FC2ブログ

ETF(1557)の外国税額控除について

(2019-01-23)
どうも僕は税金にうとくて、確定申告もわからないことだらけ。

今回も1年ぶりに思い出しながら必死こいてやりました。

そんな中、まったく分かってないというか、勘違いしてたことがあって、

ETF1557の外国税額控除。

まず、注意点として、証券会社にもよるが、松井の場合配当金受け取り明細にも入ってこないので、三菱UFJ信託から送られてくる分配金計算書を保存しておかないとダメ。

これね
IMG_20190120_201644.jpg

去年4回もらったぶんは、このようにきっちり保存しておいたよー。
だんだん保有数が上がって行ってるのがわかるね、インデックス積立の効果だよ。
直近最新では既に103株になってる、どんどん殖やしていきたいね。

欄は二列になってるが、申告には申告所得額として太枠になってる上列の数字を使うみたいだ。

じゃあ、やるぞと。

国税庁の確定申告書作成コーナーにいって入力しようと思ったが、どこに入れていいか分からない。。。
あ、右側にあったよ、所得控除じゃなくて税額控除だから、計算では最後のほうになるわけだね。

実際申告した人のブログなんかも読みながら参考にして
gaikokuzeigaku01.png
こんな感じで入力したよ。

配当は年4回もらってるわけだけど、4回別に入力するわけじゃなくて、エクセル等で4回分の合計をまとめて入れればいいみたい。

さあ、これで完了だ!と思って、入力終了して画面を見ると。。。
gaikokuzeigaku02.png
ん?なんだ、何も数字が出てこないぞ、、、

とよく考えたら僕は給与は給与所得控除でゼロになり、その他の所得も基礎控除で全部消えてゼロ。
つまり納税額がゼロなのだw

だから引くべき税金が1円もない。
だからここは反映されなかったんだな、たぶん。

外国「税額控除」だからね。
税額控除。

最終的に計算された税金から直接引いてあげますよ、というものなのだ。

じゃあ、自分にはしばらく全く関係ないなこりゃ。。。

それでも今回、練習的に入力してみて良かったかなと思う。

もし、将来保有資産が伸びて、さらに配当もどんどん増えていって、通常の所得控除でも引ききれなくなって、最終的に納税するレベルになったら、やはりこの技が生きるではないか。
って、それは妄想レベルだが、まあありえなくもないでしょ。

さらに1557は外国株扱いなので、このように外国税額控除が使えるが、逆に国内課税分はどうやっても取り戻せないぽい。
あらー、つまり20.315%の課税はもう取られ損なのね。
この点はNISAで買っても同じなので気を付けよう。

じゃあ、税制的に損じゃないか!となるわけだけど、S&P500の成長性を信じてるし税制云々の細かいことに捕らわれて将来的な成長を取り損ねるのはバカみたいな話なので、今後も1557は買い続ける。

将来外国税額控除を有効に使える身分になったら、この記事を備忘録に使おう。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国内課税分はふつうに配当収入として申告して取り戻せませんか?他の収入で控除枠を使い切っていたら当然アウトですが・・・

No title

記事を拝読しました。

>1557は外国株扱いなので、このように外国税額控除が使えるが、逆に国内課税分はどうやっても取り戻せないぽい。
あらー、つまり20.315%の課税はもう取られ損なのね。

この点ですが、私は、マネックス証券の特定口座で保有しているVTについて、配当所得(総合課税)で確定申告することで、源泉税の全額還付を受けています(住民税は申告不要申告をすること)。

1557も同様の方法で源泉税の全額還付を受けられると思うのですが、この点についてご検討されたのであればダメな理由について教えていただきたいです。

Re: No title

>通りすがりのぐうたらさん
どうなんですかねえ、やり方がよくわからんのですよ・・・

Re: No title

>たわら男爵さん
あらー、ではやはりできるのでしょうかね。
イマイチやり方が分からず外国税額控除だけが対象なのかと思ってました。
不確実なことも言えないのでもうちょっと勉強してみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おそらく入力漏れです

>50 代セミリタイヤ者 さん
アドバイスありがとうございます。
またあとで見直してみます。

No title

>国内課税分はどうやっても取り戻せないぽい。
>あらー、つまり20.315%の課税はもう取られ損なのね。
>この点はNISAで買っても同じなので気を付けよう。

SBI証券で1557のNISA購入を検討していたので、分配金について情報収集していました。
そしたらSBI証券は外国株式扱いなので証券口座の受取不可ですが、カブドットコム証券は国内株式扱いの為に証券口座の受取は可となり非課税で受取出来る情報がありました。
どうも証券会社によって分配金の受け取り方法が異なるみたいですね。
理由はわかりませんが、カブドットコムで可能なら合わせてほしいです。

Re: No title

>リャマさん
1557はカブドットコムで買ってる人が多いですよね、フリーETFの扱いで購入手数料無料だし、おっしゃるとおり分配金を口座に入れてくれます。
僕もいずれは移管するかもしれません。
ただどっちにしろNISAでは買わないほうが良かったような。
カブコムだと国内課税分が非課税になるんですかね?そのあたりがよくわからない。

No title

カブコムでNISAだと国内課税分が非課税になるみたいです。
一応複数サイトで確認しましたが、信憑性が高いのはチョコさんの「【NISA】S&P500 ETF(1557)の分配金はカブドットコムで買えば非課税です。」でしょうか。
カブコムに問い合わせた回答を記事にしているので信用出来ると思います。

とはいえNISA枠はIPO用に残したいのでSBIのままです。
またロールオーバーが出来ない状態での1557はリスクが高いので、買うのは暴落時でしょうね。
NISAはほんと扱いが難しい。
招き猫さんの様にルール化して上場来高値からの下落率に合わせて、特定口座で買い足して長期保有していくのが正解だと思います。

Re: No title

>リャマさん
ほー、そんな話がありますか。
僕もNISAは別な事に使いたいので、1557をNISAで買おうとは思わないです。
5年時限制度なので長期保有目的の商品にはそもそもそぐわないです。
とはいえ配当の口座振り込みは魅力的なので将来はカブコムの口座を作って移管するかもしれません。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク