FC2ブログ

保育園に入れるか検討中

(2018-02-13)
僕は働きに出てしまって子供の面倒が見られない。
奥さんは自宅で自営業だが子供の面倒をみてたら仕事がまともにできず、夜遅くから仕事をやってる。

奥さんが娘を保育園に入れたい、と言い出した。
えー、だったら僕が家にいたほうがいいんじゃないの。
しかも4月以降はフリーに戻るから保育園も何も必要ないだろう、と思ったのだが、それでも申し込みたいと。

自宅での仕事に集中できるのはもちろん、保育園に入れることで他の子供とのコミュニケーションが発生して、それがいいんだとか。

認可、認証と、いくつか段階があるようで、東京の事情だとかなり厳しい。
まず認可は無理で、認証になんとか。
幸い?僕は今働いているので就労証明書というのを派遣会社から送ってもらった。
これに奥さんの仕事も書いて申し込む。
あと、僕は兼業投資家としても登録してポイントを稼ぐんだとか、無理やりだなw

まあそこまでやっても入れない可能性は高いし、入れたとしても4月以降僕が無職になったらどうなるんだろう、やっぱり使えないってなるんだろうか。
入れたとしてもたった1か月とかの話なのかなあ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

保育園入園には各自治体で共働きなら何点など点数があってその点数が高ければ高いほど入園しやすくなります。
派遣(しかも期間限定)はかなり厳しいのでは…。
認可しか知らないですが、今年入園できても来年継続なら毎年申請が必要でその都度、就労証明が必要です。
あとは今年入れても、たまに同じ園の保護者からあの親働いてないんじゃないの?みたいなタレコミされるという噂も…。
認証ならそこまで厳しくないかもしれませんが。

Re: タイトルなし

>ganさん
細かい点数があるようですね。
認可保育園は空きがほとんどないみたいです。
でも認証からまさに連絡があって、入れるかもしれません。
また後日記事にしてみますね。

No title

ブロガーという自営業者ならいいのではないでしょうか、アドセンが収益。
0歳児優遇とかありませんか、預けるのいいと思います。

Re: No title

>たんちんさん
そういえばその線でやってました。
アドセンス収入が月1万くらいですね。

No title

保育園がダメだったら、3歳まで待って幼稚園はどうでしょうか?
私の住んでる自治体は幼稚園の場合、空きさえあれば親の職業の有無に関わらず即座に受け入れてくれるようですが、東京は事情が違うかもしれませんね。
他の子供とのコミュニケーション・・・我が娘を保育園に通わせた理由がまさしくコレです。
やっぱり常に親子だけで触れ合ってると、他の子とうまくやっていけるかな、引っ込み思案に育っちゃうんじゃないかな、と不安に駆られる時がありまして。
あとは少し距離と時間を置く事によって、リフレッシュになるという側面もあります(夫婦とも)
うちの場合は保育園に通ったら友達も出来たし、言葉の覚えが早くなったりトイレトレーニングや箸の使い方など、親の知らないうちに成長しているようです。変な言葉も覚えてきたりしますが。
朝晩の送り迎えなどもありますけど、結構パパさんがやってる家も多いです。
通わせて正解だと思ってますが、ママ同士でのLINE交換やら交流会やら、ウザイ事もあるらしいです(笑)

Re: No title

>ASさん
幼稚園もいいですね。
ただこの後記事にしますが、どうやら保育園に決まりそうです、認証です。
認可はさすがに厳しいようです。

遊ぶプログラムとかいろいろ充実してるらしいですね。
まさに子育ても外注の時代って感じなのかな。
親しか知らないで育つよりいいのかもしれませんねえ。

親同士の交流、、、ウザいですねw
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク