FC2ブログ

2019競馬予想 大阪杯

(2019-03-31)
keiba2019.jpg

表の体裁ちょっと変えた、まあ外れてるんでどうでもいいっちゃいいがw
2発連続で外して収支は既にマイナス2,000
1人気、2人気までをばっさり切ったのはよかったが、勝ち馬がねえ、ミスターメロディまで選んでるのになんか勿体なかったな。

さて、今週は大阪杯。
3年前だったかな、キタサンブラックが勝った時は現地の阪神競馬場まで観に行ってたんだよね、18きっぷ使って。
もはや懐かしいね。

じゃ、予想に。
阪神2000mはこんなコース。
内回りコースと言う事でやはり先行馬有利かな、枠も外過ぎるのは厳しいかも。
もちろん坂を苦にする馬は避けたい。

では人気馬から検討を。

・ブラストワンピース
有馬記念は積極的に乗ったが基本この馬は左の方がいい気がする。
ぶっつけだし、好走と凡走を繰り返しそうだし、ここは思い切って無印で。

・キセキ
この馬は右も左もどちらでもよくとにかく気分よく先行できれば。
ただ阪神ではちょっと分が悪いような、東京のようなゆるやか直線でスピードに乗るタイプかな。
無印で。

・ワグネリアン
神戸新聞杯からじゃさすがに間隔空きすぎだろう。
ディープ産牡馬はGI1勝止まりのイメージあるし、ダービー馬だし余計にそんなイメージ
無印だね。

・エアウィンザー ◎
この安定感すばらしい、ずばり本命はこれでしょう。
阪神2000もぴったりな気がする。
浜中くんがちょっと引っ掛かるが。。。

・ペルシアンナイト 〇
昨年の2着馬、これが普通に対抗でいいんじゃないですかね、デムーロもGIなら頼りになるし。

・ステルヴィオ
距離がちょっと長いね。
後ろから差すイメージで阪神内回りだからそれも不利、外枠だからイン付き経済コースも難しいし、ここは切りだな。
ただしここで負けたとしても安田記念では見直せるね。
今回は無印。

・サングレーザー
近走こそ2000前後で走ってるけどやっぱりマイラーなんじゃないかなあ。
海外帰りぶっつけもかなり難しそう。
無印で

・エポカドーロ ▲
これは先行できそうだし、4枠もいいじゃないの、偶数枠で後入れだ。
対抗に近い▲だね。

以下ずーっと切って
・スティッフェリオ △
これいいかもね、安定した成績だし、下級条件ながら阪神2000での勝ちもある。
ローカルとはいえ重賞連勝中で距離2000はとにかくぴったり。

ここまで。
上位にあげた3頭の馬連BOX
4-9-11 各200
計600

ワイド
13から、上位3頭の4,9,11に流す、100ずつで9だけ厚めに200
計400

合計1,000

こんな感じで。

なんだか当たりそう!?

ギャンブルは自己責任で。

 
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

業務スーパーのダブルチョコマフィンが美味かった

(2019-03-30)
平成最後の総力祭、というのをやっているので、僕も行ってきたよ。

その中で、こちらの品
IMG_20190308_124304.jpg
ダブルチョコマフィン、なぜかtwin choco muffinとも書いてあるのでどっちが正解か分からない。
この適当さが業務スーパーのいいところなのだろうか。

これが意外と美味かったので思わず写真撮って記事にした。
右に一つ出したが個包装になっている。

中身はこんな感じ
IMG_20190308_124410.jpg

しっとりして美味しい。
食後の珈琲に会う。

まあ、しょせんは安物ジャンク品なのでほどほどに、とは思うが、たまにはいいもんである。

このマフィン7個入ってて、それで138円とは、安いな。。。
逆にどんなもので出来ているのか不安だw

この日は、目玉のホールトマト缶、薄力粉なども買って帰った。
店舗にもよるが豆乳も結構安い。

お目当てだったはずの海苔全形10枚を買い忘れたので、また後日行くことにしよう。
今回のセールは4月末までやっているそうなので、時間はたっぷりある。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

伊豆大島旅行(2日目)大型船で船旅を楽しみながら帰宅

(2019-03-29)
関連記事:伊豆大島旅行(2日目)ホテル朝食、バウムクーヘン地層から波浮港へ、コロッケとたい焼きを堪能

前回の続き
今回の伊豆大島旅行記はこれで最終回とするよ。

波浮港から元町港へ戻り、そこでわずかな乗り継ぎ時間を利用し、奥さんはすぐ近くのお土産屋に。
椿油などを購入したらしい。

僕は少し先のスーパーまでいって食事の仕入れ。
ここで買っておかないと岡田港には特に何も無さそうだし、船に乗ったら船内の高いものを買わされそうだったので。

なお、元町港にはレンタル自転車も一杯あって、値段表を見ると24時間で2千円。
店員に聞いたら2日プランもあってさらに割安にしてくれるらしい。
レンタカーに比べたら明らかに割安。
それもママチャリではなくちゃんとしたMTBなんかを貸してくれるので、体力ある人ならこれが良いと思う。
天気の良さそうな日を選んで自転車巡りはいいと思うな、バスの時間にも縛られないし、島中ほぼほぼ行き尽くすことができると思う。
次回娘が大きくなって一緒に来ることがあれば自転車旅は良さそうだ。
その時になって一緒に旅行なんて行ってくれるか分からないが。

買い物が済んだらバスが来たので、それに乗って岡田港へ。
この日は朝から雨だったので、発着港は行きと同様またまた岡田港になったのだよね。

岡田港に停泊している大型船、さるびあ丸
IMG_20190316_142222.jpg
これに乗って帰るのだ。
途中、奥さんがターミナル内で娘のおむつ交換をしてると出発ギリギリ前になって焦ったw

乗船して二等椅子席へ
席は脚をのせて、なおかつ足はフットレストがある。さすが長時間を想定している作りである
IMG_20190316_151012.jpg
船内は行きで使ったジェット船と比べるとはるかに広い。
歩き回っていても楽しい感じ。

レストランがあって奥さんが入りたいというので食事を取ることに。
IMG_20190316_144450.jpg
液晶のお魚さんが泳いでる。
娘もちょっと見とれていた。

食券制で、購入したのは
釡揚げしらす丼 ¥800
IMG_20190316_145013.jpg

おでん ¥600
IMG_20190316_145011.jpg
値段はうろ覚えだけど、たしかそのくらい。奥さんが払ってくれた。

味はまあ、そこそこ、、、
船のレストランで食べたよ、という思い出補正で良しとしましょう。

食べたらもうやることはなく、席に戻る。
船内には自販機が一杯あって、食事系もある。
もちろん、ビールもある
まあさぞかしすごいお値段だろうと思って見ると、、、
IMG_20190316_142815.jpg
えー、すごい良心的じゃないの!!
昨日のホテルのビールからしたら激安に見えるw
しかもエビスもあるじゃん、これは最高。
350ml缶で270円ならコンビニよりちょっと高いくらい?あまり変わらないよね。

じゃあ飲むか!と言いたいところだけど、ここでは飲まなかった。
まだまだ帰りの途中で、酔っ払って娘を家まで連れて帰るのは怖いからね。。。
抱っこヒモ状態で自分がトイレ行きたくなるのもキツいし。
一人旅や大人だけの旅で、この船に乗ったら間違いなくグビグビやっちゃうよ、大型船はのんびりだから時間もあるし。

一点注意があって、酒類の自販機は運転免許証を突っ込む機械があって、そこでID認証を受けないと買えないぽい。
僕は免許証あるからいいけど、免許無い人ってどうやって買うんだろう?

娘は船内を歩き回って終始ごきげん。
階段の上り下りも楽しんでた。
それに付き合う親はヘトヘトなのだがw

最上階にいってデッキに出ると船の後方にはこういうスペースもある。
IMG_20190316_153838.jpg
この日は寒かったのでアレだけど、温かい日ならここで潮風を感じながらビール飲んだら美味いよな。
さっきの自販機がまた頭をよぎる。

でも小さい娘はちょっと目を離したすきに歩き回って甲板手すりの隙間から海に落っこちそうなので、ここでは10分ほど滞在しただけですぐ船内に戻った。

席に戻ってそろそろ晩御飯、岡田港で買ったのは、、、
またべっこう寿司!、これで¥850
IMG_20190316_174536.jpg
そしてサンドイッチ ¥450 ちょっと写真ブレちゃったね、暗かったからな。
IMG_20190316_174540.jpg

お店で食べるべっこう寿司よりはちょっと劣るけど、これでも十分美味しかったよ。
とにかく値段だけ気にする人はこういうのをスーパーで買って食べればいいかもね。

食べ終わってもまだまだ時間が余る。
娘の散歩兼ねて船内を歩き回る。

船の一番下の層には同じ2等席でも雑魚寝タイプの部屋があって、イス席よりむしろこっちのほうがいいんじゃないかと思った。
横になって眠れるしね。
またさっきのビール自販機が頭をよぎるw
ここでダラダラ酒を飲んで寝て、気が付いたら到着っていう旅も悪くないよな。

行きで使ったジェット船と比べたら、僕はこの大型船を推すね。
ジェット船の2時間と比べたらこちらは5時間もかかるが旅情感ははるかにこちらが上だし、ビールも飲めるし、席はゆったりだし。
値段も大型船のほうがちょっと安いみたい。
5時間といわず、10時間くらいこの船内でグダグダしたいよw
大型船はジェット船に比べたら多少揺れるけど、奥さんも僕も娘も船酔いの兆しは全くなかった。

ただし大型船でもデメリットが一つ。
行きのジェット船では快適に使えた船内WIFIがこちらは繋がらない。
通常のLTEもダメ、ほとんどネットは諦めた。
もしかして2等席で下の方だったからなのかもしれない。一等席や特等席だと違うのかもなあ。
まあそこはあえてデジタルデトックスという感じでネットは忘れて船旅を楽しむくらいでいいと思うけどね。
僕は早々と航空機モードにしてスマホはカメラとして使ってた。

延々と時間をつぶして、ようやく横浜港に到着、この時点で18:50くらい。
IMG_20190316_180539.jpg
この夜景がなかなか綺麗だったので、娘とも記念撮影した、アップできないのが残念です。

ここからさらに1時間ほど経ってやっと竹芝に到着。
いやー、帰ってきたね。

しかしこれで終わりではないのだ、ここからが大変。
夜なのでグズりがちな娘を抱っこして電車を乗り継ぎ、バギーも押しながらやっと帰宅できたのが21:00過ぎ。
自分と娘もさっとシャワーを浴び、歯磨きさせて寝かしつけ。

全てが終わったら冷蔵庫で冷やしておいたビールをグビグビ・・・
IMG_20190316_224650 (1)

うーん、美味い!!
今回の旅の成功とともにジワジワと体に染み渡る感じだ。
もちろん、奥さんも僕もこの後は疲れてバタンキュー。

家族3名、素晴らしい思い出となりました。
伊豆大島にいった全体的な感想は、人が皆親切だったこと。
ホテルその他サービス業の人が旅行者に親切なのは当たり前だけど、そうじゃなくて、普通にそこらへんの人でも皆親切だった。
ウチの娘も色んなところで可愛がってもらった。

長くなった伊豆大島旅行記も今回が最後。
伊豆大島に行く皆さまの参考になれば幸いです。

ではでは。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

伊豆大島旅行(2日目)ホテル朝食、バウムクーヘン地層から波浮港へ、コロッケとたい焼きを堪能

(2019-03-28)
関連記事:伊豆大島旅行(1日目)ホテル白岩、寿し光でグルメ三昧

前回の続き

6:30ごろ起床。

親子三人ともぐっすり熟睡。。。
のつもりだったんだけど、奥さんは途中で喉が渇いて0:00ごろに一回目が覚めたらしい。
たぶん昨日のくさやビザがかなり塩っぱかったからだろうw
下の自販機でウーロン茶を買って飲んだそうだ、全然気づかなかったが。
そして、娘も奥さんのその行動で起きて、水を飲んだらしい、またすぐにばたんきゅーと寝たようだけどね。
朝まで完全ぐっすりは僕だけか。

朝飯は7:30からでまだ時間があるので、僕は朝風呂に。
いやー、気持ちいい、露天風呂はもうちょっと敷居が低くて外の景色が観られたらいいのになあ。
この日は朝から天気が悪くて雨が降ってきたからどっちみち何も見えなかったろうけどね。

7:30になったので朝食場所へ
IMG_20190316_073635.jpg
この朝食は旅行プランについてたものなので特に追加料金は払ってない。
干物もあるし、一般的なホテル旅館の朝食ですな。
右上にある豆腐が美味しかった、トロトロ。
島の塩をかけて食べるということだったが、何もかけずそのまま食べて十分美味しかったよ。

娘のぶんのご飯はないので、大人のぶんを少しずつおすそ分けして食べさせる。

朝飯をすませて部屋に戻ると、もう布団がたたまれて部屋が広くなってた。
すごいな、忍者でもいるのかって感じ。
こういう動きは海外じゃないもんね、日本独特かな。

ここで雨がキツくなって、ざざ降りに。
まずいなあ、と思ってしばらく待機しているとほどなく小降りになって止んできた。
素晴らしい、日ごろの行いが良いせいかな、これは。

10:00ごろチェックアウトして、ホテルを後にする。
ホテル白岩さん、最高でした。
もしまた来る機会があったら来てみたいな、何年後か分からないけど。

ベビーカーを押して元町港へ。
途中、民家の先で出会った猫さん
IMG_20190316_093031.jpg
なかなか綺麗な猫だったなあ、モフらせてはくれなさそうだったけど。
娘も遠巻きに見ていた。

この日の14:30には船に乗って竹芝に戻るわけだが、そこまではまだまだ時間がある。

以前、伊豆大島に旅行するよと記事を書いた際に、波浮(はぶ)港に美味しいコロッケがあるとコメントを頂いていたので、それを食べに行くことにした。

元町港から波浮港行きのバスに乗る。
途中、有名な観光スポットを通る。
それが、これ、バウムクーヘン地層
IMG_20190316_104411.jpg
長年の火山活動でこのような地層ができるのだそうだ。
地層前というバス停まであって、そこで降りることもできる、僕等は時間もないので通過するだけ。
娘は特に感動することもなくほぼスルー。

元町港から30分ほどバスに乗って、やっと波浮港に到着。
IMG_20190316_110111.jpg
船の数は結構あるように見えたけど、やや寂れた印象。
昔は漁師さんが多くてかなり栄えた港のようだ、伊豆大島の中では古都みたいな扱いで、名所みたいなのもある。
高台から観る湾の景色もなかなか綺麗。
時間がある人は行ってみたらいいだろう。

バス停からすぐ商店街の入り口があってそこを歩く
IMG_20190316_110331.jpg
商店街といってもほぼシャッター街ってかんじね、、、昼前なのにほぼ閉まってる。
なお完全予約制の寿司屋さんもあって、そこは結構有名みたい。

そして商店街の最後あたりでお目当ての鵜飼商店さんに到着
IMG_20190316_110556.jpg
揚げたてコロッケののぼりがあるねえ。

中に入ると値段表が
IMG_20190316_110848.jpg
おー、これはかなり安いぞ。
良心的だ。
注文を受けてから揚げる、ということで、味も期待できる。
コロッケ、とカレーコロッケ、それぞれ2個ずつ頼んだ。
紙に包んで渡される、この時意外だったのが、包一個にコロッケとカレーコロッケを一つずつ入れてくれたことだね。
てっきり、片方は通常コロッケ2個、もう片方はカレーコロッケ2個だと思っていたので、奥さんと交換しようと思ってたんだよ。
僕が通常コロッケを食べて、そしたら奥さんも普通のコロッケだよ、というのでそこで気づいたのだ。

さて、中身はこのような感じ
これが通常のコロッケ、1個¥65
IMG_20190316_111140.jpg

こちらがカレーコロッケ 1個¥75
IMG_20190316_111339.jpg

どちらもサクサクで美味かった!
これはオススメしておきます。
バス代考えるとちょっとかかるけど、僕らのようにフリーパスを買った場合は十分足を延ばす価値はあるだろう。

コロッケ以外にもいろいろ置いてたので、娘用にパンを買った、¥110
店内にビールは置いてたかな?そこは記憶にないけど、お酒飲む人ならビールとコロッケでかなりイケると思う。

商店街の途中で横に階段があってそこを上ると、旧みなとや旅館、という建物があった。
写真撮り忘れたんだけど、蝋人形とかあって、かつて栄えた波浮港の音声ガイドなんかもあってなかなか良かったよ。
漁師が一杯いたころはおもてなしの旅館や居酒屋がいっぱいあって、にぎやかな街だったと。

まだ戻りのバスまで時間があったので、スマホ検索で見つけたたい焼き屋に行くことにした。

途中であった猫さん、シャム猫っぽいな
IMG_20190316_113547.jpg

鵜飼商店さんの先を曲がってずっと行くと登りの階段が出てくる。
ベビーカーを持って上がるのはキツイので、この手前に置いて登る。
IMG_20190316_115536.jpg
これを延々と登っていくと

上に観光名所があった。
IMG_20190316_115059.jpg
10分ほどさっと見てから隣のたい焼き屋へ

これがたい焼き屋、東京梵天さんの入り口
IMG_20190316_115124.jpg

購入するとこういうオシャレな紙袋に入れてくれる。
IMG_20190316_120628.jpg
1千円札を渡すと、ハイ、1千万円いただきます、おつりは250万円ですねー、とちょっとサブい受け答えが素晴らしい。
この店主さん、なかなか明るい感じだ。

各¥250で、3点買ったから¥750
IMG_20190316_120711_2.jpg
一番上のピンクのが桜あん、そして、黒ごまカスタードとブルーベリークリームチーズ。

バスの時間もあるのでさっさと下に降りて、ベビーカーを回収し、バス停に戻ってそこの待合室で食べる。

IMG_20190316_120847.jpg
尻尾まであんが入っててどれも美味しゅうございました。

実はあんよりも、この皮が特徴的で美味しかったよ。
たいやきって小麦粉的なさっくりした感じの食感が多いと思うのだけど、ここのはもっちりしてモチみたい。
噛んでもぎゅーんと伸びて切れない感じ。
これが美味かった。

バスの待合室で老人と一緒になったので、かるく会話をしてみる。
なんでも自分は波浮でも二番目の年寄りだとかで、観光案内そのままの説明をしてくれたw
三原山の大噴火ももちろんしっかり覚えているそうだ。
本当に昔は栄えた港だったんだろうなあ。

さて、戻りのバスが来たのでこれに乗って元町港に戻る

次回に続く
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

伊豆大島旅行(1日目)ホテル白岩、寿し光でグルメ三昧

(2019-03-27)
関連記事:伊豆大島旅行(1日目)三原山登山

前回の続き

三原山でヘトヘトになった僕等はバスで岡田港に戻り、預けていた荷物を受け取る。
なお、荷物預かり代は300円だ。

今度は元町港行きのバスに乗って、終点前の役場前というバス停で降りる。
白岩さんだったら役場前で降りるといいよ、って荷物預かりしてくれた組合の人が教えてくれたのだよね。
ホテル入口はこんな感じ
僕等の前に団体客さんが一杯いたね。
IMG_20190315_164036.jpg
建物は古そうだったけど作りはしっかりしてたし、なかなか良かったよ。

16:00ごろチェックインして、部屋に到着すると疲れがまた出てきた。
少し休憩してから風呂へ。
このお風呂がなかなか良かったよ。
少し塩っぱくてドロっとした感じの湯。
露天風呂もあって快適。
長めに浸かってしまったよ。

通常おむつの取れてない子供は温泉には入れないが、部屋に案内してくれた人が、「全然かまいませんよ、みなさん赤ちゃんも洗ってますよー」とのことなので、奥さんが女風呂に連れて行って洗ってくれた。
娘は風呂に入れないだろうから、タオルで拭くか、と思っていただけにこれは嬉しい。

風呂上がりでゆっくりしてるともう19:00くらいになり、早くご飯でも食べに行こうと、元町港のほうへ繰り出す。
なんとか祭りってのをやっていて、元町港ターミナルで地元小学生や中学生がダンスを披露していた。
屋台等もあるのでそこで食べられるかと思ったらほぼ売り切れとか、品ぞろえが悪かったので断念。

屋台の人に聞いたら、寿し光さん、という店が有名でお値段もリーズナブルとのことで、そちらに行くことにした。
スーパーで買ってホテルで食べることも検討したけど、19:00にはもう閉まっちゃうらしいんだよね。
まあ、ここはせっかくの旅なのだし、どーんと豪勢に行こう。

ということで寿し光へ。
これはメガべっこう丼、といって刺身の量が倍になっている、¥1,700
奥に見えるのは納豆巻、¥250、これなら娘も食べられるしね。
IMG_20190315_194045.jpg

こちらは生姜焼き定食、¥1,000、量が多くてこれはオトク。生姜焼きなら娘も食べられると思って。
ハート形の揚げ物は明日葉牛肉コロッケ、¥200
明日葉は島の名産なのかあちこちにあったな、明日葉茶というのも昨日の一峰さんで飲めた気がする。
IMG_20190315_195105.jpg
お吸い物は大島の海苔が使われていて、これもなかなか美味しい。

もうお腹いっぱいかなと思ったら奥さんがまだ食べられるということで追加注文、なんと、くさやピザ、¥1,350
IMG_20190315_201856.jpg
くさやはそのままだと臭いけど、焼いたらたいして臭くなくなるんだよね。
チーズも多くてなかなか美味しかった、ただし、くさやはかなり塩っぱい。
娘もぱくぱく食べていたが、水も飲みまくっていた、子供には塩分キツかったかなあ。

この晩御飯のトータルは¥4,500
普段の自分の節約自炊生活からすれば目の玉の飛び出るような金額。
でもすごく美味しかったし、この貴重な時間と体験が素晴らしかった。
大満足です。
以前に、旅行中も節約を意識しますか、という質問があったのだけど、このように旅行中くらいはドンと出すことも多いよ。

さて、腹も一杯になって、大満足したところでもう時間は21:00近く。
通常なら娘はとうに寝てる時間なのでとっととホテルに戻る。

帰る途中で奥さんが抱っこしたら娘はもうすぐに眠ってしまった。
部屋に戻ると布団がしかれていた。
安宿ばかりを使ってきた自分にとって、このホスピタリティは素晴らしい。

娘を布団におくとそのままグーグー熟睡。
服を着替えさせたがまったく動ずることなく眠りこけていたので、よほど疲れていたんだろう。
三原山も結構こたえたとみる。大人も疲れたしね。

荷物の整理など一通り終えたら、さあビールでも飲もうかと、下の階の自販機へ

見よ、これが観光地価格だ!
IMG_20190315_210340.jpg
一番搾り500ml缶が500円w
かといって近所のスーパーは閉まってるし、コンビニなんて無いし(そこが素晴らしい)、この価格を受け入れるしかない。
これはもうホテルへの寄付とかチップだと思って買うことにしよう。
以前の自分ならこの事態を見越して近所のスーパーで仕込んでおいたビールを冷蔵庫に入れておく、などの処置をしたが、今はそこまでやるエネルギーが無くなっている。
子連れで時間もないしね。

奥さんと二人で乾杯。
IMG_20190315_210620.jpg

このビールも人生で上位いくつかに入るくらい美味しかったかもしれないな。
ほどよい疲労、娘の満足と良い寝顔、全てが完璧。

この後、歯を磨いて大人二人とも寝る。

次回に続く
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク