FC2ブログ

早期リタイアしたいなら基本的に外食はする必要がない

(2017-06-25)
外食産業から怒られそうだが、これは本当にそう思う。

・普通に美味い
こないだ冷蔵庫に余ってたキャベツ、玉ねぎ、しめじ、と冷凍してた豚肉、生姜などを使って軽く炒め物を作り、味付けは塩コショウと酒、しょうゆみりんを少々。
こんな手抜きでもこれだけでめちゃくちゃ美味いのです。
外食なんてそんな飛びぬけて美味いかな?
味は自炊で全く問題ないよ。

・内容が安心
安い外食は添加物や化学調味料がふんだんに使われている可能性があるが、自分で作ればそれが最小限に抑えられる。
長期的な健康増進を考えたらこれらは取らないに越したことはない。
外食は原価コスト最優先だから食材も何を使ってるかわからないし、そもそも外食は味が濃い、塩分の摂り過ぎ。
健康面を気にするなら外食は無しで。

・安い
当たり前だが、自炊は外食よりもずっと安くつく。
一人分はかえって高くつくは自炊をしたくない人の言い訳の可能性が高いのであまり聞かなくていいよw
ちゃんと冷蔵庫の保有食材の管理をすれば自炊はやはりかなり安くつく。
月々で余ったお金は貯蓄や投資に回せる。
自炊が当たり前になって生活コストが下がればそのぶんリタイアに必要な資金も低くて済む。

・自炊は軽い運動とボケ防止になる
キッチンに立ってあれこれ動き回ったり手足を動かすことがかなり頭や体に良いという説がある。
女性の方がボケが少ないのも家の事をしているからだとか。
証拠は無いが僕もこの立場にたっているので体が動く限り老人になってもメシは自分で作り続けるつもり。

結論:早期リタイアしたい人は自炊すべき。

早期リタイアしたのに運動不足で粗悪な食生活で体を悪くしたらなんのためのリタイアか分からない。
そもそも早期リタイアの必要資金を貯めるのに自炊は欠かせないだろう。

こんな僕なので放って置いたら数か月から1年くらいは外食を一切しないことが普通に起こりえる。
実際にはその前に奥さんから、そろそろ外食しようと、と言ってくるので、仕方なく?イベント的に外食をすることになる。

ウチにとって外食とは食費ではなく、イベント娯楽費として計上してもいいくらい。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても共感です!

自分で用意する食事は
手間(時間)はかかりますが
味付けも量もちょうど良いんですよね

株主優待を使って外で食事したら
晩ごはんが食べられなくなったり。。。

そんな企業に投資しては駄目でしょ。
自分に突っ込んでみたりするのですが

No title

リタイアしたら時間はあるから自炊のみでいいでしょうね。
たまに疲れているときに優待で外食というのがバランス的には良い気がします。

No title

こんにちは

同感です。自炊はいいですよね。
野菜を炒めてちょとした調味料だけでもおいしいですし
なにより自分好みの味付けにできるのがいいです。
外食は味が濃いですね。

Re: No title

>りーさん
そうです、味も丁度良いわけです。
優待があるとそういう本末転倒になりますよね、無理やり消費みたいな。
自分も過去にそうだったことがあるので優待株は買わないようになりました。

Re: No title

>クロスパールさん
働いていた時からほぼ完全自炊だったので今はなおさら自炊100%に近いです。
優待は持ってないんですよねー、面倒というのが最大の理由ですが。

Re: No title

>小黒とらさん
野菜炒めだけでも外食を超えますね。
これだけ外食産業が発達するのが不思議です。
皆あんな味の濃いものを毎日食べて大丈夫だろうか・・・余計なお世話になっちゃいますが。

No title

タイトルと逆行するようでアレなのですが、すき家の牛丼が時々食べたくなります。自分では作れない味だし、昔からファンといいますか。

でも店内でかっ込むというスタイルから、持ち帰って、サラダや野菜と一緒に食べるように変えました(単に自宅でビールを飲みながら食べたい;)。

3~4年くらい前は外食の値段が安く、寄り易かったのですが、昨今の値上げラッシュで自然と足が遠のくようになりました。それからですかね、自炊を主にし始めたのは。

Re: No title

>masaさん
そういえばすき家ほとんど行ったことがないです。一部にファンが多いですよね。
ああいう大鍋で大量に煮込んだほうが美味いものは確かにありますね。
自宅のゆったり感はいいですよね、静かだし。

仰せの通りです

料理はボケ防止にいいと聞きますからね。女性の方が男性よりもボケにくいというデータもあるぐらいですから。

やはりセミリタイア生活は自炊必須ですよね。セミリタイアブログを見ていても、たいていの人は何だかんだといいながらきちんと自炊していますもんね。

外食はほんのたまにして、それ以外は基本自炊ですよね。ワタクシも少しずつ挑戦してみよう。先日カレーを作りましたが、ワタクシ的に今一つでしたので、近々リベンジを果たすつもりです。

Re: 仰せの通りです

>6割主夫さん
ボケ防止にもいいですね、何を買うべきか冷蔵庫の中身も覚えて、包丁は指先を使うし。
自炊は貧乏リタイアには必須のスキルでしょう。
肩肘はらずに適当に楽しみながらやってみてください。

No title

こんばんわ

同感です

添加物だらけの加工食品をわざわざ高いお金払って食べに行く意味が分かりません

体は食べ物で作られてるってのを皆もっと意識した方がいいと思いますねー

Re: No title

>二度寝生活さん
そうそう、高い上にカラダにどんだけ悪いか分かったもんじゃないんですよね。
you are what you eatってやつですね。

No title

ホント、そう思います。
自炊は、安くて美味しくてボケ防止になるです。
ボケ防止ってのがいいですね~ (苦笑)

ワタシのとこは、外食は食費とせず、交際費としてます。
ボッチなので、1人での外食はないです。

Re: No title

>祝詞婆さん
ボケ防止にいいですね。
ウチの場合、奥さんが行きたいといって一緒にいった外食は外食として記載。
友人との飲みは娯楽費ですね。
独身だったら僕も外食はぼぼしないでしょう。

No title

正社員時代は帰宅時間が遅い、休みは不定期、夜勤ありだったため
外食多かったのですが、無職からパート勤務の現在はほぼ自炊です

飲食系優待は使ってよし、売ってよしなのでクロスはしますが
旦那が生ビールを飲むためのイベント用と化していますw
コロワイド系とすかいらーく系だけでも2名義分ですと手数料を引いても
年間優待額10万越えで、外食自体が面倒な最近は持て余し気味です
セミリタイアの生活は基本ひきこもりなので、優待消化キャンペーン
として外出しますが、外出する事自体が面倒になってますw

Re: No title

>シャチ丸さん
自炊いいですよねえ。
優待はやはりそこがネックなんですよね、オトクかもしれないですけど消化が面倒。
ヤフオク等で売ればいいんでしょうけど、それも面倒w
結局、僕は優待には手を出さないようになりました。

No title

外食も出来ないようなビンボーセミリタイアは嫌だな。
てか、そんなビンボーセミリタイアのクセにセミリタイアしています、なんて書くなよ。
しかも、他人に会社辞めたらいいとか退職を勧めたりしてヒモ亭主の分際で何やってんの?

Re: No title

>よさん
あー、そう思われるなら1億でも2億でも資金を作って悠々外食ライフのリタイアをされては。誰も強制はしてませんので。
そもそも節約生活ありきのリタイアってのはこのブログではずっと言ってきたことですから。
人に意見するのも自由ですからねえ、採用するかどうかはその人次第だし。

おっしゃる通りですね。

独身時代は仕事も忙しかったこと、食材を使い切ることが出来ないことがよくあったりしたこともあり外食をしていましたが、今では家の方が落ち着きますし、安上がりなので夕食の外食の回数は激減しました。
お昼は弁当を持って行くことができていないので500円の弁当を買ってますが、一ヶ月に1万円、年間12万。。。かなりの出費です

Re: タイトルなし

>まさあつさん
ええ500円をワンコインと安いかのように言う人がいますが、まさに月に1万円で年間12万円なんですよね。
これを投資に回していけばさらに増える可能性もあります。
早期リタイア者の金銭感覚はこんな感じなんでしょうね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク