FC2ブログ

5千万という金額が微妙。でもリタイアするのに総資産は関係無さそう。

(2017-07-23)
先月末の決算で我が家は金融資産5千万に達した。

5千万はとりあえずの目標。

長かったような、でもあっという間だったような。

この金額は実にリアルな金額で、そこそこの年収のサラリーマンが20年程度働いて貯められる生々しい金額だと思う。
1億はやはり高い壁だし、投資でブーストをかけないとなかなか厳しい。かといって1千万くらいなら割と簡単に行く。
ちなみに僕の年収は転職を繰り返しながら20代から30くらいまでは400-500万くらいで、途中無職だったり200万も無い年を1-2年挟みながら40歳のころの最後の会社では700万をちょっと超えるくらいだった。
なのでずっと一つの会社で働いた人ならもっと貯められただろう。
このように僕はそんな高収入の人間でもないので参考になる人も多いと思う。

あとリーマンショック後の底からの上昇気流に乗れたのがあったので、それが無くて貯金だけだったら3千万くらいかもね。

いずれにしても今の保有は約5千万。

1千万も無い人からは、いいなあ、とうらやましがられるが、
1億超えた人からは、ぷっ、と笑われる。
羨望も嘲笑も両方味わえる微妙なポジションだ。

独身ではなく夫婦二人で、子供まで入れたら3名だから、一人当たりは1,700万弱。
これは貧乏リタイアといって良いだろうね。

ただ資産形成後期では節約術がほぼ完ぺきに近いところまで熟成したし、
その延長線での消費しかしてないから、これでも行けてしまう気がしている。

奥さんの自営業収入が増えて青色申告になったし、僕のアドセンス収入も増え、株の配当の他にアルバイトや派遣で年間80万程度でくらい稼げば生活費の年間収支はもうトントンだ。

となるとこの5千万は手を付けることなく、このまま放ったらかし運用し、20年後30年後にどうなっているのか、と気楽に構えることもできる。

リタイアができるできないの判断で最も重要なのは、今の保有資産がいくら、ではなく、正社員サラリーマンを辞めても年間の生活費は稼げる、という状態だろう。

実際リタイアブログには1億あってもやめられない人や、いくら資産があろうが取り崩しが怖くてやはり辞められないという人が散見される。
逃切り計算機で何度も計算しなおしてしまうのがこのタイプ。
本人は慎重にやっているつもりだが、おそらくいつまでもリタイアできないし、このタイプが無理にリタイアすると金融資産の変動や取り崩しから毎日不安にさいなまれて人生が台無しになるのでたぶんしないほうがいい。

リタイアの可否は金融資産の総額ではなく、収入源の多様化、収入と年間生活費のバランスが基準になるだろう。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

いくらあればいいのか

いくらあればいいのか、不安は、尽きませんよね。
ただ、5000という数字って一つの区切りかも。
家族構成によっても違いますね。

僕は独身で、セミリタイア時は6000でした。ジグザグの末、
今現在は7000です。彼女はいますが、未婚ですし、子どももいません。

両親の介護のため、
いやおうなく、5年ほど前に介護離職しました。

セミリタイアという選択肢が
ネガティヴ要素からでしたから、
いまだに、慣れませんが、
一応、増えてはいるので、安心です。

No title

あら、手厳しい(笑。辞めれない人です。

2000万円、5000万円、1億円で閾値があるのかなと思っています。
自分に自信があり、最後は何とでもなると思えば2000万円。
特別な問題が発生しない限り問題なかろうと思われる5000万円。
キリのよい目標額で節約術を伴えば破綻はありえない1億円。

セミリタイアなら、自分自身を含め家族が健康なら、そしてあまり悲観になることなくやっていけるなら、どれでも大丈夫なような気もします。ちょっと働くかなで十分ということかなと。

節約術が完璧とな。すばらしい。私は、40代になってから結構浪費が激しくなっています。完璧と言わないまでも、へぇ、それなりの節約しているんだね、と言われるくらいまで節約術のレベルを上げなおしたいところです^^

No title

正社員サラリーマンを辞めても年間の生活費は稼げる、
リタイアには、これが大事だと思います。

年間の生活費が、アルバイトでも投資でも配当でもいいから入ってくる。
資産が減ると精神的に辛くなるから、保有の資産を減らさないで暮らしていける。
資産が減らなければいいと思ってます~ 
もう充分に稼いだから人生を楽しんでいいと神様がいってます。たぶん・・・


Re: いくらあればいいのか

>ぽんちゃんさん
不安は持ち出したらキリが無いですねえ。
独身で7000だったら余裕ですね!
リタイア人生をゆるりとやりましょう。

Re: No title

>煙々さん
辞めたくない人は辞めなくていいんですよー。

基準は人それぞれなので僕はこのくらいで後は生活費だけ稼ごうかなと。
節約は完璧といっても僕基準だから人から見てどうかはわかりませんけどね。

Re: No title

>祝詞婆さん
我々はもうがむしゃらに働く事はなく、ほどほどに楽しみながら生きて行きましょう。
リタイアの神様がそう言ってますね。

No title

 記録によると、45歳の時の貯金額は600万円でした。

 当時は、子供が中学生と高校生、マンションローンの返済中でほとんど貯金はできていません。
その後ローンを完済し、子たちが巣立つと面白いように貯まっていきました。株投資もやり始め、50歳で2千万円を超えて、52歳では5千万円に到達しています。

 その後の、リーマンショックや、東日本大震災で数千万円の損を出しましたが、退職金等もあり60歳過ぎの今の金融資産は1億5千万円ほどです。

 今後は相続が入ると総計2億円に達する予定ですが、あまり興味はありません。自分たちは欲しいものがほとんどなく、たまにかわいい孫にプリキュアグッズを買ってやっております。

No title

私も招き猫さんと同じく、総資産はあまり関係ないと思います
元々の生活基準が人それぞれに違うので、総資産はリタイア基準になりません
個人的には自分がリタイアに最低限必要と思う資産ができた時が辞めかな

私なんか個人の資産額では招き猫さんに遠く及びませんが、持ち家で田舎暮らし
職種的に働こうと思えば70歳ぐらいまでは現状仕事の口はいくらでもある
という状況だったので、多少試算はしましたが余り深く考えず辞めちゃたしw
予想どうり仕事は引く手あまたで、既にパート先からも正社員の打診が、、、
勿論、現状の週末週休3日、健保年金あり、有給ありの生活を変える必要性が
全く見つからないので現状を変える気はありませんが、こうしていられるのも
セミリタイアの種銭があるからだろうなぁ、とは思っております

招き猫さんはとてもうまく運用されて資産を増やしてこられたんですね。見習わなくてはと思いながら拝見していました。

アーリーリタイアに必要なのはまずはじめに自分がどの位お金を使っているのかの正確な把握ですね。多くの家庭はここでつまづくのでいくら必要なのかわからないと思います。次に節約ができない、ということでしょうか。いずれもクリアしていること、さらにそこにある程度の資金や支出に見合う収入があればアーリーリタイア可能なんでしょうね。

あと数年でどうにかしたいですが道のりは険しいです。。。

Re: No title

>落ち武者さん
子供二人育ててマンションも買ってその資産額はすごいですね!
もはや余裕でしょう。
孫に物を買う人生もいいじゃないですか、リタイア生活を楽しみましょう。

Re: No title

>シャチ丸さん
資産総額はあまり関係ないようですね、皆それぞれの金額でやってます。
辞める人は行動力あるからあまり深く考えずにやるんですよね。
正社員の打診があるとはなかなか優秀ですね。
でも週休3日で社会保険は美味しいですよ!、そのまま続けたほうがいいように思います。

Re: タイトルなし

>まさあつさん
上手く運用というよりリーマン後の安い時にカネがあったので気分で買っていたら後々上がっただけですね。
まずは家計把握は重要なのでやっぱり家計簿はなんだかんだと意味はあるんですよね。
収入と支出のバランスですね。

No title

セミリタイア実践者ならではの視点で、色々と参考になります。
> 逃切り計算機で何度も計算しなおしてしまうのがこのタイプ。
まさに自分がこのタイプです。

> リタイアの可否は金融資産の総額ではなく、収入源の多様化、収入と年間生活費のバランスが基準になるだろう。
会社にばれない副業とかを考えてみます。

Re: No title

>見知らぬ男さん
結局60まで働いて何千万も余って死ぬ時に、あんなに働かなければ良かった、、の後悔は避けたいです。
仕事が大好きならいいんですが・・・

副業いいですねー、是非いろんなものをやってみてください。
それ自体がリタイアの予行演習みたいなもんでしょうね。

No title

初めまして、トロネコといいます。
いつも楽しく読ませてもらってます。

資産5000万はすごいですよ。

私は、30歳前半なのですが、貯金のみで1500万程度です。
やっぱり資産運用しないと、5000万という金額には到達できそうにないです。

3000万貯めてセミリタイヤしたいです。

30過ぎてからでも少額で資産運用やった方がいいのかな?

今までしたことないので、不安です。

Re: No title

>トロネコさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
30代前半で1,500万なら僕もそんなもんでした。
運用の効果は大きかったですね。
ただ今からやるとなると、、、ちょっとオススメするか微妙です。
何か暴落があった時に一気に突っ込んだらっていうのが理想ですが、それがいつあるか分かりませんしねえ。。。

No title

インデックス投資でもしようと思っていましたが、今は、タイミングが悪いかもしれませんね。
やっぱり、会社以外での収入を得る方法を模索して、がんばっていこうと思います。

Re: No title

>トロネコさん
市場の右肩上がり、資本主義の拡大を信じるならいつ始めてもいいのがインデックス投資なんですけどね。
仮に今初めて翌日から下落が始まっても安くなっていく過程でも積み立てていくからどんどん買い付けコストが下がりますので。
収入源がたくさんあるのが一番ですね。

No title

>5千万>20年
いや、もっとかかりますよ…昔、サラリーマンだった頃は月5万円を貯めるのがせいぜいでしたから、その場合83年!?w一生飼い殺しですね;

>700万
すごいですねー。実力がないと民間企業でこれだけは稼げません。この額で、定年まで続けられそうな職場環境なら御の字ではないでしょうか。

>取り崩しが怖
じゃ、なんで貯めているの?という素朴な疑問が生まれてきます;体が動かなくなるまでに使い切るという考えがあってもいいと思います。

Re: No title

>masaさん
83年は厳しいですね、効率よく貯蓄投資して増やしたいところです。。。
最後の会社は割と実入りは良かったです、今でもなんで辞めたのか不思議なくらいですw
でも労働者としての人生がもう限界だったのでしょう。
安心確実を考える日本人の特性がいつまでもリタイアできない人を生み出していますね。。。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク