FC2ブログ

結婚式、それは最低の茶番

(2014-07-24)
最近なんか、あれが嫌い、これがイヤ、とか否定的な内容が多くてすいませんw
でもなんかそんな気分なんでしょう、無理に逆らうこともなく書いてみることにします。

というわけでこれから結婚式をボロクソに言います、言葉も悪いかも、耐性の無い方はご遠慮くださいw

はい、というわけで結婚式や披露宴が大嫌い。
冠婚葬祭などの形式ごとが全般的に嫌いですが、中でも結婚式、披露宴が一番嫌いだ。

自分が決まりきったことを決まりきったようにやらされるのも、人がやらされているのも見てて面白いとも何とも思わない。

教会でやるなんて当人がキリスト教徒でもないのにただのコスプレ遊びにしか見えない。
神父の言葉を聞いて意味なんて分かってないし。
披露宴の食事も作り置きのぱっさぱさ、あれで一人数万円取るんだから、、、いやお祝いだからいいじゃん、というならあんなのいらないからお祝儀をまるまる相手の懐に入れたい、なので祝儀をケチって言ってるわけでは無い。
内祝いのお返しもいらない、カタログギフトがアホみたいな内容で、ほんとにこれもいらないから祝儀は全部懐に入れてくれていいよ。
あと同窓たちのどーでもいいつまらない出し物、あれを見させられるのも苦痛、内輪ノリで何にも面白くない。

そして、、、極め付けが、花嫁から父親への手紙。。。
あれって僕が20代から30代前半のころは定番のイベントだったようで、どの披露宴にいってもやっていた、今でもやっているのかな?最近は結婚する友人も減ったので知らないが。。。
しかしあの手紙は本当に茶番だ、茶番中の茶番、King of 茶番である。
僕にはあれで感動できる神経が分からない。
だってですよ、、内容が本当に大したことない。

例えば
「お父さん、私が小さい頃、熱を出したらおぶって病院に連れていって・・・」
いやいや、子供が病気したら病院連れていくなんて当たり前だろ、放置したら虐待だって。そんなの誰でもやってるし、大体そんな小さいころの記憶なんて本当にあるのか?どの披露宴でもおぶって病院の下りが出てくるのでおそらく主催者が提供するテンプレートにそうなっているのだろう。

また、
「お父さん、私はこれで△△家の人間ではなくなり、今日から〇〇家へ旅立ちます・・・」
いや、あのね、これが江戸時代以前なら分かりますよ、結婚するということは二度と元の家の敷居はまたがないということかもしれない、まさに今生の別れ。しかしこの新幹線など交通網の発達した時代、いつでも帰れるっつうの。それどころか、司会のアナウンサーがこんなことを言ったりする。「〇〇さんは既に〇〇市に新居を構えられており・・・」
え、え、それって花嫁の実家の近くじゃん、何が〇〇家へ旅立つだよ!w、「これからもお父さんお母さんにべったり依存するんでよろしく!」の間違いじゃねーの??毎週末実家に帰るつもりだろ、こいつww。本人も披露宴後にはさっそく携帯で家族とメールのやりとり、あの今生の別れ感の演出はなんなんだよ、いったい。

つまり全くリアリティない嘘八百でオリジナリティのないテンプレートに固有名詞を穴埋めしただけのようなつまらない文章を棒読み。。。
で、本人が嗚咽しながら泣いてるっていう・・・・もう呆れというか、むしろこっちは笑えてくる。
回りもさぞかし苦笑してるんだろうな、と思って見渡したら、なんと意外に目頭おさえてるおっさんとかいたりするwww
えええええ、このつまらない手紙棒読みイベントで泣けるってどんだけ安上がりな感動レベルなんだよ、しかし。

二次会のカフェとかも本当にレベルが低いね、酔っ払った連中のただのグダグダ飲みに付き合わされる気分。

とまあ、そんなわけで結婚式関連イベントは本当に時間の無駄をすごしたなあ、といつもがっかりして帰るのだった。

なんで突然結婚式の話題かというと、実はあさって、奥さんの妹、つまり義理の妹の結婚式があるのですよ。
遠方なので、土曜当日に行くのは無理があるから、明日はわざわざ有休を取った。
ああ、気が重い。
でも救いは結婚式のみで披露宴は無く、親族だけの食事会があるということだ。

あー、ほんとやだな、しかし。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

面白い!!下手な漫才やコントより笑える。

No title

>JANさん
読んでいただいてありがとう。
これはいつか書こうと思っていたことで、今回まさに結婚式に出席せざるをえない状況で書きなぐった。
回りにも結婚式嫌いは公言してる。

No title

冠婚葬祭は本当につまらないと思います。
でもひととおりこなす事自体に意義があるのでしょうから、そこは甘んじて乗らざるを得ないですね。親戚ならまだいいじゃないですか。会社の人間の式に呼ばれるのが最悪ですw

No title

結婚式は雰囲気で『行ってよかった感』を演出していて、みんな無理やり自分を納得させているところがあると思います…。

昔の友だちに呼ばれてはみたものの、久しぶりに会って話せるかと思いながら、
実際はそんなに話せるわけでもなく、自分よりも優先順位の高い友人たちと盛り上がっていてて、
自分はさめた目で見ているなんていうことが多々ありました。
まあ、これは自分の人間関係が失敗してしまっているだけなんですけど。(苦笑)

僕は一年に1回は必ずと言っていいほどあるのですが、
行く度にしんどいしお金が出るし、なんでこんな苦行をやっているんだと思うので、
今年からは一人で気にせずやっていけるのでもうでないと決めました。

ほんと結婚式ってめんどくさいですよね…。

No title

とても面白く読ませてもらいました。

最近はカタログギフトが多いようですね。
僕が出席していた頃は、こんなの絶対に使わないな...って
いうものばかりでしたね。

確かにこれならいらない...って思ったものです。

No title

>ゼロさん
ほんとカタログギフトはつまんないですよねえ。

No title

>prireさん
これも様式美ですかね。たしかに会社の人間とかはイヤですね。

No title

>カズさん
まさに苦行ですね。
出ないと決めてそれで出ずにすむならそれが一番ですよ。
僕も結婚式嫌いを公言しているので、行かずにすむようになってます。
嫌いなものは嫌いと言えば、嫌なものが自分の人生から無くなって行きますから、意思表示、自己主張も大事だと思います。

No title

自分負担で神社で挙げて、親族だけの割り勘で高級料理店で食事。二次会は会費制で持ち出し無しなら新婚旅行もタダになると思います。

No title

>たんちんさん
やる方としてはやりようによっては黒字になるみたいですね。
そういえば、私の場合は神社でやりました、親族だけの食事会だったから、黒字だったかもしれません。

No title

まさに、私もそう思っています!

地域社会や企業社会・血縁社会と言った繋がりの中で生きていかなければならない方々には、しなければならない儀式なのでしょうから、私個人としては全否定はできないのですが。

私自身は結婚式も披露宴もしていません。
子供たちが結婚式すると言われたら、出席するのは苦痛かもしれません(気が変わるかもしれなけど)。
ただ、結婚式の写真だけは、子供たちが後で見たがるかもしれないと、
結婚してから10年ぐらい経って、近所の貸衣装屋さんで撮ったなぁ。

久しぶりに思い出しました。

No title

やっぱり世間体なんじゃないのかな? 冠婚葬祭はとにかくつまらんです。 別に重んじてもいいけど他人に強要するもんじゃないと思います。私も特に意義を感じられないのでとことん反発します。^^

No title

>いろいろでセカンドライフさん
両方せずに済んだのは素晴らしいですね。
子供が見たがる可能性は考えませんでした、そのために写真だけはアリかもしれませんね、

No title

>クロスパールさん
そうですね、とことん反発しましょう。そういう意見の人がいてもいいはずです。
やりたい人はやればいいんでしょうけどね。

No title

披露宴出席のサクラのバイトなんてのもあるんですよねぇw
人数合わないとか様々な理由があるのでなんとも言えませんが
土日にできる割のいい副業とも言われてますねw

儀式

まったくそのとおりです
誰もがおかしいと思いながら廃れないのが冠婚葬祭

心から祝ってくれる方を無償で招待して
手料理を用意して家飲みしながら寛ぐのが一番だと思っています

No title

>retire2kさn
え、そんなバイトあるんですか、それなら行ってもいいかもw
仕事と割り切ればあんなラクなものはないかも。

No title

>消費しないピノキオさん
ほんとそうすべきですよね、家に入るくらいの人を招待して、それだけで楽しく騒げばいいですよね。出席者も大してカネはかからないし、主催者側も余計なお返しとか考える必要ありませんし。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク