FC2ブログ

今後のライフプランを大雑把に

(2017-10-28)
実は僕FP2級(AFP)とかいうの持ってたことあるんだよ。
年会費のあまりのボッタクリに途中で資格継続をやめたけどね。

さて、子どもが出来て、ライフプランにかなりの変更が生じたので今後の人生計画を年単位で大雑把に考えてみよう。
この夏に生まれた娘は大学まで行く前提で。もちろん大学に行かないなら行かないでいいが、一番手間のかかる大学進学パターンで想定。
大学の定員は割れ始めているし、選り好みしなければ現役で行けるだろう。

・2017-2019年
今の東京の2DKに住み続けるよ、特に引っ越しする理由はないし、子供はまだ小さいから一緒の部屋でいいしね。
この夏に賃貸契約を更新したばっかりなのであと2年は住むと思って2019年まで。

・2020-2035年
2年後に地方都市に移住するつもり。一番の候補は奥さんの実家近辺。
奥さんは今からもうすっかり行く気満々である。
子供部屋が必要になると今より1部屋多い3DKくらいに引っ越すことになるが東京では家賃が跳ね上がるのでここらで東京脱出。
娘が高校卒業の18歳になるまで居ると想定すると2035年までかなと。

・2036-2040年
東京に復帰?もしくはどこかの地方都市。
娘がもし大学に行くとしたら地方都市では選択肢が少ないし、おそらくは大学の多い東京も選択肢に入るだろう。
受験の結果次第だが、東京に通うことになったら一家で引っ越し。
もちろん他の地方都市の大学であってもそこに一家で引っ越し。
娘が大学で一人暮らしをするために実家から仕送りとかそんなコスパの悪いことはやってられないのでw
また僕ら夫婦にとっても久しぶりの東京暮らし、あるいは初めて行く地方都市ということで意外と楽しめるかもしれないね。

・2041-2050年?
子供が大学を卒業し、就職か起業か何か、とにかく自分の人生を自立して歩み始めるとして。。。
夫婦二人でどこかまた地方都市に移住。
例の大分の物件とかはこの頃どうなっているかわからないが、少子高齢化人口減少世帯減少はさらに進んでいるはずで、似たような超格安賃貸物件は日本中のどこかしらに一杯あると思う。
東南アジアがどのくらい経済成長してるか分からないがその辺も選択肢に入るね。
北海道や沖縄でもいい。
住む場所はあくまでも最低限の拠点として確保し、夫婦二人あるいは別行動でお互いに一人旅放浪でもいいし、フラフラした人生を楽しむだろう。
どこまで元気で動けるか分からないが10年くらいはそういう生活をしたいなと思って2051年まで。

・2051?-
この時点で僕はもう77歳、おそらく人生の終わりが見えているだろう。
僕が奥さんより先に逝くパターンはでは遺書でも書いておこう、その場合、奥さんにはワンルームとか1Kの物件に引っ越してもらいたい。
もちろん僕が残ってしまった場合はそうする。
一人暮らしなのに広い部屋なんて意味ないしコストかかるだけだからね。掃除も大変だし。

とまあこんな感じである。

住居推移でまとめると
東京 2DK 2年
地方 3DK 16年
東京 3DK 4年
地方 2DK 10年?
地方 1R ?

となる。

もし娘が東京の大学に行った場合の東京3DKの4年がもっともコストがかかるだろうね。
でもその後地方激安の2DK、最後は激安ワンルームと推移していくので生涯賃貸でもコストはそうかからないとみている。
今から東京近郊で3LDKくらいのマンションを新築で買うよりは住居コストはかなり安くあがりそうだ。
エクセルで想定家賃と区切りの引っ越しコスト(敷金礼金仲介料運送代)、2年ごとの更新料などを入れて計算してみると上記プランに基づく今後の夫婦二人の生涯住居コストは3,175万円だった。
東京でも格安中古物件を買えばそちらのほうが安くなる可能性はあるが、やはり自由度の高い人生には代えられない。賃貸はリスクも少ないしね。
それに住居購入で金融資産を吐き出してしまったら投資元本が無くなって運用益が得られないからそもそもリタイア計画がパアだ。

娘は問題なく成長し、僕ら二人とも順調に高齢者になる、という楽観シナリオではあるが、そうならなかったらそれはそれでその都度対応すればいい。

今のところこんな感じで考えている。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

家を買って固定資産税やなんやと払うよりは断然良いのではないでしょうか。
それでも人生において家賃コストは高いですね…不動産バブルが弾けるけて賃貸価格が下がるのを今か今かと待ち望んでいるんですが(´∀`)

No title

男が地方都市に行くと、セミリタイアに適した基礎控除程度を楽に稼げるレベルの仕事があるのかどうかが気になります。

Re: タイトルなし

>ganさん
固定資産税や老朽化した時の修繕費など、けっこうかかりますからね。
しかもそれらを心配しながらずっと住まないといけない、これはストレスです。
賃貸は気楽ですわ。。。
また不動産価格が急落することもあるでしょうから、そういう時に安く買い叩くのもいいかもしれませんね。
なんせ基本的に世帯数は減って行き、空き家は増えていくのですから焦る必要は全くありませんw

Re: No title

>クラビさん
それはネックですね。
上手く見つけられたらいいんですが、安くてもある程度我慢するでしょうね。

No title

うーむ、ちゃんと将来設計考えておられますね~
さすが、元FP2級(笑)

その日暮らしもいいけど、将来の事もちゃんと考えないといけないですね
改めて考えさせられちゃいました

Re: No title

>二度寝生活さん
さすがっていうほどな資格でもないですけどね、しかも失効してるし。
基本はその日暮らし的な気楽さで生きつつも、じつは将来にわたっての安定も計画している、
というのが理想ですね。
あまりに計画計画だとガチガチして窮屈ですから。

No title

お子さんが大学行くとしても、その大学次第ですかね。地方の国立大、そもそも幼少期~高校生まで住む地方の通える範囲の大学とかなら雑多な東京に行く必要ないですし。大学いきたくなく、就職したい!という話でも同じかな(就職はやっぱり首都圏が有利ですが)。

そうそう、地方の1Rって、2LDKや3LDKとそれほど値段が変わらないような時代がくるかもしれない。30数年後、古そうな戸建てなら地方なら有り余ってそうな気がするだけに。

Re: No title

>煙々さん
はい、大学次第です、正確にいうと大学にいくかどうか次第と、その大学がどこにあるか次第です。
先の事は分かりませんから、流動的ですね。
もはや2LDKでも借り手がないならどんどん値段が割れていくでしょうね、将来は期待してますよ。

No title

今月賃貸を借りたんだけど不動産業界ってまだまだ体質が古くて家主の考えも古いと感じました。この体質が変わらない限り家賃ってあんまり下がらないかなとも思ったりしました。

鳥取では結構空き家も多いんだけどそれほど家賃は安くないんですよね。結局、家無しでは生活できないので高くても借りる人がほとんどなんだと思う。

ただ将来的にもっと空室ができてくれば認識が変わるのかも?

Re: No title

>クロスパールさん
かなり古い業界なんでしょうね。
需給の悪化と時間が解決すると思います。
このまま空室率が上昇し、大家にとって家賃が全く入らないことが続けば値下げだのサービス導入だのをせざるをえないですから。
モノの値段ってのは基本的に需要と供給で決まるわけですからね。

No title

賃貸は引越しが楽で身軽になりやすいですよね
物件買って売ってもいいかもいれませんが、目利きがよくないと難しいでしょうし、自信がないので私も賃貸派です。

Re: No title

>名無しさん
はい、身軽なのが僕は一番です、なんせどこに住んでどういう経緯をたどるか分からないので。
売って買ってはかなり詳しい人じゃないと難しそうですね。

親子ともに年が近いので参考になります。
首都圏は空室率が増加したら家賃が下落してくれるけど、地方は柔軟に対応できないと予想。
あとは娘には一般企業の会社員よりも看護士を目指して欲しいくらいですかね。

Re: タイトルなし

>ロンロンさん
コメントありがとうございます。
地方のほうが下がらないんですか、それは意外。
もし東京の近郊がけっこう下がるならまたこのエリアに越してきてもいいですね。
看護の仕事はこれから高齢者が増えて仕事は維持されるって人もいますね。

No title

これだけ家が余って地価が下げてくると、持ち家はキツイです。
高い値で買ったら値下がりも半端ないです。
我が家の周りでもちょこちょこ売り物件が出始めてますが、新築の家もガンガン建っています。
確かに土地の値段は下がっていますが、上モノの値段がトンデモなく騰がっています。
上下の値段を足せばあまり安くなっていないような・・・
それでも新築が建ちまくっているのは驚きです。

住む場所や家は親がしっかり考えてくれていれば子供は安心ですね。

Re: No title

>源次さん
上物が高くなっているということは地価の下落もあって内装なんかにカネを使ってもいいっていうことなんですかね、よくわかりませんが今はまだ価格が維持されているんですね。
今も新築が建ちまくっているということなので将来の下落圧力は必至ですね。
子どもには柔軟に生きて欲しいと思いますね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク