FC2ブログ

新生児を育てる人にアドバイス

(2018-08-31)
3c224ece.jpg

こんな質問をいただきました。
ツイッターで答えきれなかったのでブログ記事にします。

それにしても僕らが新生児を育て始めたのも、もう1年前ですよ、月日の流れるのが早い。
正直かなり過去のように感じます。

いくつか思い出して、いろいろと注意点、アドバイスしたいことを書いてみます。

・小間切れ睡眠
なんといってもこれでしょうね。
新生児って2時間おきくらいに眠ったり起きたりするんですよ。
お腹の中にいるときはもっとこのサイクルが短くて30分とか1時間とかだそうです。
ようはこのサイクルが時間を重ねることでだんだん長くなっていつか大人と同じように6-8時間ぶっ続けで寝られるようになるわけですね。
うちの娘は割とそこが早くて7-8か月のころにはすっかり夜から朝まで寝るようになりましたけどね。

新生児の時はやはり辛かったです。
たとえば20時くらいに寝てても、22時、そのあと0時、2時、4時、、と起きるわけですw
もちろんギャースカ泣いて起きるから、こちらは叩き起こされる状態。
そのたびにミルク用意。
奥さんが母乳出る場合は母乳、無ければキッチン行ってお湯沸かしてミルク作りです、奥さんの母乳の出が悪いこともあったので僕もよく作りました。
働いていたら超寝不足で会社にいくことになるでしょうね、僕は無職だったので大丈夫でしたけど。
参考までに過去記事もどうぞ
関連記事:2-3時間おきに起きてミルクの小間切れ睡眠。でもリタイア者には娯楽となる。

・体温調節が上手くないのでエアコン必須
新生児は体温が高くて平熱で37度以上あります。
なので夏だとめちゃくちゃ暑いらしいです、だからエアコン必須。
ウチは8月産まれだったのでもう24時間可動ですよ、電気代が上がりましたね、、、覚悟してください。
9月だともう結構涼しいかもしれませんけどね。

・おむつ、おしりふきは必須
出産に備えていろいろ用意するものはあるでしょうけど、この二つはマジで要りますね。
おしりふきは大容量パッケージで段ボール箱買いレベルで買って問題ないです、まあ使い切れるでしょう。
おむつも大量にいります、新生児は1日7-8回くらい替えることもあります。
でも一点注意すべきは新生児は体がどんどん大きくなっていくので、SSサイズみたいな小さいのを大量買いしちゃうとサイズあわなくなっちゃって捨てるはめになるかも。
ウチは親戚の甥でそういうハメになったおむつを結構もらえたので、そんなに買わなくてもよかったです。まさに知り合いに聞いてみるとあったり、お祝いでおむつケーキなるものをくれたり、案外初期は大量にあったりしますから自分で買うぶんは少ない可能性もあります。
どうしても緊急で必要になることも想定して近所の薬局などの場所は押さえておきましょう。

・首が不安定
良く言われるように、首が座ってないです。
つまりはグラグラで、首を手で支えないで抱くと重力のある方にぐらんと落ちて、最悪筋を痛めたりするので、そうならないようにきちんと首頭を支えながら動かしていました。
扱いに慣れてきた頃が危ないと思うのでずっと注意してください。

・沐浴に注意
もちろん自分で風呂には入れませんので、大人がいれてやることになります。
大人と同じ熱い湯船には入れないので、沐浴用のビニールのバスタブみたいなのか、タライみたいなのにぬるめのお湯を入れて洗うことになります。適温を温度計で計ります。
耳に水が入るとよくないらしいので気を付けて。
沐浴中に粗相をすることもあると思いますが、まあ笑ってやり過ごしましょう。

こんなところかな。

他にもいろいろあると思いますが、
とりあえず出産をお祝いして、育児楽しんでください。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ヤフープレミアム会員でナニワ金融道を読む

(2018-08-30)
毎度の事ながら無料招待が来たときだけヤフープレミアム会員になってる。
7月に入って今回は6か月で、12月までの予定。

プレミアム会員になったといっても毎回特にすることはなく、せいぜいヤフーショッピングでオマケの期間固定ポイントをもらえるくらい。
その期間固定ポイントも端数レベルだと意味もないので寄付しておしまい。
つまりあまり意味はないw

プレミアム会員といってもやることないな、とツイッターで言ったところブログ仲間の観楓さんから、漫画が無料で見られるよ、と教えていただいので試しに物色。

正直漫画はそれほど詳しくないんだけど、ナニワ金融道があったので読んでみることに。

この漫画、懐かしい。

僕は大学を卒業して最初に入った会社が金融業をやっていて、そこの営業をやっていた。
金融業といっても大手の銀行とかではなく、正直危なっかしい取引先が多かったので、支払いは手形でリ回収予定の全期間ぶん振り出してもらうことが多かった。
いわゆる手形担保だ。

手形なんて大学の時に商法とかそういう授業でちょこっと基本を勉強したくらいで正直実務的な細かいことはほとんど知らない。

そこで先輩社員に、新人の僕でも手形の事が良く分かる本を紹介してください、と言ったところ、

ナニワ金融道

と言われたんだよね。

へ?漫画?、って思ったんだけど、先輩の上司に聞いてもそうだし、なんと社長までナニワ金融道はいいぞ、って言ってた。
しかも会社の本棚にその時点で出ていた全巻用意してあるw

会社から借りればタダで読めるし、そんなに面白いなら読んでみるかー、と思って読み始めたらこれが面白かった。
ただ、いつしか会社の誰かが先に借りていた巻がなかなか帰って来ず、そのまま忘れてそれ以降は読まなくなっていた。
手形のことは結局本でも勉強しなおしたしね。

今ちょうど7巻くらいまで読んでて、ここらあたりから記憶が無いので、たぶん7巻から先を読んでないのだろう。

手形の事は面白くて、僕の仕事でも実際にナニワ金融道みたいなやりとりはあったよ。

僕:社長、この不動産担保じゃアキませんわ、銀行からノンバンクまで3番抵当までつけられとりますがな。ええ保証人でもおりまへんのか。
社長:あ、そやウチの娘、市役所で勤務してまんのや、あの子に保証人になってもろたらええんやけど、保証人なんか皆いやがりますからなー、身内もアカンやろ?
僕:公務員でっか!なら話は別ですよってに。社長、娘に手形の裏書してもろたらええでっせ、この裏面にちょこっとサインしてくれたらそれでよろしおますがな。
社長:あ、こちらがウチの娘ですわ
僕:!!(なんと上玉やがな!、公務員やし、これはオイシイで!)

・・・という会話はしておりませんw

まあ近いような事はあったけどね。
連帯保証人をソープに沈めて回収とかはやってませんから、はい。

にしても漫画がけっこう役に立つとは、漫画をナメててすいません、という印象を持ったね。

新入社員の僕と先輩社員とで倒産した会社に回収にいったこともあったし、さながら僕が灰原さん、先輩が桑田はん、という感じだったな。

という当時を懐かしみながら今もナニワ金融道を読んでいる。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

僕の苦手なタイプとは

(2018-08-29)
d33f3646.jpg

このような質問をいただきました。

いやあ、自分で言うのもなんですが、僕は人間が出来てるので大抵の人とは関わることができます。
ただし関わることが出来るだけで、内心このタイプは苦手だなあ、というのはあります。

それにしてもこの質問者さんはなぜあまり喋らない人、というのを例に挙げたんですかね、もしかして自分がそうなのかな。
喋らない人はこちらが一方的にしゃべることになるので、喉は疲れますね、そういう意味ではきついですが、人間的に嫌いってことはないです。
仕事で営業をしてた時なんて、相手が全く喋らない人とかってたまにいましたからね。
あれはキツかった。
うんともすんとも、相槌すら打ってくれないとほんと困りますw
僕が嫌われているのかなと思ったら他の営業に聞いてもあの人はそういう人だよってことなので、安心しました。

さて、本題。
苦手なタイプはそんなに居ないと言いましたが、あえて挙げるならこのタイプというのはあります。
ツイッターで簡単に返信しましたが、もう少し突っ込んでいくつか挙げてみましょう。

・横柄で上から目線で独善的な人
まあ、こんなタイプが苦手じゃないって人も少ないでしょうが、僕も苦手です。
偏見承知で言いますが、団塊の世代の男に多いんですよね。
もちろんそれより下の世代でもたまにいます。
これも程度問題である程度自分に自信を持ってるというのはむしろプラス要素なんですが、
とにかく相手を否定する、俺が正しい、お前は間違っている、俺の意見を聞け、異論は認めない、、、という主張でやってこられると話す余地がないです。
それこそ早期リタイアだの絶対に理解しないタイプですね。

・悲観的で愚痴っぽい人
はあ、明日の日本はどうなるんだろう、とか、このまま行ったら俺は、とか、家では嫁がどうだ、会社では上司が部下が、と。
悲観的な話や愚痴が大好きな人。
一緒にいて話す価値が無いですね。
居酒屋に行った場合、時間にして2-3時間、金額にして2-3千円くらい使いますが、これらのコストが全くの無駄と感じます。
話すなら、どれそれの新しい技術革新でこう未来が変わるとか、自分の生活はそれでこう良くなる、とか、仕事や趣味で新しいことに取り組んでて夢中だとか、そういう楽しい話がしたいんですよ。

・好戦的な人
何を話そうがとにかくマウントを取ってくる、俺の方が上だとかそういう感じですね。
人と話すことを何かの勝負と勘違いしてるんでしょうか。
何か事例的な話をすると、俺はもっとすごい話を知ってる!とかぶせてきたり、
こちらが何を話そうが、いやいやそうとは限らない、と数パーセントの例外でも持ち出して無理やり反論するとか。
こういう人にかなり疲れた経験があります。

・やたらと下ネタに持っていこうとする人
これもある程度は対応できるし、面白くやるぶんにはいいのでしょうけど、あからさまでしつこくやられると疲れてきますね。
お前の人生はそれ以外無いのかと。

・過去に生きる人
俺が若い時どうこうだったんだ、喧嘩をよくしたし、とか武勇伝語るタイプですね。
正直面白くないです。
過去はいいから今はどうなんだって話だし。
その過去の話が今のどこそこに生きてるってのに繋がるなら分かるんですが、単に過去の栄光の話をしてるだけ、これはダメだ。
大学とか学歴の話をやたらしたがるのも同じタイプですね。

・偏見が強い人
国籍、性別、出身地、いろんな属性でもってこうだ、と決めつける人が苦手ですね。
そういうイメージや先入観があるのは仕方のないことだし、一定の傾向があることは否定しませんが、全てがそうじゃないという発想がないのがすごい。
仮に目の前の人がそうじゃなかったら、という想像力が無いんですよね。
偏見の強い人は、自分はそうじゃないという説明をしても納得せず、自分の偏見に相手をハメようとします、これが恐ろしい。
例えば、目の前の米国人と話してて、米国人なのに何で陽気じゃないの、ジョーク言いいなよ、とか言っちゃったりするタイプです。
そりゃ暗い米人もいるわw
踊れない黒人もいるし、女を口説けないイタリア男もいるし、カレー食ったことのないインド人もいるだろ(たぶん)
これは自分が外に出た時を想像すれば分かるでしょう。
外国に行ったときに、えー、日本人なのに寿司握れないの?空手できないの?真面目じゃないの?漫画読んでないの?とか言われたら、は?って感じでしょう。
日本人全員がそんなわけないだろうと思いませんか。
それくらい想像力働かせてほしい。
血液型の話が好きなのもこのタイプが多くて辟易します、〇型だからこうに決まってるみたいなこと言われても鬱陶しいだけ。
最近はさすがにマシになったと思うがまだまだいますね。

長くなりました・・・
なんか挙げていったらまだ出てきそうですが、このあたりにしておきましょう。
なんだか書いてる僕が暗くなってきました。

冒頭で話したように、僕は基本的には誰とでも接する広さは持っています。
上記の例で挙げたタイプもややその傾向がある、くらいの人はOKで、重症レベルの人が苦手なだけです。
僕にも上記要素が皆無というわけじゃないでしょうしね、ようは程度問題です。

以上、僕が苦手なタイプでした。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

2018年金免除申請の結果、3/4免除になった

(2018-08-28)
関連記事:2018年金免除申請

ツイッターで皆さんの免除申請結果が流れてきてたので、僕もそろそろだろうな、と思って郵便受けみたらはがきがあった。

どきどきしながら剥がしてめくると、、

3/4免除

ということだった。

昨年に引き続き3/4免除。
奥さんがそこそこ稼いで納税もしてるもんだから世帯判定でどうしても全額免除にはならない。
3/4免除でもギリギリだと思う、一昨年は1/2免除だったし。

その点独身のリタイアラーはいいよね、前年収入がほとんどなく、確定申告で赤になってれば問題無く全額免除でしょう。

2,018年度の国民保険料月額16,340から計算すると、4,085円だね。
この二人分だから8,170円か。
払い込み用紙がそのうち送られてくるから届いたら払おう。

クレジットカードのnanacoチャージがあれこれ改悪されているので、僕の場合はリクルートカードの月額上限3万円でやりくりしたいところ。
月またぎのタイミングを使えば6万円になるし、たぶんいけるでしょう。

これでリタイア後の年金免除の流れは
2015年の退職直後の端数数か月は失業の特例でほぼ自動的に全額免除。
2016年は1/2免除
2017年は3/4免除
2018年は3/4免除
となった。

昨年は妊娠出産で奥さんが仕事をセーブしていたけど、今年はまた増やし始めているので来年は1/2になっちゃうかもなー。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘が産まれて1年経った

(2018-08-27)
関連記事:体外受精7回目(final) 誕生

この感動的な出産記事から1年が経った。
今見てもすごいな、FC2の拍手ボタンが39回、コメントが68(半分は僕のお返しコメント)
リタイアした時の記事でもここまで反響無かったよ。

誕生日にはお手製のシフォンケーキにホイップクリーム作って塗りたくって自作ケーキ。
それに数字の1の形をしたローソクを立ててお祝いした。

新生児の時は腫れ物に触るように丁寧に扱い、4-5か月目で首が座り、7-8か月目で寝がえりやハイハイが始まって、今はもう立って歩いてる。

ここまであっという間。

産まれたのがついこないだのような気もするし、逆に新生児の時の扱いなんてはるか過去のことのようにも感じる、とても不思議な感覚だ。

子供が生まれた事によって人生が激変した。
それまでのお気楽適当リタイアから責任を伴うものになった。
気が向いたらLCCチケットでも取ってフラフラ旅行、放浪するつもりだったが、それはもう出来ない。
じゃあ、残念からといったらそれはなく、子供が出来て大正解で、充実しまくり、幸せ一杯だよ。

独身や子無しだったらできたはずの娯楽が出来なくなって、親ペナルティという言葉もあるそうだが、それは全く感じなかったな。

だって、めっちゃ可愛いもんw

恒例のおてて
IMG_20180825_103602.jpg
前回6か月の時よりもだいぶ手首の輪ゴムが無くなったというか、しゅっとしてきたなあ。

もうこれが全て。

育児は二年目に入るが、また引き続き楽しんでいくよ。

女児は早ければ2歳の終わり頃には話したりするらしいので、何を話すかが今から楽しみ!
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク