fc2ブログ

リタイア生活に親の遺産は全くアテにしていない

(2018-08-22)
3c9a81a7.jpg

質問箱シリーズです。

この質問については、全く意外で、
え、今まで親の遺産がいくらで、それをもらえそうだから、なんて書いたっけ?と思いました。
そんなこと全く書いてないし、そもそも遺産というキーワードでもほとんど記事はないはずです。
気にもしてなかった。

理由は分かりませんが、おそらくこの読者さんの脳内でそう思えてしまったのでしょう。

たぶんですけど、この読者さんの常識からすれば、月末に公開してる僕の資産額程度では家族3人のリタイア生活の維持はとても困難で、いずれは親の遺産に頼らざるをえない、と思われたんでしょうかね。

でも大丈夫です。
節約ブログをいろいろ巡回してる人なら分かるでしょうけど、こちらは常識では計り切れないローコスト生活を身に着けていますので、この程度の資産でもやっていけるのです。
実際2015年9月にリタイアした時点よりも、今の方が資産は多く、年々増えていってるくらいです。
もちろんそれは相場環境の好調さに支えられてのこともありますが、支出がかなり少ない事も大きいのです。
たまにネタにしているように、僕は年間3か月程度の派遣労働収入もあるし、ブログ等その他収入、奥さんも稼いでいてそこからの入金等で、キャッシュフローはそこそこあります。

預貯金のみで取り崩しの生活をしているわけじゃないです。

あと、親の遺産をアテにしようにも、親、義親ともいくらくらいの資産を持ってるか全く知りませんw
興味も無いですね。

これは独立心があって立派、というよりは、面倒なことが嫌いだからでしょう。
セミリタイアブロガーによくみられますが、下手にカネをもらうなら貧乏でも気楽なほうを選ぶ、というタイプが多いと思います。

貧乏と言っても楽しくやっているので、これで全然問題無いわけです。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

親の遺産、あったらいいですね。
私は全くあてにしていませんね。親には全て使い切っていただきたいと考えています。
私は子供に少しは残してあげたいですがね。

No title

ギリギリのローコスト生活はわかりますが、親の介護でお金が必要になったらどうしましょう?
親の資産状況は自分に関係ありますよ。

Re: No title

>スカイポジティブさん
そうですね、僕も使い切ってもらっていいと思ってます。
子供にも最低限でいいと思っていて、まあ相続税の非課税限度額程度で十分かなと。
過剰な遺産なんて本人をダメにするだけでしょう。

Re: No title

>名無しさん
親の介護ですか?いやー、別に考えてないですね。
そうなったらその時考えましょう。

No title

すごい質問きましたね。

というよりも、

>常識では計り切れないローコスト生活を身に着けています

これに笑ってしまいました(笑)

Re: No title

>クロスパールさん
匿名なのでストレートにバンバンきますね。
我々のローコストぶりって常識から離れているでしょw

No title

親がこの先どうなるかわかりませんからねぇ
考えられるのは不動産くらいだけど、田舎だと負動産かもw

Re: No title

>retire2kさん
ええ、先の事は全く分かりませんね。
家なんてもちろん要らないですねw

No title

ギリギリのローコスト生活なんて自分が健康であり続けるなら、という仮定のうえで実現する話。
子供が中途半端に頭いいと、4年制私立で東京でアパート借りるようになる。そこに親の介護がぶつかるわけですよ。セミリタイヤする人たちって「自分以外が金を使う」ということを想定してない。

Re: No title

>名無しさん
ウチは賃貸主義なので東京にいったら一家で引っ越すんですよw、一人暮らし経費なんてかけません。
まあ介護はその時ですね。
いちいち全部心配してたら何億あっても行動できませんから。

No title

親の遺産なんて気にしたこともありませんでしたが、相続をやった経緯を振り返ると、資産がどこにあるかは明確にしておきたいところですね。相続手続きの手間暇が全然違うので。

質素なローコスト生活は正義だと思います。多くの人が、本当に多くの人ができないんですよね。収入>支出になるなら、収入が小さくたって黒字化できますから。判っているのにできない人が多すぎます。

親の介護は、自分で手を動かすか?、お金をだして施設等の人に任せるか?の2択かと思っています。私は後者を選びました。サラリーマンをしながら介護は絶対に無理だったためです。その資金の捻出先が親の資金なのか、自分等介護する方の資金になるのかの違いによって、なかなか難しい状況にはなるかと。幸いにも我が家の場合、自分からの持ち出しは殆どありませんでした、定年まで働いて厚生年金がある人ならほぼ大丈夫だと思いますが。

Re: No title

>煙々さん
なるほど、確認だけはしておいたほうがいいかもしれませんね。
収入が小さいなら小さいなりに生活すればいいのですよね、セミリタイア界隈では皆が出来ているんですが世間一般は違うようです。
介護はなかなか大変そうですね。
僕の場合サラリーマンはやめてしまっているから自分が動く方を取りそうです。
母親は父親の遺族厚生年金が満額出ているのでそんなにカネが無いことはないと思います。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる