FC2ブログ

資産状況2017/12/末時点。ほぼ上がりっぱなしの2017年はいい年だったな。

(2018-01-02)
asset20171231.png

2017年12月末時点の資産状況

2017年も締まりました。
いやー、いい年だった、1年通してほぼ上がりっぱなし。
12月もプラス0.74%で39万少々のプラス。
育児で費用もそれなりにかかって、生活してそれでこんだけプラスだからね、最高だよ。
ちなみに2017年初からの1年間の騰落率はプラス12%でした。

先進国株ががっちり順調だったね。
ドルはそれほど変わってないけど、ユーロは結構高くなったな。。。
てことはMSCI-kokusaiの投信を売って楽天VTIとか1557に乗り換えるチャンスじゃない?そうだそうしよう。
MSCI-kokusaiの投信はNISAで買ってるものがあるんで、それは売却しても税金もかからないからさっそく乗り換えようっと。

さて、バランスはどうなったのかと、グラフ。
asset20171231graph.png

現金はかわらず3割キープ、早く暴落来ないかなー、もう待ちくたびれたぜ。

日本株は任天堂が不調でかなり下がった、4倍になったぞ!とドヤ顔で記事書いたらその後ジワジワ下げていったからな、これは恥ずかしい。

新年の目標であげたようにREITはぼつぼつ処分して株に乗り換えていくよ。

ちなみに変額終身というのは中身は全部先進国株運用なので、これも実質先進国株です。
よって先進国株は実際には35%くらいだね。

では、また来月。

スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年は終わってみれば一本調子で上がった珍しい相場環境だった気がします。結果的に多くの投資家は利益を増やしたでしょうね。

そうそう暴落っていつくるんですかね~?^^

私は日本株を最小優待株で構成してあとは売却していこうと考えています。やっぱりコクサイになると思います。

Re: No title

>クロスパールさん
単にバイアンドホールドしていればいい年でしたね。
下落局面のほうがメンタルや手法が問われそうなので楽しみなんですけど、なかなか来ないですね。
僕は優待銘柄はほとんどないんですが、配当銘柄はずっと持ち続けそうです。

No title

私も給与以外の資産を増やせました。
まあこの相場で減らす方が難しいですけど。
暴落待ちの資金を待ちきれずに投入する誘惑に必死に耐えています。

Re: No title

>働きたくないさん
はい、去年の相場なら減らすほうが至難ですね。
逆に言えば増えたことをそう自慢もできません。
僕の場合は必死に耐えるまではいかなくて、いつ来るのかなーって待ちくたびれている状態です。

No title

これまでの好景気、いつまでも続いて欲しいのはやまやまですが、そうはいかないでしょうね。今年は現金ポジションを徐々に増やしてていくことを考えたいと思っています。

Re: No title

>toshixrさん
はい、いつまでも上がり続ける相場なんて過去にないですよね。
僕は現金ポジションを上げるのが少々早すぎました、今から上げていくのはかなり良さそうですね。

No title

リタイア後も順調に資産が伸びておられて、何よりです。

お互い、リタイアしてからも上げ相場が続いてるのも、
持っている証ですね。

特に相場の世界においては、運は実力の全てだと思っております。

Re: No title

>山中 一人さん
リタイア後に資産が伸びるなんてラッキー以外の何物でもないですね。
間違っても投資の実力があるだなんて言えませんw
いいタイミングでしたね、今のところは。。。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク