FC2ブログ

所得税の最高税率を取られる人はどんな気持ちなんだろう

(2017-06-28)
こないだ友人と所得税の話をしていて、
最高税率っていくらくらいだっけ、となって記憶では30%台後半くらいじゃなかったかと。

しかし調べたら全然違った。
こちら国税庁のサイトによると、

え、45%?!
すっごいな、そんなに取られるのか。
最高税率の所得はは4千万から。
28年度から改定されてる。

唖然としたな、地方税の10%とあわせると55%、、、稼ぎの半分以上持っていかれる。
働いても稼いでも半分以上は国に分捕られる。
これじゃ働いたら負けという言葉は彼らこそ言うべきだろう。

こんな高収入イジメをしてたらそのうち優秀な人から日本を出て行ってしまうんじゃないかね。

と思って他国の状況はどうなんだろうと。
財務省のサイトにあった。

イギリスやドイツ、フランスも45%なんだね、日本は高いわけでもないのか。
米国は40%弱で一番安い。
たかが5%の差といっても所得4千万以上の5%だから結構な額になる。

こりゃ優秀な人は米国に行くわけだわ。。。

米国の配当に対する税金はこちらのサイトで詳しく載っていた。
5,15,20%の三段階。
所得税の最高税率39.6が課せられている人が最高の20%になり、それ以下の人は15や5となるのか。
配当に対する課税も米国のほうがいいねー。。。
適格ということで保有期間がある程度長期じゃないとダメなんだけど、資産を持って悠々やってる人なら余裕でクリアできる条件。

やっぱ金持ちはどんどんアメリカに行っちゃうのかな。

米国は貧乏人からもしっかり税金を取るので日本みたいな弱者過保護制度は無い。
日本だと低所得に該当するような人でもしっかり税金は取られる。

日本で低所得者のポジションを得ながら20%の配当課税でゆったり生きてるのが結構効率いいかもね。

それにしても日本で最高税率45%+地方税10%を取られる人はどんな気持ちで働いているんだろう。
もはやボランティア精神?
頭が下がります。

退職した翌年の住民税負担も恐ろしいことになるに違いない。

私のような貧乏人には全く縁のない話だが。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのかわり米国籍になると世界中どこに行っても当局の課税から逃れられません。だから大金持ちは米国籍を捨てたがってますね。

Re: No title

>さいもんさん
そうなんですか。非居住者でも取られるんですね。
そういえば知り合いの米国人が言ってましたが、世界で紛争に巻き込まれても米国のパスポート持ってたら米軍に優先的に救助してもらえるって。だから税金払ってるって人がいました。

No title

それだけ所得のある人は、あんまりお金のこと考えないんじゃないのかもね。理不尽だなくらいには思ってるでしょうけど。

しかし米国の配当って低所得者なら安いんですね。日本もそうならないかなあw

Re: No title

>プライアさん
理不尽とは思ってるでしょうね、将来的にはどんどん日本から流出すると思います。
配当金は米国はそのようですね、ただ低所得でもばっちり税金は取られるようなのでちょっとだけ働いてのセミリタイアなら日本が有利なようです。

No title

もし、分離課税ではなく、配当などが段階課税になったら、、、
本来そうあるべきなんだろうなと思うところです。
金持ち優遇制度の最たるものが分離課税かと。
とはいえ、金持ちが大反対するでしょうから、現状のままかな。

Re: No title

>煙々さん
もし段階になるとしても米国のように最大が20%なんじゃないですかね。
日本は低所得には異常に優しい国ですから。

No title

アメリカは医療費が無茶苦茶なのと、家賃の安い地区はガチで治安が悪いので、子どもの頃からスラム街で鍛えられたような人でないと低空飛行リタイアは難しそうです。この点は日本人でよかったです。

でも白人・英語圏という強力武器があるので、国を捨てて外こもりするなら最強かな?

Re: No title

>クラビさん
はい、たしかに医療費の問題がありますね。
治安も悪いし、そこを考えると日本は恵まれてますねー。
高所得者なら米国で稼いで低税率(比較的)で蓄財し、その後日本にやってきてリタイア生活というのが最強かな。

No title

所得税の最高税率はこれでもずいぶん下がったんですよ。
私の記憶しているのは、最高税率60%の時代もありました。
所得税の税率構造の推移(http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/035.htm
を見ると、所得税最高税率75%、住民税と合わせて最高税率93%の時代があります(ただし賦課制限がある)。

これもあって、日本の戦後のサラリーマンは、役職でも給与額は平社員との差が諸外国ほど格差が無かったんですよね(表面上は社会主義タイプ、と言ってもソ連や中国見れば社会主義の方が格差が大きいんだけど)。

ただし、役職への福利厚生を厚くしていた。
役職用の、住居の提供、社用車や運転手、秘書、潤沢でグレーな交際費、家族への手当、出入り業者からの付け届け、などなどで実際の年収の何倍もの生活が可能だった。

今も、野党系の方々の一部では、税率を昔に戻せ、なんてこと言う人いるけど、昔の雇用システムが破壊されてしまった中で、税率だけ戻したら、それはすさまじい社会になりますね^^
日本に住む人は低所得者と高齢者、生活保護受給者だけとかになりそうです。
残ったのは市民運動家かテロリストだけとかねwww
それはそれで、どう存続するんだか、興味深い社会なんだけど
そこに住みたくは無い。

ナウルみたいになるのか、南スーダンみたいになるのか。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
なんと、90%ですか。
僕はこの表のなかの37が最高の時代の印象が強くて、40弱とずっと思ってました。
現状これ以上はあげられませんね、昔と違ってグローバルになって人の移動が自由なのだから、日本から逃げてしまうだけのことです。

No title

高額所得税の話なのに、、、先日パートの初月給を支給されたのですが
社会保険料は正社員時代と比べてかなり安くなるだろうとは思っていましたが
全部合わせて1.5万円台で国民年金を払うより安く、所得税まさかの10円!
現役時代は扶養も一切なく毎月8万円前後支払っていましたので
明細見て、つい「安い安すぎるー」と言ってしまい、パートだから当たり前だよ
と周りに勘違いされ、、、、ち、違うんだと弁明するのに必死になりましたw

Re: No title

>シャチ丸さん
社会保険は安月給で入ると美味しいですよね。
周囲もまさか給与ではなく社会保険の話とは思わなかったわけですか。。。
僕も年間100万程度に収めて低負担人生を目指します。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク