苦茶な人生だったから長くはないだろうと思っていたがまだ50手前くらいだったかと思う。
早いね。

しかし人生は50年も80年も大差ないという気もする。
真面目に耐えてサラリーマンをやって、年金で食いつないで80までなんとか生きてきました、愚痴を垂れながら・・・
という人生よりは、
毎日飲んだくれて好きなことやって、それで50で逝きました、
という人生のほうが楽しいんじゃないだろうか。

人類の歴史、地球の歴史、宇宙の歴史、なんて大きくとらえていくと人間一人の一生なんてまさに刹那、50年でも80年でも大差はない、どちらも一瞬のことだ。

であれば楽しんで生きたもの勝ちだろう。

この先輩は好きなだけ酒を飲んだ、ゲームその他趣味にも没頭した。
老後の2千万どうする?なんて馬鹿みたいな悩みは持っていなかった。
毎日楽しかっただろうな。

だから一報を聞いた時は僕の中には悲しい気持ちっていうのはほとんどなく、そうか・・・という言葉が出ただけだったよ。
たぶん自分の人生に満足しただろうからね。

僕も悔いのないようにやりたい事とか思いついた事をどんどんやっていこうと思う。

先輩、ブログネタにしてすいませんでした。
そしてありがとうございます。
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
その先輩の死因はがん等の病気ですか?それとも不運な事故等でしょうか。

Re: No title

>あかひろさん
はじめまして。
僕も知り合いからツテで聞いたわけで細かくは知らされておりませんので詳細は分かりません。

死因を聞いといて下さい。
身体を壊して死んでなきゃあっぱれとは言えません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

酒浸りとのことだと、アル中からの肝硬変とかかなぁ・・・
どんな病気にしても、50前は早いですね。
飲みすぎ、少なくともアル中となるほど飲むようなことはしない方がいいですね。

No title

はじめまして。
いつも読ませて頂いています。
今日のこの記事を読んで、何か大切な事を思い出させてもらった気持ちになりました。
自分の人生に満足して旅立つことは、中々難しい事だと思います。
私も同年代ですが、とても満足した人生だったとは言い難いです…
招き猫の右手さんの先輩は、ご自身の人生を生き切ったようですね。
ご冥福をお祈り致します。

まぁ、確かに

50歳まで、好き放題に生きて死んだほうが、人生の時間の使い方としては有効かもしれません。
今の時代は、60歳まで働いても老後の安泰はありません。
65歳まで、更なる労働が待っているだけです。
平均寿命の82歳まで生きるとして、衰えた体で残りの17年間を過ごすことに何の意味があるんだ?
と考えてしまいます。
それよりは、50歳で死んだとしても、50年間を全て自分のために使ったほうが素晴らしい人生なんじゃないかと思います。

Re: タイトルなし

>ボンズさん
死因はいずれ。
そうかなあ?交通事故でもなんでも今日明日に死ぬ可能性は誰にでもあるわけでその時点まで好きなように生きたから後悔はないでしょ。

Re: No title

>煙々さん
まだはっきりしてませんがそんなところでしょうね。
毎日の飲酒はやばいと思います。彼の場合はまた大量でしたから。

Re: No title

>腕時計さん
はじめまして。
誰しも今日明日死んでも良かった満足したと思えるように毎日を楽しくしたいですね。
たぶん彼は満足したと思います。

Re: まぁ、確かに

>見知らぬ男さん
70以上まで働いて苦しむくらいならこのほうが良かったかもしれません。
彼は自分のためにほぼ全ての時間を使った50年間だったような気がします。

No title

自分にとって本当に幸せといえる時間がどれだけあったかを考える事があります。
嫌な仕事に翻弄させられたり、しがらみに縛られていると、大切な人生の時間がどんどん他人に奪われてしまう。
何かの型にはめられて、幸せなふりをしたり、幸せだと思いこまされたりするより、好きな事をして楽しんだ方が幸せな人生なのだと私も思います。
誰の為の人生かと考えさせられる内容でした。

No title

なかなか興味深い記事ですね。リンク記事も読みました。

個人的にはこの方の人生が「やりたいことを本当にやったのか?」は知る由もありませんが、いろいろと対話してきた招き猫の右手さんはそう思うのならそうなのかもしれません。

もっとも人間の心の奥底は誰もわかりませんから、もしかしたら心の闇をお酒で紛らせていたのかもしれませんね。アル中のほとんどの人がそうであるように。

でも「人生に良い悪いはたぶんない」と今の私は思っているので、この方の人生はこれでよかったのだと思います。

哲学的になってしまいますが、「今の自分はなりたかった自分にしかならない」と言うのが私の現在の考えです。(過去の自らの選択の末に今の自分が存在すると言う意味で)

いずれは皆死ぬ運命ですから、自分の思うような生き方をしてゆくことこそが本当の生きるということなんじゃないかなと私は思っています。(哲学的にはすべての人がそのように生きているのですけどね。w)

なんだかまとまりのない文章ですが、親しい知り合いがいなくなるのは寂しいことですね。

Re: No title

>タロウさん
たしかに似てますね・・・
ただまあはっきりとは分からんですが。
コメントありがとうございました。

Re: No title

>リャマさん
余計な事はできるだけ排除して自分が楽しいと思えることだけで埋めたいですね。
僕もこの人には考えさせられました。

Re: No title

>フーテンどんぐりさん
ふむふむなるほど、哲学的ですねー。
なるようにしかならないなら後悔する必要もないですね。
僕は今思うように生きてますが、もっともっと思うように生きたいです。

好きなことして生きていたら50で逝っても自分なら悔いはないかなあ。
私は30から50近くまでセミリタイア資金を作るためほとんど人生棒にふったので、70までは人生楽しみたいかな。
それ以後生きれたら余生です。

Re: タイトルなし

>lunaさん
我々はそんな感じで人生の前半を棒に振ってるかもしれませんね。
これから取り戻さないとね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク