FC2ブログ

自分が経験した海外でのトラブルなど

(2014-10-26)
前回の続き。
海外にはリスクを取って行くべきだし、多少のトラブルはそれらを解決したり切り抜けたりして経験になったり、その人のプラスになると思う。

僕は比較的政情安定の国、治安のいい国や地域を選んでいるので命の危険やサバイバルということはほとんどないが、多少のトラブルはあったので、それを振り返ってみる。

・ロンドンのパブで知り合ったイタリア系男に誘われる
プレミアやチャンピオンシップのサッカーを見るためにロンドンにいった。サッカー観戦以外は特にやることもなく、パブでだらだら。たまたま隣にいたイタリア系のシェフ(と本人が自称)と話があって、楽しく飲んでいたが、そのうち「俺の知っている場所にいこう」と言い出すので二人で店を出る。そのうち暗い道に入って、さらに暗い公園の中に入って行こうとするので、あ、これはヤバイかも?と思い、「わりい、予定思い出した」とか何とか適当に言い放ってさっさとまいて引き返した。
「おいおいあそこで楽しいパーティやってんだぞ、おっぱい出したお姉ちゃんがいるんだぞ!」ってわめいていたけど無視。
その後、しばらくしたらまたこいつにばったり会ったので後をつけられていたかも。
ホテルの人間に聞いたら、「このあたりは治安がよくないからねえ、行かなくて正解だったよ」と言っていた。
もし行っていたどうなったんだろう、身ぐるみ剥がれるのか、最悪命も危なかったのか。。。
怪しい人間にはついていかないように。。。

・NYでメガネ割れ詐欺に会いそうになる。
NFLのニューヨークジェッツの試合を観にNYにいった。試合の日以外はプラプラと街を歩いていたが、繁華街で男性と軽くぶつかった。突然この男が「あ、さっきぶつかってメガネを落としたせいでレンズが割れちゃったよ、一緒に店にいって弁償してくれ」と言い出した。僕としてはそんな大きな衝撃でもないし、それくらいで手から落とす方が悪いだろ、と言い返しながらしばらく口論状態で歩く。ラチが空かない状態だが、無視してさっさと小走りで歩き去ったらそれ以上は追いかけて来なかった。
後から他の知り合いでも同じような事があったらしく、どうやら有名な詐欺の手口らしい。真面目に付き合って店にいったら高額を請求されていたのだろうか。。。

・ロスで浮浪者にからまれる
20代前半のかなり若い時。後から知ったらそこはダウンタウンのリトルトーキョーあたりでかなり治安の悪いとこらしい。
そんなことも知らず、夜に独り歩き、明らかにきったない浮浪者が近寄ってきて、「ダンナ、カネめぐんでくだせえ」みたいにすりよってきた。目も明らかにおかしい。さっさと逃げたが、周りはそんなのばっかりw。後でガイドブックを読むと、夜は絶対あるいちゃいけませんって。。。まあ大げさだろうどね。近くの安ホテルに泊まっていたが、夜はパトカーの音が鳴りっぱなし。安いだけあるね。。。

・ロスで警官に職質をうける
これもロスでのこと、レンタカーを借りてのきまま旅だったので、ホテルは毎日適当に見つけたモーテルに泊まる日々。ある時、あそこのモーテルは空いてるかなあ、とノロノロ徐行運転していたら後ろで突然パトカーのサイレン。止まれ、というので脇に停車して、外に出る。このころはまだあのロス暴動の原因になったロドニー・キング事件も記憶にあたらしく、こちとら黄色い有色人種だし、あっちは白人警官二人だし、やべー、こりゃやられる、とかなり焦った。ただしトランシーバーで何やらチェックしたあとに「お前ら、行っていいぞ」とあっさり解放されたので、何事も無く。。。。
後から考えると何も焦る必要はないのだけど、なにぶん経験も無く、当時は焦った覚えがある。。。

多少危ない目にあったといえばこれくらいかな。
どれも大したことはないけど、若いときはこういうのも少し経験になるよ。

あとはタクシー運転手とのトラブルとか、地元のタチの悪そうな庶民とのやりとりでのトラブルとか、細かいことはいっぱいある。
それらを自力で一個一個解決していくと、それはそれで楽しい旅になる。

命を危険にさらすほどのトラブルはまずいけど、少々のトラブルは若い時に経験したらいい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

少々のリスクは承知で海外に行こう

(2014-10-26)
人生の暇つぶし、のらいくむさんが、少々のリスクはとっても海外に行くべきと書いていました。
私もそう思います。
そこで得られる経験は何物にも代えがたいです。
若い人には特に一人旅をお勧めしたいです。

ちなみに自分は今までどこに行ったかな、と振り返ってみると、こんな国々でした。
米国、英国、ドイツ、スペイン、ギリシャ、中国、香港、台湾、韓国、マカオ、タイ、インドネシア、ベトナム、インド、、、

あれ、こんなもんか、大して行ってないじゃんw
中継地として通過しただけ、とかを入れればもう少し増えるけど、あまり意味ないね。

アフリカや南米は治安極悪イメージと移動に時間がかかるので敬遠してきた。
サラリーマンの休暇はたかだか一週間なので、これらの地域は移動だけで2-3日消化してしまうので勿体ない。
リタイア後に資金と相談しながら行くことにしよう。

オセアニアも無い、たぶん自然とかマリンスポーツとかそういうのに余り興味が無いからだろう。
それに豪州は物価が滅茶苦茶高いらしいので、当然貧乏旅行の僕の選択肢には入らなかったのだろう。

中東も無い、、、これはいつか是非いきたい。
特にイスラム圏のラマダンは是非体験したい、夜はお祭り状態になるようだし、ラマダン明けのときは盛大な祭りも。
トルコあたりはいいかなと思う。
クウェートに奥さんの知り合いがいるからその人たちを訪ねるのもいいだろう。

東欧も無い、ただし人が冷たいイメージと気候も寒いとか、そういう印象、食文化もそれほど・・・。
まあ東欧のお姉さん達は綺麗だけどねえ、僕はもう結婚しちゃったからなあ。

西欧でもフランスやイタリアに行ってない、なんでか分からないけど、欧州はたまたまドイツに知り合いが多く、偶然ながら複数回ドイツに行ってるウチに逃した感じ。
フランスの凱旋門賞やイタリアのナポリあたりでパスタを食らうのはいつかやるべし。

ちなみに渡航回数上位は
1位 タイ 11回
2位 米国 5回
3位 ドイツ 5回

だと思います、タイの11回はうろ覚えをたどってもしかしたら12回かも、はっきりしない。
米国ははじめての海外がここ。アメフト観戦でいったのと、仕事でいったのと、新婚旅行もあった。
ドイツはそんなに行くつもりはなかったけど、たまたま友人ができてそいつらの結婚式とかでも行く羽目になり、また仕事で行くことも2回あった。

タイに関してはなんだかんだと安くて距離も比較的近いから気軽に行けるのが大きかった。
宿泊なんてゲストハウスでよければ一泊600円くらいであるしね。
LCCが充実すればこれからも沢山いくでしょう、現地友人も結構できたし。
それにタイのいいところは世界中からバックパッカーが集まっているところ。
つまりタイに行きながらも、実は世界中の人たちとお話交流できるのだ、カオサンなんてメッカですよね。
男が一人旅でタイ?となるとそっち系の遊びを連想させるらしいけど、僕はそんな事全くしないんですよ、いやほんと。
ビール片手にのんびりダラダラ、適当に知り合った人たちとお話するのが好きなだけなのです。

海外では少し危ない目にあったこともあるけど、それらも全ていい思い出だなあ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

体外受精1回目

(2014-10-26)
これから不妊治療で結構カネがかかる
の続きというわけで、昨日病院にいって一回目のトライ。

3日目に奥さんが病院で「卵胞が育っているので土曜日に来てください」と言われ、
二人そろって病院へ。
朝イチ8:00に来いというから6:00起き、眠い。。。

そして毎度のことだけどこの手の病院はめちゃくちゃ待たされる。。。
全て終わったのは12::00前、半日は潰れると思ったらいい。

奥さんは卵胞を二つ採取、ただし取ってみたら大きいほうの卵胞は空っぽで卵なし!
保険で取った小さい方の卵胞に未熟な卵が一個あったらしく、こちらでやることに。

この時点で確率はかなり落ちた。
卵に精子をふりかけるだけと、選別して顕微鏡で一個えらんで卵に放り込む方法と二つあるが、
今回はふりかけるだけを選択。
これに僕の精子をパラパラっとふりかけて、一晩放置。

今朝電話で確認して、
不受胎、でした。

ところで僕の精液スペックは
精液量4.7ml、精子濃度70×10の6乗、精子運動率66%、精子奇形率79%
標準値は左から、1.5、15×10の6乗、40%以上、95%以下
なので全てクリア!

十分能力のあることはわかりました。
種無しではありません。

3年ほど前にも調べたことがあるけど、その時も問題ありませんでした。

今回治療費は約13万、ポーンと消えた。。。
次回はまた1か月くらい先だろうけど、奥さんの生理が予定通り来ないから年内あと一回くらいだろうか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

年金について

(2014-10-25)
リタイアブログを周回していると、当然ながら年金の話題も多い。

年齢で分けると、
40代以下、あきらめている、出ないものとして無視。
50代以上、もらえる時期が迫ってきているので現実的思考で試算などをしている。

の二つかな。

僕もやはり、まだ40になったばかりで支給開始を遠い先のことと思っており、まだ真面目に考えていない。
ていうか多くの若者がそうであるように、もう出ないものとしてあきらめの境地に近い。
今給料から差っ引かれている年金保険料も自分がもらうものといよりは、今の受給世代をささえるための重税くらいにしか思っていない、いわゆる賦課方式だからね。

これを一回チャラにして、個人勘定にしてくれたら俄然真面目に考えてもいいんだけど、まあできないでしょうね。
受給資格期間は25年から10年に短縮されるという話だから、もう満たしているので、退職したらさっさと支払い免除みたいな状態ににしてしまうかな。

もし現行制度の中でもらうとしても70歳繰り下げで受給額を増やす方向で考えるだろう。
いやもう自分の頃には75歳、いや80歳まで繰り下げできたりして。。。
仮に年金がゼロだとしてもなんとか食っていけるくらいに資産形成をするつもり。

若い人は国の年金もらえるなんてラッキーくらいにしか思ってない人は多そうだ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

不妊治療には助成金が結構あった

(2014-10-24)
昨日、これから不妊治療で結構カネがかかる、の記事でこれから100万以上カネがかかるぞー、と思いを書きました。
いろいろと応援コメントありがとうございます。

が、いきなりですが、訂正というか、意外とカネはかからないかもしれないという話。。。

昨日のコメントの中で、オトセツさんから助成金について言及していただいた。
そろそろ助成金についても具体的に調べておこうとネットで調べ、さらに今日、電話で都と区に確認した。

どうやら結構カネが出るらしい、カネが出る、と書くとイヤらしい言い方だけど、いやわりと出るんですよ、これが。

東京の場合は二階建ての仕組みになっており、都が1階で区が2階部分のようなイメージ。
まずは都の助成金に申請をする。
治療によってA-Fくらいまでランク付けされており、女性の年齢が40歳未満でランクAとかBの治療なら1回で最大25-20万出る、実費なので毎回最大額をもらえるわけではない。
それが通算で6回ぶん出るので、20万×6だとすると120万も出る。
それでも足りない部分は区に申請を出すことになり、この場合は一回きりだけど15万ほど出るらしい。
つまり健康保険の対象外だから一時的には個人で丸々負担するが、この助成金制度を利用すればかなりの部分(場合によっては全額?)くらいが帰ってくる。
もちろん都道府県によって助成金の仕組みや金額は違うようなので、自分の地域の行政にしっかり確認をしたほうがいいでしょう。
なお東京の場合は収入制限が夫婦合計で730万、これを超えたら対象外。
ただし支給額ではなく、税金など控除した後だから、僕の場合はなんとか大丈夫かな、奥さんはパート程度だし。

なーんだ、これなら費用の心配はあまりしなくてもいいじゃないか、と。
まあ、そりゃそうだ、少子化対策とか言ってるんだから、これくらいはして欲しいよね。
それに地方税もアホみたいに払ってきてるんだから、これくらいの恩恵はもらったっていいだろうw

必要な申請書類は都のウェブサイトからダウンロードできるし、
あとは病院からもらう証明書やレシート、夫婦の収入証明としての源泉徴収票とか住民税の証明書とか、婚姻関係証明のための戸籍謄本と住民票などでOK。

こういうのは申請のタイミングとか期限とかもあるから忘れないようにしっかりと提出しなくてはいけない。

面倒だけどもらえるもんはしっかりもらっときます。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク