FC2ブログ

伊豆大島旅行(1日目)出発

(2019-03-24)
関連記事:伊豆大島行ってきます

こちらの記事で宣言した通り、先日、伊豆大島に行ってきたよ。
僕、奥さん、娘、の3人旅。

旅の概要は以下の通り
□□人数□□
男性:1名 女性:1名 幼児:1名

□□ご利用交通機関□□
行き
ジェット船1210便(大島行) 竹芝桟橋(08:35)発 → 大島(10:40)着
帰り
大型客船 2等イス席(大島発) 大島(14:30)発 → 竹芝桟橋(19:45)着

□□ご利用施設□□
ホテル白岩
【朝食付】和室又は洋室又は和洋室、バスなし・トイレ付
2名1室×1室 大人:2名 小人:0名

基本代金(大人) 16,500 x 2 = 33,000

国内一泊旅行なので大した準備はいらない。
前日に着替え1日ぶんや娘のおむつやらを用意したくらいで、近所に出かける感覚でふらっと行けたのは良かった。

では、写真とともに振り返ろう。
朝8:35発の船なのでかなり早起き。
そして平日だったので、普通に通勤ラッシュにもあうこととなり、ベビーカー持っての移動は結構大変だった・・・
通勤ラッシュのピークは9:00前くらいなので、8:00前には浜松町についてたし、これでもマシなほうだったけどね。

まず、竹芝桟橋に接岸するジェット船
IMG_20190315_082545.jpg
ピンクってまた派手だね。

中に乗り込むと席は一番前
なので自分たちの目の前には席がなく、逆に棚状態になってたのでそこに荷物を置けた、ラッキー。
IMG_20190315_083753.jpg
一定の重量やサイズのものは追加料金を取られるはずだが、ベビーカーは重量制限の範囲外らしく、何の問題もなく無料で持ち込めた。
ここら辺は子連れには重要ポイントでしょう。

さあ、出発進行、ということで船が岸を離れる。
この飛行機とはまた違った旅情感がいいねー
IMG_20190315_083821.jpg

なお、ジェット船はほとんど揺れない。
ジェットの力で海面から浮いたような状態で安定して進み、細かい揺れも前後で相殺するようにコンピュータ制御されているんだとか。

よほど敏感な人じゃない限り、船酔いはまずしないと思う。
ウチの娘(1歳半)でも全然平気だったし。
スピードも速いから、伊豆大島にはほんの2時間程度で着いちゃうしね、これじゃ船酔いのしようがない。

娘がグズりそうなにるとパンを与えたりしてやり過ごす。
前日にホームベーカリーでココアパンを焼いておいたのだ。
でも基本的には機嫌よかったな。
運行中はシートベルトを締めろ、ということなので、船内を歩き回ったりもあまり出来ないみたい。
また歩き回るほど何があるわけでもなく、純粋に早い移動手段として利用するもののようだ。

船内は東海汽船のWIFIが使えて便利。
問題なくつながったし、暇を持て余す人は動画とか観てもいいんじゃないかな。

とにかく座ってゆっくりしてればすぐに伊豆大島についた。

じゃ、続きは次回。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ベビーカーが重量制限の範囲外ってのはイイですね。

Re: No title

>八百祢さん
そうですね、これは助かりました。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク