FC2ブログ

本日にて3か月労役が終了。明日から240連休です。

(2019-02-28)
本日、無事に労働最終日を終えて帰宅しました。

最後の30分が長かったねー。
早く早く、と時計を見る回数が増えたよ。

最後は皆で集まってお疲れ様一言どうぞの挨拶タイム。
こういうの面倒なんだけどね。
さらっとこなしたよ。

明日からどうするかな。

まずは疲れた体を休めたいね。
奥さんがワンオペ育児家事で疲れているのでやることはいっぱいあるだろう。

これで2019年の労働は終了。
次は早くても今年の12月から、つまり収入ベースでは来年になってから。

今年の夏には地方に引っ越してるから、そこで都合よく年末からの3か月労働が見つからなければこれが最後の労働となって完全リタイアになるかもね。
もしくは週2程度のバイトでも探すか。

その時になってみないと分からないね。

じゃ、明日から無職ということで、グダグダします。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ホームベーカリーのパンで米ぬか配合実験。30gまでは問題無し。

(2019-02-27)
関連記事:米ぬかお好み焼きを焼いてみた

この時以来、米ぬかお好み焼きをたまに焼いてるが、月に1-2回程度しかやらないので米ぬかは大量に余ってしまい、大半は捨てていたし、それを見越して最近は精米時に少量しか持ち帰っていなかった。

だがしかし!
僕はホームベーカリーでパンを焼いていたのだった。
そうだ、米ぬかパン。
ググってみると結構出てくる、これは使える。

ということで僕も挑戦。
関連記事:ホームベーカリーのパンはコスト的にはやや高いがメリットはある
こちらで書いた基本配合をベースにする、あらためて書き出すと
強力粉 125g
薄力粉 125g
砂糖 17g
塩 5g
ドライイースト 1.4g
水 190g

ホームベーカリーはパナソニックのSD-BH1000

もうこれだけでも絞りに絞った激安配合なんだけどね、ここにさらにタダ材料の米ぬかが加わるのだ。
強力粉はこれ以上減らせないので、薄力粉を減らし、そのぶん米ぬかを入れてみることにした。
まずはどばっと半量置き換え、つまり
薄力粉 62.5g
米ぬか 62.5g
(他の材料は上と同じ)

実際には0.5gは計りづらいのでだいだい60-62gくらい入れた。
材料セットして翌朝焼けあがりをチェックしてみると・・・

breadrice60.jpg

陥没w、ぺっしゃんこに凹んでしまったぞ!w
しかも食感もグジュっとした感じで出来損ないのモチを食べてるみたいな。
玄米的な風味もかなり強い。
これはやばい。
まともにパンとしては食べられそうになかったので、細かく砕いてスープに浮かべて食べた。

60gはやりすぎたかということで、次は
薄力粉 115g
米ぬか 10g
米ぬかを一気に1/6まで減らした。

焼き上がりは
breadrice10.jpg

良いねー、普通に膨らんだ。
切ってみても問題無し。
奥さんに食べさせても米ぬかが配合されてるとは気づかなかったくらいで、これはOK。
ただ10gでは少なすぎて米ぬかの消費が進まない。

もうちょっと欲張って20gで
薄力粉 105g
米ぬか 20g

出来上がりは
breadrice20.jpg

上の10gと比べるとちょっとふくらみが減った気はするけど、これも何ら問題はない。
ただし米ぬか感は少し出てきた。
コメ臭いとかではなくいい感じの風味である。
20gは全く問題無いと言える。

では30gでは?
薄力粉 95g
米ぬか 30g

breadrice30.jpg

20gと大差ない、ほとんど同じ。
問題なく焼けたし、米ぬかの風味も10から20に増やした時ほど強くはならない、むしろ30に増やしたことに奥さんが気づかなかったくらいだ。
食感はむしろこちらのほうがいいのではないか、米ぬかお好み焼きもそうだが、しっとり感が出る。
小麦粉のみのパリっとした感じもいいが、これはこれでいけるぞ。
娘もよく食べている。

味わいは20と変わらないので入れるなら30まで入れてしまっていいね。

ここからさらに40,50と限界に挑戦してもいいが、60で冒頭の失敗をしているし、ここらが丁度いいラインではないかな。

ということで最終配合をおさらい
強力粉 125g
薄力粉 95g
米ぬか 30g ←NEW!
砂糖 17g
塩 5g
ドライイースト 1.4g
水 190g

もう、これは節約パン作りの究極系と言っていいだろうね。
日本でこれ以上安くパンを作ってる個人はなかなか居ないだろう。
米ぬかの部分はタダだからな。

米ぬかの消費に困っている人はパン作りに使うよいいよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

飲み代について正社員と派遣では正社員のほうが多く出すものなの?

(2019-02-26)
先日、以前の派遣の同僚4名と飲みにいったよ。
正社員2人、当時の派遣2人。
僕含め派遣の2人はもう別なところで働いているので、未だにこうして会えるのは嬉しいものだ。

皆さん元気そうで楽しそうで良かった。

支払になって、正社員の2人が
いやいや、僕らが出すからいいよー、と言いだし、そのままおごられてしまった。
あまり強力に支払おうとするとかえって失礼なのでこういう場合は素直におごられておく。

さて、今の職場でも飲み会がある。
最初に歓迎会があったし、どうやら送別会もやってくれるらしい。

料金はやはり派遣は安く設定されている。
事前に管理職はいくら、通常社員はいくら、派遣はいくら、と料金設定のメールまで来たw

ここまできっちりやられると、かえって社員、特に管理職の人が可哀想になるなあ。

僕の場合、自分の意志で、ここは僕が出そう、というのは気分が良いのだが、
正社員だから、〇〇だから、とシステム的に強制されると逆に萎えるのよね。

おごるのは全然かまわないんだけど、それを自分の意志でやりたい。

こういう風に料金設定なんてしなくても現場で自然と良い割合になると思うんだけど違うのかな。

そもそも正社員も派遣も働き方の一形態なだけで、好き好んで選んでいるだけだからなあ。

男にはおごってもらって当然、とかいう傲慢な女が嫌われるように、正社員にはおごってもらって当然、という傲慢な派遣にはならないようにしたいね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

久しぶりのリンガーハット

(2019-02-25)
IMG_20190216_122621.jpg
IMG_20190216_122618.jpg

最近家族サービス的に出かけることが増えた。

あれだけ節約家だったのに今はたまに外食している。
もっとも奥さんがおごってくれるのだが。
事業の経費にしてるようだ。

リンガーハット。

久しぶりに食べたよ、5-6年ぶりかな?
以前正社員で営業やってたとき、出先にショッピングモールくらいしかない田舎の場合、たいていはフードコートに入ってて、たまに食べてた。

麺を大盛(2倍)にしても値段が変わらないんだよね。

今回も倍にしたよ。

これで590円だったんだけど、以前は500円ぽっきりじゃなかったかな。
小麦の高騰などで値上げしてるのかもしれない。

奥さんは皿うどんで普通の量。
でもけっこうあったようでお腹いっぱい。

ちなみにかなり以前に長崎の友人に、長崎で一番美味しいちゃんぽんってどこ?教えて!って言ったら
リンガーハットだよ、あそが一番
と言われてがっかりしたことがある。

しかしその後全国区になったからやはりそこそこ美味しかったということか。。。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

児童手当が振り込まれていた(2019年2月)

(2019-02-24)
jidouteate.png

当然だが入っていた。
画像はメインで使ってる新生銀行のキャプ。
ジドウテアテ、の前には自治体名が入ってる、処理して消したけど。

6万ですよー、デカイねー、

月あたり15,000円、もらうのは4か月ぶんをまとめて年3回。
だから一回の振り込みが6万なのね。

これも所得制限があって、600だか700万くらいでもう引っ掛かってしまう。
そんなの普通のサラリーマンで夫婦共働きだとすぐに超えてしまいそうな。。。
所得制限に引っ掛かると月5千円に下げられるみたいだ。

無職最強、という感じがする。
当然ウチは満額支給を続けられるね、奥さんの自営業の稼ぎが飛躍的に成長したら別だけど。

しかもこの収入は非課税だしね、収入に入れる必要もない。

日本社会が優しすぎて怖いです。
社会保障はもう十分すぎるほど。

おまけに幼児教育無償化とかいって保育園代も今年の秋から一部無料になるらしい、3歳以上は全員とか。
ウチの娘はそのころまだ2歳だけど、来年は3歳だから来年から無料かな。

株価が安ければどんどん株に突っ込んでいくのだけど、相場も堅調だし、この児童手当はそのまま楽天銀行のお引越し定期行きだね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が婚活で人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク