FC2ブログ

男も育休を取ろう。セミリタイアするつもりなら取りやすいはず。

(2017-09-28)
娘が産まれて退院してからの1か月、がっつりと育児に専念しました。
ブログのコメント返しが以前のように素早くできなくなりました、すいません。

ミルク、おむつ、沐浴も一仕事ですが、特に泣いたらあやすのが重労働です。
3-4kg程度の子供もずっと抱いているとけっこうずっしり来ますね。

男は仕事に専念し、育児は全部妻に任せる、そして妻がブチギレて産後クライシスはよくあるパターンですが、男も育休を取ればだいたい解決するでしょう。

実際、僕が家に居て家事や子どもの世話をしてくれてかなり助かっていると奥さんに言われます。
泣いている子供と10時間以上もずっと二人きりはかなり辛いでしょう。
鬱になって子供を虐待なんてのもたまに起きますね。
これは妻が一人で抱え込んでいるからです。

またこういった事態が想定されるから晩婚や少子化が進んでいるという指摘もあります。
女性からすれば結婚して出産して大変なことを押し付けられるのは自分。
男はのほほんとカイシャ勤務を続け、家に帰って1-2時間適当に可愛がるだけ。
妻は会社で育休取ってキャリアに遅れを出すか、最悪は退社して育児に専念しているのに夫に感謝の気持ちは大して無いどころか、育児は女がメインでするもんだろ的なノリの男たち。。。
これはおそらくムカつきます。

結婚しなくなった、出産しなくなったのは、いつまでたっても家事育児参加の意識が変わらない日本男性に対する日本女性のボイコットという説もあります。

少子高齢化の一原因ですね。

これらの説も今になって当事者になってみると、なるほどなー、と思います。

そこで男もバンバン育休を取ることをオススメします。

そんな制度が無いと言うなら仕方ありませんが、大抵の会社にはあるはずで、利用されてないだけでしょう。
空気なんか読む必要はありません。
制度にあるんだから利用する、と宣言すればいいだけです。
いや、前例がないから、、というなら自分が前例になるんですよ、と言えばいいだけです。
ハンコを押す課長だの部長だののポカーンとした顔を楽しむくらいのノリでやりましょう。

これは通常の有休でも全く同じで、制度があるのに取らないのは周囲の空気を読んで遠慮する日本人の悪いところがあるからです。
僕は空気を読まずに有休はバンバン取っていました。

またセミリタイア願望者ならもっと取りやすいと思います。
どうせ60歳や65歳の定年まで働くつもりなど無いのだし、それどころか30代40代で辞めるつもりなんだから、
キャリアに傷がつくとか、出世の道が断たれる、とかはどうでもいいはずです。
育休取得をきっかけに閑職に飛ばされたなんて事になったらむしろラッキーと思ってもいいでしょう、仕事が軽くなって給料だけもらえるのですから。

先々に本格的に退社してセミリタイアするシミュレーションにもなるはずです。
なんなら育休どころか子供ができたことをきっかけに退社して家事育児に専念してもいいです。
どうせ人手不足の日本、1-2年後にまた働くかとなっても派遣などで良ければ都市部ならいくらでも仕事はあるでしょう。
正社員退社後も気分次第で生活費程度にはたまには働いてもよい、というセミリタイアなら子育てがむしろいい退社のきっかけになりえます。

育休にしろ家事にしろ、セミリタイア者はこうした硬直的な日本文化を変える先駆者となる可能性があります。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

育休を取って、家事も育児もせずゲーム三昧というつわものもいるそうです。
日本の父親の家事育児時間が短いのは長時間労働のせいで、時短勤務にすればいいという説がありますが、果たして何割の父親が寄り道せずにまっすぐ帰って育児してくれるのかなと思います。
招き猫さんのように継続するのは、個人の資質が問われると思う。
最初は退社後スーパーで買い物して晩御飯作ってたのが、すぐ飽きて「ねえ、今日も俺が作ったほうがいいんだよね」と否定を期待した発言をしたりして。
漫画喫茶、書店、飲食店などに滞在するリーマンが夕方目立つようになるんじゃないかな。

晩婚はともかく、少子化に関しては、職場の問題もありますよね。
一度目の育休はとれたとしても、二度目は非常にきまずい。
同僚も、一度目は協力的でも、二度目はまたあ!?という気持ちにならざるを得ないでしょう。
会社が穴埋めの派遣社員を雇ってくれても、すぐに同じ仕事はこなせないですし。
子どもを産むのは肩身が狭いのが現実です。

Re: No title

>阿波座マダムさん
なんと、日本の男はそんなに不真面目なのですか・・・
こうなると制度とかじゃなくてもう基本的な資質になりますね、文化そのものから根本的に変えないとダメかな。。。
子どもを産むことが肩身の狭い社会とは、そりゃ少子化がどんどん加速するわけですね。

No title

こんにちは!
結婚できなかった人間の耳年増な意見なんですけど、
私は少子化についてある本を読んでかなり納得しました。
それは子供を増やそうとすると、
政治的にはすぐに”子育てしやすい社会”的な発想になるけど、
実は出産に対して準備ができておらずストップをかけるのはたいていは男だ、という意見でした。
子供を持ちたいという気持ちはもともと女性の方が強いので、勢いで産んでしまえるのが女性だと思います。だからそれ以上に男の中の不安が大きいのが少子化の問題だと思います。
だから、本気で子供を増やしたいのなら、女性の子育て補助を強化するのではなく、男の心理を研究したほうがいいんじゃないの?という結論でした。

都会は仕事がたくさんあるのですねえ・・・。
地方の経営者はお花畑ですよ。ジッセキガーってな感じです。どこの会社も実績ノイローゼです。いやいや、実績あったらこの給料じゃ安いでしょ 笑 って思います。永遠に人なんて来ません。結局は縁故で実績のないのをとるのかな・・・。
私がいた偽装請負の世界では履歴書の偽装が横行していました。会社が実績にこだわりすぎるので請負会社が履歴を偽装するのです。ちらほらQ&Aサイトに同じような質問がありますので、結構あるあるなんだと思います。地方の悲しい現実です。

ちょっと逸れてしまいました^^;
殆どの男は育休を取る勇気が持てないと思います。単純に不安だから・・・。

No title

出産後の一月はきついですねえ、それを過ぎたら母も体力を回復するのと慣れてくる。昔の人は凄い、もちろんうちの嫁もすごい。

Re: No title

>清水っ子さん
なるほど、男の心理準備不足ですか。
何かと責任は負いたくないですしね、ビビりまくっているのでしょう。

派遣などでよければ都心はいくらでもありますね。
履歴書の内容を改ざんしたらまずいですよねえ。
人手不足でそうもいってられないと思いますが。

Re: No title

>たんちんさん
1か月は布団を敷きっぱなしにして寝て暮らすって言いますね。
ウチの奥さんもわりとゴロゴロできたと思います。

No title

先週辺りに育休拾得中の公務員男性が懲戒免職になってましたよ
なんでも この間に13歳の少女と性的接触してたみたいです
真面目に育児してない男性職員とかクビで当然だと思います

ミルク、おむつ、沐浴も一仕事ですが、特に泣いたらあやす~プラス炊事まで!
こんな方にこそ育児休暇を与えるべきですよね
忙しい報告に でしょう?だよね!、、とニヤニヤ相槌打ってます
ほんと、幾分返事が遅いかな?って薄々日常を想像してましたが やはり、、(笑)
ママの気持ちが分かって貰えて多くの子育て中のママ達が喜んでますよ

Re: No title

>あつこさん
あ、公務員ネタをここでw
それはともかく育休中に犯罪行為はダメですね。。。一般企業の人でももちろん。

炊事はもともと僕がほとんどしてたんでこれは延長線上でやってるだけなんですが、そこに育児が加わったんで、毎日なかなかの疲労感です。
子育て中のママの苦労が少し分かりました。

No title

はじめまして。
自分は娘が生まれたのを機に10ヶ月の育休を取りました。妻には感謝されるし、自分の家事能力も上がるし、何より子供の成長を夫婦二人で共有出来る、という経験は良かったです。
ところが会社に戻ったら部長(57歳独身・既婚歴なし)に言われた言葉は「お前は我社で初めて男で育休を取った訳だけど、(男として)プライドあんの?」というものでした。
育休を取った男性会社員の7割以上が1ヶ月以内というし、これじゃ男の取得率向上は難しいかと。仕事と会社にしか拠り所のない男って、なんだか悲しいですね。
自分はその後、早朝勤務の部署に異動になったのを機に退職して、現在セミリタイア突入です。
妻と娘の大事な朝食作りがあるので、そんな仕事なんぞやってられませんよ(笑)

Re: No title

>ASさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
10か月取られたんですか、素晴らしい!
しかも前例が無くても率先して、まさにかくあるべし、ですね。
そういう人が世の中を変えていけるんだと思いますよ。
その部長さん、残念な人ですね、プライドとかそういう問題じゃないんですけどね。
僕も仕事なんぞ二の次三の次です。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク