FC2ブログ

コーヒー用の金属フィルタのモトを取るのに5年半かかった

(2019-02-06)
filter.jpg

自分のはちょっと汚れていたのでネットから画像を拝借

エルフォ社というメーカーのゴールドフィルターを使ってる。

珈琲は毎日飲むから紙フィルタの減りが早くて、気が付いたらラスト1枚、そして切れてるので慌てて買いに行くか、飲むのを我慢した日もあった。

それなら金属フィルタはどうだろうと思い切って買ったのが2013年の8月。
家計簿にしっかり載ってたよ、4000円、税込みで4,200円(当時は消費税5%)
紙と違って洗って何度でも使いなおしできるからね、フィルタを切らした、と言う事が無くなる。

あれからもう5年半ほど経つんだなと思って、これまで何回使ったかをざっと計算。
毎日1杯は飲んでるからだいたいその計算だと2,000回くらい使ったことになる。
朝と夜とか土日など複数回使う日も結構あったわけでたぶん2,500回くらい使ってるでしょう。

2,500で計算したら1回当たり約1.7円。

紙フィルタはだいたい100枚が200円くらいなので1枚2円とするともう十分モトを取ってるね。

洗う水道代を考慮したらまだトントンくらいかな?
なにより買いに行く手間が無くなったのが大きいよ。

今後は使えば使うほどコストが浮いていくことになるね、壊れないように大事に使い続けたい。

ただしコストだけではなく、紙フィルタと金属フィルタは仕様が違うことも付け加えておきたい。
紙はコーヒーの油分までしっかりと止めるので、出来上がりはさっぱりしたもの。
金属フィルタは油分をある程度透過させるのでちょっと脂っこいコーヒーになる。

これは好みの問題のようなので、どちらが好きか、による。

僕は金属フィルタで淹れたものも特に問題なかったのでずっと愛用してる。

できるだけモノは減らしていきたいけど、このコーヒーフィルタは捨てられないなあ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コーヒーの味はフィルターで決まりますね。
昔、フィルター代節約の為、安物の百均で売っている様な
物を使って、豆の方をあれこれ高いやつを買ってみたり
試行錯誤しても、納得の味にはなりませんでしたが
ドリッパーの純正フィルターを使い出したら納得の味でした。
それからは、豆は挽いてある安めの物でも充分美味しいです。
因みにHRIOのドリッパーと、THERMOSの500mlの保温型
水筒の口のサイズはピッタリなので毎朝3〜4杯分を入れて
冷めにくいので、少しづつ二人で飲んで居ます。
持ち運べるので便利です。

Re: No title

>フリーマンさん
ほー、そんな違いますか。
飲み比べたことがなく知りませんでした。
フィルタのサイズが入れ物と丁度あうと受けがなくてよくて洗い物が減りますね。

No title

コーヒーだけは美味しいのを飲みたいと思うものです。
が、今まではフィルタは重視してませんでした。
この記事で金属フィルターを知り、さっそく買うことにしました。
エルフォ社というのが見つからないのでデロンギとか検討中です。
ありがとうございました。

Re: No title

>pinさん
コーヒー好きな人ってとことん好きですよね。
僕はそこそこですが。
本文でも書きましたが脂も落ちるので、ちょっとこってりした感じになりますよ。

紙のを使っています。

持ち物を増やしたくないのと、紙のフィルターを折ってセットするのが好きなので、一生、紙フィルターを使い続けます。

Re: 紙のを使っています。

>DaiPonさん
紙を折る瞬間ってたしかにちょっと楽しいですね。
本文にも書きましたが、味わい的にも紙の良さがあります。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が婚活で人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク