FC2ブログ

確定申告行ってきた。住民税の申告を別途市役所ではじめて行う。

(2018-02-06)
昨日、休みをもらっていて午前中はスーパーボウル観戦したが、午後はほぼ開いたので確定申告に行ってきた。
通常は2/15からだけど還付申告は1/1からいつでもできるんだってね。

前日までに各証券会社の年間取引報告書を全て集める、ほぼ電子交付になってるのでPDFでダウンロードして印刷。
派遣会社の給与明細、国民年金の支払い証明、生命保険の支払い証明、マイナンバー通知カードの写し、運転免許証の写し。
それと印鑑、用意したのはこんなところ。
国税庁サイトの確定申告書作成コーナーでぽちぽちと数字を入れる。
ここは税金のことが良く分かってない僕みたいな人間でも間違わないように、この数字をここに入力しろ、とまあご丁寧に出来てて助かる。
e-taxとやらにはしてないのでこれを完成させたら印刷して完成。
各種書類を貼り付ける為ののりしろ、とかあるけど、そこに貼る必要はなく、税務署にそのまま持っていけば向こうでホチキスで留めてくれたよ。

通常の確定申告期間前だし、空いてるだろうと思ったら結構混んでてびっくり。
提出するだけならすぐに済んだんだけど、ちょっと質問したいことがあったので質問コーナーに並ぶ。

さて、今回の目玉は去年明文化されたという
配当を総合課税にして配当控除を使って所得税を取り戻しつつも、住民税は別途申告不要で処理して、国保の保険料などに影響を及ぼさない
・・・という技。
とりあえず細かい話なので、僕よりはずっとよく分かっている人のブログでも見てください。
たとえばここ
【超朗報】上場株式等の配当の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】

ようは配当の税金は取り戻せるけど、それによって社会保険料が上がるというデメリットも無くなった、という話みたい。
僕は良く分かってないが、どうやらオトクなようだし、将来的には有配当のETFを増やしていく予定なので、この機会に練習だと思ってやってきた。
まだ無配当の投信の方がずっと多いから今年の金額は少額なんだけどね。

まず税務署の相談窓口でこの件を伝えると、その人は理解してて、「別途市役所で手続きしてください」と一言で終わり。
その次に提出する段階になってそこの窓口に同様の話をしたらキョトン?顔。
どうやらアルバイトか何かだったようで、このあたりやはりまだ周知徹底はされてないぽい。
代わりに出てきた税務署の本職員もイマイチ分かってないぽかった。

とにかく、確定申告を終えたら、控えにハンコをもらえるので、それを持ってすぐに市役所へ向かう。
そこの住民税課にいって同様の事を伝えると、ハイハイ了解です、とあっさり手続き完了。
申告不要にするんですよね、わかります、と話が早い、すぐに専用の用紙を持ってきてくれた。
今年何人くらいこの手続きに来たんですか、と聞いたら、僕で3人目だそうだ。
3人か、、、やはりちょっとマニアックな情報のようだね。

とりあえずこれで今年の確定申告は終了

気になる還付金は、89,685円
いやー、貧乏リタイアにはでかい。
まあほとんどは派遣労働で引かれてしまった所得税源泉徴収のぶんである。

この還付金でまたETFでも買おうかなー。

確定申告とか面倒くさがってしない人も多いようだけど、やっぱりしっかりしたほうが良いね。
時給にもよるけど年間3か月程度しか働かないセミリタイアなら給与ぶんは給与所得控除65万でほぼほぼ消せる。

今年も3月までは働くわけだし、また来年も申告するよ。

スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですね!
知りませんでした!
これは将来かなり使えるワザになりそうなので、メモしておきます!
さすが招き猫さん、抜かりなくて素晴らしいです。

Re: タイトルなし

>ganさん
いや、僕ではなくてリンクの方のように詳しい人が一杯いるんですよ、僕はパクっただけです。
使える技は使っていきたいですね。

No title

結構源泉は引かれてるんですね。この相場で一儲けしてください。

Re: No title

>たんちんさん
労働分からしっかり引かれています。
今年も労働しているわけで、来年も取り戻しがいがありますね。
今後は配当も増えていきますから僕にとってはますます確定申告の重要性が増します。

この相場、、、祭りに参加したいのですが、まさに労働中で相場見られないのですよ。
差しておくことはできますが。

大変参考になりました

いつも参考になる記事ありがとうございます。

私は確定申告をしたことが無いので、いろいろ勉強中でした。
(昨年収入ゼロで、株式配当は5万円くらい)
この記事を読んで、確定申告をやってみる気になりました。

年間取引報告書は証券会社に紙で送ってもらわないといけないと思い込んでいたのですが、電子交付されたものを自分で印刷するだけでよいということですね。知りませんでした。

あと、マイナンバー通知カードなどは写しを用意するのが常識なのでしょうか。
これも知らない知識でした。

ネットで調べた程度では、わかっていないことが多いな、と感じた初心者でした。

Re: 大変参考になりました

>なるぞうさん
僕も税金は全然詳しくないです、毎年やる度にあれはどうだっけ、これは、と思い出しながらやってます。
今は電子交付が普通になってますね。
マイナンバーカードは本カードならそれだけでよくて、通知カードの場合は運転免許証のコピーも必要だったんだと思います。
もちろんコピーで構いませんが、僕の場合はスマホで撮って、それを家のプリンタで出しています。
ネットでググっても意外と見つけづらいんですよね。

No title

派遣会社では一般的な会社員で行われる年末調整はないんですか?

私も税についてはあまりよくわかってないけど、確定申告はいろんな発見があっておもしろいと思います。ちょっとずつでも賢くなっていきたいな。

Re: No title

>クロスパールさん
たしかありますよ、僕の今回の場合は書類出してませんでした。
ずーっと働いている人なら出すだろうけど、僕は不定期に近いので。

No title

http://yanoniito.com/blog-entry-255.html

わたしも、さいもんさんの記事読んで市役所にいってきました。

スムーズな手続きでした。

Re: No title

>矢野にいとさん
やっぱり詳しい人の記事は読みやすく分かりやすいですね。
本当はルール的には市役所に先にいってそれから税務署という理解もあるようなんですが、実際には税務署から市役所という流れでできましたね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク