FC2ブログ

伊豆大島旅行(1日目)三原山登山

(2019-03-26)
関連記事:伊豆大島旅行(1日目)岡田港到着から一峰のべっこう寿司まで

はい、前回の続き

岡田港のターミナル内でバスチケットが買えるので奥さんが購入してくれた。
乗り放題、1日乗車券が2千円、2日間乗車券が3千円。
僕らは翌日までいるので2日間乗り放題券にした。
大人二人分で6千円だ、乳幼児のぶんは無料。
この乗り放題券、そこそこ高い印象を受けるかもしれないが、田舎のバスというのは結構運賃が高いので、2日間で3千円は軽く行きそう。
レンタカーという選択肢もあるが、1日1万円くらいしてたので、だったらバスでいいなと、僕は運転好きじゃないし。

岡田港のバスターミナルからバスに乗る。
ターミナルといってもちょっといい加減でその時になってバスの到着するポイントが結構バラバラらしい。
バラバラといっても目に見える範囲だから見つけたらそっちに行けばいいだけなんだけどね。

乗り込んで30分ほどで三原山に到着
IMG_20190315_130502.jpg
この黄色いバスが大島バスという路線バス。
下部に収納があって、ベビーカーはそこに入れてくれる事も多い。
ベビーカーで追加料金を取られることもなく、また運転手さんが皆親切で、ハイハイ今開けますからねー、と言いながらベビーカーを入れてくれた。

到着して、すぐのモニュメント?、ここからの三原山の景色がなかなか。
山肌表面には溶岩が流れた後っぽいのも見える。
IMG_20190315_130628.jpg
三原山大噴火、というニュースにくぎ付けになっていたのは僕が小学生の頃だったな、懐かしい。
あの三原山かー、という思いで感慨深く見守る。

片道45分の行程ということなので余裕かな?と思いながら進む。
道はこのような感じのがダラダラと続く。
IMG_20190315_131655.jpg
でも見ての通り、結構長いし、当然だが途中から上り坂になって、そこから少しキツい。
もちろん大人なら余裕なのだが、こちらは1歳半の子連れ。
途中歩かせたり、ベビーカーに乗せたり、抱っこしたりのローテーションでやるから、なかなか進まないし、どんどん疲れてくる。

もうあとちょっとで山頂だろう・・・というところまで行ったが、帰りのバス時間を考えるとそこで引き返す事になり、無念だが山頂はあきらめた。
9割がた登ったけどね。
山頂制覇はまた娘が大きくなってからの再チャレンジ時の課題に残しておこう。
道中、娘は溶岩のかけらみたいなのを手に取りながらキャッキャと喜んで走り回っていた。
楽しそうでなによりだった。

それにしても寒かった。
少し標高が高いといってもダウンのジャケットを着て丁度いいくらい。
3月中旬にしては今日は寒いと地元の人も言っていた。

バス停近くに戻り、近くの茶屋に入る。
IMG_20190315_150330.jpg
うーん、さすが観光地価格w
どれも高め。
が、ここでケチるのもおかしいので、奥さんはコーヒー、僕は缶ビールを頼む。
大島牛乳アイスも買った、¥300、写真撮り忘れちゃったけど。
この日は寒かったせいか、店内はストーブをたいていた。
この時、茶屋の人に聞いたが、三原山は地元の幼稚園児の遠足コースにもなってて、皆あっさりと山頂いって、火口歩きおはち回りをして帰って来るんだとか。
我々はもう老人なのかな?、乳幼児ハンデのせいだということにしておこう。

IMG_20190315_150019.jpg
ビールが美味いね、山登りで疲れた後だから余計に美味い。

ここで一息ついたら戻りのバスの時間になったので、それに乗って岡田港に戻る。
そして預けていた荷物を受け取り、また別なバスに乗って宿泊場所のホテル白岩へ向かうことになる。

次回に続く
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

伊豆大島旅行(1日目)岡田港到着から一峰のべっこう寿司

(2019-03-25)
関連記事:伊豆大島旅行(1日目)出発

前回の続き
2時間ほどですぐに伊豆大島の岡田港に到着

伊豆大島への船チケットを買った場合、到着予定には伊豆大島としか書かれていない。
到着する港は元町港と岡田港のどちらかの可能性があって、それは当日朝にならないと分からない。
基本は元町港で、雨などで海が荒れた場合は岡田港になる。
この日はちょっと雨がふったせいなのか岡田港になった。

この点、島内では徹底されていて、船着き場はもちろんのこと、市内のバス停や、バスの中など、要所要所に「今日の港は元町(岡田)港です」とプレートがかかげられている。
ホテルマンなどももちろん把握していて皆教えてくれる。
今日は岡田港なのに元町港に行っちゃう人とかそういうトラブルがあるんだろう。
しかもバスの本数が少ないから間違えて行っちゃったらもう間に合わないこともあるだろうしね。

一旦岡田港と決まったらその日はその後いくら快晴になって海が穏やかになっても元町港に変更することはない、そんなことしたら混乱の元だからね。

岡田港には最近できたばかりのターミナルがあって、それがすごい綺麗だったよ。
最上階からの眺めもかなりよかった。
岡田港の風景をいくつか

船がけっこうあるねえ
IMG_20190315_120038.jpg

こちらはその新設ターミナル最上階から
IMG_20190315_121305.jpg


はい、ということで、岡田港に到着した僕達。
目の前に白岩ホテル行きの送迎バスがあったが時間的ロスを考えてそれは見送り、伊豆大島漁業協同組合という建物があったのでそこに寄って荷物を預ける。
IMG_20190315_110517.jpg
ここね、店のおじさんもかなり親切だったよ。

この後、三原山に行く予定だが、バスの時間までしばらくあったので近くにある一峰さんで昼食をとることに。
頼んだのは、、、
素うどん、これは娘用に、¥550
IMG_20190315_112101.jpg

べっこう丼、¥1,100
IMG_20190315_112406.jpg

べっこう寿司 ¥1,100
IMG_20190315_112427.jpg

トータル2,750円
まあ、ここはケチっちゃいけませんよね、楽しむために来たんだから。

奥さんが知り合いに一峰という存在を聞いていたようで、けっこう有名なお店のようだ。
店員さんもすごく感じがよく、味ももちろん良かった。
この後、べっこう寿司は何度か食べることになるが、この一峰のが一番美味しかった、とは奥さんの談。

ビール飲んだらさぞ美味しいだろうな、とは思ったけど、このあとの行程を考えるとそれはできず。

さて、腹ごしらえも済んだので、この後は三原山だ。

次回に続く
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

伊豆大島旅行(1日目)出発

(2019-03-24)
関連記事:伊豆大島行ってきます

こちらの記事で宣言した通り、先日、伊豆大島に行ってきたよ。
僕、奥さん、娘、の3人旅。

旅の概要は以下の通り
□□人数□□
男性:1名 女性:1名 幼児:1名

□□ご利用交通機関□□
行き
ジェット船1210便(大島行) 竹芝桟橋(08:35)発 → 大島(10:40)着
帰り
大型客船 2等イス席(大島発) 大島(14:30)発 → 竹芝桟橋(19:45)着

□□ご利用施設□□
ホテル白岩
【朝食付】和室又は洋室又は和洋室、バスなし・トイレ付
2名1室×1室 大人:2名 小人:0名

基本代金(大人) 16,500 x 2 = 33,000

国内一泊旅行なので大した準備はいらない。
前日に着替え1日ぶんや娘のおむつやらを用意したくらいで、近所に出かける感覚でふらっと行けたのは良かった。

では、写真とともに振り返ろう。
朝8:35発の船なのでかなり早起き。
そして平日だったので、普通に通勤ラッシュにもあうこととなり、ベビーカー持っての移動は結構大変だった・・・
通勤ラッシュのピークは9:00前くらいなので、8:00前には浜松町についてたし、これでもマシなほうだったけどね。

まず、竹芝桟橋に接岸するジェット船
IMG_20190315_082545.jpg
ピンクってまた派手だね。

中に乗り込むと席は一番前
なので自分たちの目の前には席がなく、逆に棚状態になってたのでそこに荷物を置けた、ラッキー。
IMG_20190315_083753.jpg
一定の重量やサイズのものは追加料金を取られるはずだが、ベビーカーは重量制限の範囲外らしく、何の問題もなく無料で持ち込めた。
ここら辺は子連れには重要ポイントでしょう。

さあ、出発進行、ということで船が岸を離れる。
この飛行機とはまた違った旅情感がいいねー
IMG_20190315_083821.jpg

なお、ジェット船はほとんど揺れない。
ジェットの力で海面から浮いたような状態で安定して進み、細かい揺れも前後で相殺するようにコンピュータ制御されているんだとか。

よほど敏感な人じゃない限り、船酔いはまずしないと思う。
ウチの娘(1歳半)でも全然平気だったし。
スピードも速いから、伊豆大島にはほんの2時間程度で着いちゃうしね、これじゃ船酔いのしようがない。

娘がグズりそうなにるとパンを与えたりしてやり過ごす。
前日にホームベーカリーでココアパンを焼いておいたのだ。
でも基本的には機嫌よかったな。
運行中はシートベルトを締めろ、ということなので、船内を歩き回ったりもあまり出来ないみたい。
また歩き回るほど何があるわけでもなく、純粋に早い移動手段として利用するもののようだ。

船内は東海汽船のWIFIが使えて便利。
問題なくつながったし、暇を持て余す人は動画とか観てもいいんじゃないかな。

とにかく座ってゆっくりしてればすぐに伊豆大島についた。

じゃ、続きは次回。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

2019競馬予想 高松宮記念

(2019-03-23)
keiba20190217.png

関連記事:競馬予想します。明日のフェブラリーSからGIのみで1年間のバーチャル収支を検証

しょっぱなは派手に飛ばしたね、インティがあんなに強かったとはなあ。。。
いきなりマイナススタートっす。
こんな感じで毎回1000投入して回収がいくらで累積がどうなったかという形でやっていく。
この表はとりあえず作っただけで適当にマイナーチェンジするかも。

ということで第二弾です、次は高松宮記念。

中京1200はこういうコース

改装後は直線も長くなって、逃げ差しもそれほど有利不利はないみたい。
ただし外枠はちょい不利みたいね、そこは考慮しとこう。
日曜まで晴れの予報だし、普通に高速決着なのだろう。

上位人気馬から取捨をしてみよう。

・ダノンスマッシュ
え、これが一番人気っすか。
京都で連勝、それ以外も直線に坂の無い平坦向きのような。
特に左回りが良さそうな感じでもないし、これは無印だな。

・モズスーパーフレア
こちらは中山に良績集中、これも飛びそうだな。
このコースで不利な外枠でもあるし、これも思い切って消そう。

・ミスターメロディ 〇
これは東京中京と左回り得意で、ファルコンS勝ちもあるし、いいんじゃないだろうか。
内枠もよし、福永は詰まるのが心配だが2着までなら十分アリ

・ロジクライ ◎
阪神での勝ちもあるし坂は苦にしないだろう。左回りも良い。
枠はギリギリだが、大外でもないし、それにルメール鞍上もいいね。
本命にしちゃおう。

・レッツゴードンキ
当該コース含め実績は十分すぎるほどあるが、さすがにもう年じゃないかね、消しで。

・ナックビーナス
この馬はGIとなると見劣りするんだよね、しかも右回りのほうがいいし、ここは消しで。

・アレスバローズ ▲
CBC賞勝ちもあるしな、川田もプラスだし、2着までなら十分ありそう。
結局ディープ産が絡むといういつものパターンもありそうだし。

以下、ずーっと目ぼしい馬がいなくて、最後に、、

・ラブカンプー △
この馬は結構いいと思うんだよね、まだ4歳だから上積みはある。
近2走が悪いので人気ないけど、一発はありそう。

この4頭でいこう。
しっかりとした軸が見当たらないのでまたBOXで。

馬連BOX
3-6-10-12 各100
計 600

複勝 10 ラブカンプー
400

合計1,000

こんな予想で。

明日のレースが楽しみだ。

ギャンブルは自己責任で!

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

楽天銀行お引越し定期を毎月1千万円ぶんやることにした

(2019-03-22)
関連記事:楽天銀行の優遇金利0.21%の定期預金を活用

新生銀行のTポイントプログラム取りもあって、振込上限額の200万と無料振り込み回数3回の兼ね合いから、
200万×3=600万
600万円ぶんのお引越し定期を作っていた。

最近、それだったら一発で1千万作っちゃったほうがいいなと思ってそうすることにした。
200万を3回やったところでもらえるTポイントは75
それにし対してお引越し定期の金利は0.21
1千万と600万の差400万から発生するマネーブリッジ0.1との金利差0.11なら367円ほどだ、税引き後でも290円少々。
どう考えてもお引越し定期を一気に1千万作ったほうがいい。

この手のものはいかに振込手数料をゼロの範囲でまわすかによる、でないと手数料負けする。
僕のやり方は以下のとおり

1、楽天銀行から資金移動で1千万を楽天証券へ(無料)
2、楽天証券の出金指示で新生銀行へ1千万振込(無料)
3、新生銀行から楽天銀行へ1千万振込(無料回数内なので無料)

ということで無料でぐるっと資金の行って来いができる。

新生銀行の振込上限額はネットだと200万までしか設定できないが、コールセンターへ電話すればいくらでも上限はあげてもらえる。
この作業のために上限1千万にした。

これで毎月1千万のお引越し定期を作ることになったので、0.21%で計算すると
毎月1,750円ほど金利がもらえるのかな、税引き後で1,400円弱くらい。

定期預金はもちろん満期自動解約にしておいて、毎月これを繰り返す。

手間のわりになんとも微妙な金額だが、超低金利の時代、やれることはやっておこう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク