FC2ブログ

娘にいつ資産状況の話をするか

(2018-09-08)
c63f3cea.jpg

このような質問をいただきました。

まず経済情勢は刻一刻と変化し、先の予測は誰にもできません。
そもそも僕が娘に遺産を残せるかどうかも分からないわけです。

ですので、ここでは人類に核戦争などの壊滅的な悲劇が起きず、世界経済は上下動はあるものの順調に推移し、僕の資産は適切な運用がある程度実行され、また僕自身がある程度の年齢、例えば70歳とか80歳とかそれ以降まで生きた場合を想定します。

となると相続が発生するのは今から30年後とか40年後の話ですね。

この間、ウチの娘が、「ウチの親父まだ生きてやがる、早くいかねーかな、くそ」とか思いながら過ごしていたら最悪ですよねw

娘にはやはりまともなきちんとした自立した人間としてしっかり育って欲しいという希望があります。
そのためには親の遺産をアテにして自分は働かないとかそんなダメ人間にしてはいけません。
お前だって働いてないダメ人間だろうが、とかいう突っ込みは無しでお願いします。
僕はサラリーマンを苦節20年やって節約と投資でこの状況を作り出したわけです。
親からの巨額の遺産だの宝くじだのに当たったわけじゃないですからね、ほぼほぼ僕の努力ですから。

さて、親の遺産をあてにして自分は金遣い荒く貯金ゼロとか、最悪はロクに働いたこともないクソニート。
世間にはそういうダメ人間がたまにいますが、あれは親も悪いのです。
子供を甘やかしてきたんですよね。
こういうのは中途半端な金持ちに多い印象です、見栄があって派手な生活をしています。
そこそこの家を建て、家具もそろえ、高級なクルマも保有し、頻繁に外食もして、子供にもモノを買い与える。
僕からすれば最悪の生き方をしています。
彼らからすればそれが世間へのアピール、俺たちはいい暮らしをしているぞ、上の層だぞ、どうだ!と。

こういう環境で育った子供は当然わがままで要求も高くなります。
ウチの両親はそこそこ裕福なんだし、もっとねだろう、もっとタカろう、となります。

でも給料がちょっと良くても所詮はサラリーマン程度、遺産なんて実はたかがしれています。
それを兄弟みな依存体質みたいな息子たち娘たちからアテにさて、最悪は兄弟間で争う。
まあウチは一人娘ですから、兄弟は居ませんが。

いずにしても悲惨なストーリーです、根本は派手な生活をして子供を甘やかした親にあります。

しかしここまで読んでこういった心配が僕にはほとんどないことが分かるでしょう。
僕はセミリタイアラーです。
カネはあまり無いのに早期リタイアなんかしちゃって、その後に子供まで作っちゃった。
早期リタイアを目指したその延長線上で今も節約生活を続けています、たぶんこの後も一生といっていいくらい続けるんじゃないでしょうか。
部屋は親子三人がぎり暮らせるぐらいの賃貸、もちろん居住エリアは高級とは言い難い平民クラスのとこでしょう。
家具も必要最低限、服も僕はよれよれのTシャツなんかを平気で着ていて滅多に買いません。
外食はほぼしませんし、スーパーに買い物にいけば、今日の特売はこれ、お、見切り品で安いのがあったぞ、ラッキーと小躍りして手に取ります。
娘よ、やったぞ、今日はさんまが90円台で買えた!、お祝いムードだ!
とまあこんな家庭で育つわけです、これで遺産があると思うわけがありませんw

学校だって出来れば公立に行ってもらうつもりですし、塾や習い事も最低限だけ。
ウチの親は貧乏なんだー、と思うかもしれませんが、それくらいでいいのです。

冒頭にあげたような条件で世界情勢に大きな問題はなく、僕の資産運用がなされていけば70-80歳になるころにはそれなりの規模になっている可能性があります。
生活費は僕の派遣労働その他奥さんからの仕送り等でまかなうと現状運用してる資産がそのまま増えていくかもしれません。
もし年間運用利回りを3%で計算しちゃったらえらいことになります、70歳で1億超えてますし、その後もどんどん増えます。
まあ途中で大きな出費があるかもしれませんし、机上の計算通りにいくわけはないですが、可能性はあります。

いつか娘に伝えようかと思いつつ、上記の理由もあって、娘が十分な理解力を得られるまで資産の話はしないのがいいと思っています。
これは奥さんとも話しています。
何かあっても「ウチは貧乏だから」と言っておけばいいと。

奥さんか僕かどちらかが逝き、さらに残ったほうが余命宣告を受けるとか、そろそろだなと察した時。
その時に伝えればいいと思っています。
娘はもう成人して自分の人生を歩んでいるでしょう。
親には遺産なんか1円もない、とか思ってるかもしれませんし、なんにもアテにせず自由に適当にやっていると理想的です。

その時にまとまった額が入って来れば驚くかもしれませんが、身を亡ぼすこともないはずです。
なんなら具体的な額は最後まで言わず、本人が手にしたときに知ればいいとも思っています。

ということで、冒頭の質問の答えは、
出来るだけ後に、自分たちの最後の瞬間か、終わったあとに遺書で知らせるぐらいでもいい
です。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は嫁以外は内緒、嫁が死んだら娘に話すと思います。

No title

子供に資産額の話は不要じゃないです?
投資教育や投資自体については教えることはあったとしても。

親の金は親の金であって、親のお金は自分のお金!と子が思ってしまうリスクは、金額が大きいと出てくる可能性が0じゃないと思うだけに。

Re: No title

>たんちんさん
はい、それがいいと思います。
誰か一人くらいは把握してないとまずいので奥さんだけというのがいいですね。

Re: No title

>煙々さん
はい、基本は不要ですね。
なので出来るだけ遅く、死んだ後くらいでもいいと思うのです。

No title

ワタシも逝く間際か、逝った後がいいです。

残す資産は、プラスマイナスゼロが理想です。
婆さん、少し残してくれればいいのに。
全部使って逝ったね。って言われたい。

Re: No title

>祝詞婆さん
使い切っちゃうのも一つの理想ですよね。
ただ、いつ死ぬか分からないのが面倒なところで、それでどうしても多めになってしまうんですよね。

No title

同意見です。
子供には遺産よりも一人で生きていく為の術を身に付けさせるのが親の務めと思います。
それが出来れば遺産など無くとも自分の人生を切り拓いていけるだろうと。
死んだ後に「結果的にこれだけ残ってた」状態が理想ですね。
子供に「ウチはお金がある」なんて思わせてロクな事ありません。常日頃から「ウチは貧乏だからよその家みたいに好きな物買えないからね」と洗脳してます。

Re: No title

>ASさん
やはり自分の力で生きていける能力が重要ですよね。
低収入なら低収入なりにやればいいし、人生は自分の力でどうにでもなります。
親を含め他人に頼るのはやはりどこかおかしいですよね。
貧乏洗脳、僕もバッチリやっていきます。

No title

私は未だに親がいくら資産持っているか知りません。
子供としては債務さえ残してくれなかったら親がこの世を去るまでその資産額を知る必要はないと思っています。

子供へは教育投資を惜しみさえしなければよいのではないでしょうか。
資産ではなく、教育を残すべきと何かで読んだか聞いたかしたような。
逆に私の親みたいに、子供の大学進学を金がかかるという理由だけで阻止しようとしたら後々まで恨まれます(苦笑)

Re: No title

>lunaさん
そうですよね、僕も自分の母親のを知りませんし、知ろうとも思わないです。
借金は無さそうなのでそれは安心ですが。

教育はやはりしっかり受けさせないとダメですね。
大学までは本人が行きたがれば行かせようと思っています。
経験になるようなことはどんどんやらせたいですね。

No title

うちは子供がいませんが、子供がいたとしても資産についてはまったく話さないと思います。ほとんど記事内容のとおりかな。

あと親の資産については借金問題があったのですべて把握しています。ただ当てにしているということはないですね。まあ負債がなかったらいいかなと思っています。

Re: No title

>クロスパールさん
子供は知らなくていいですよね。
負債があると大変ですね、その場合は親の方から説明しておくべきですよね。

No title

はじめまして。よく拝見させていただいています。
娘さんが父母の老後資金の心配をしてきたら「大丈夫」と言ってあげるといいかなぁ?と思います。
私は、招き猫の右手さんのような考え(投資で資産を増やしたわけではない親ですが)の親に育てられたようです。
父母が70歳代になり、父母の老後資金が心配で聞いたところ「この位はあるからどうにかなるはず」と初めて実家の資金額を聞きました。
基本外食しないし(年に1回か2回だった…)モノも買ってもらえないし、ねだっても「ウチはウチ、他人は他人」という家でした。兼業農家(出荷はしていない)だったのでお金を使わない(米、野菜は基本買わない)家だったからもあるのでしょうが(笑)。

Re: No title

>katzewaonさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
それはいい親だと思いますね。
子供が堅実なタイプになりそうです。
食材も自作できていたとなると貯まりそうですね。
子供にモノはいらないと思います、経験は与えますが。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク