FC2ブログ

娘の可愛い瞬間

(2018-12-18)
せっかく子供も出来て育児もしてるのでそれ的な事も書いてみたい。

セミリタイアして子供を作ったなんて超少数派なので、共感は全く得られないだろうが。
早期リタイアを目指すためには家庭などいらぬ!ましてや子供など!
と思っている方に、いやいや子供は可愛いよ、と伝えておきたい。

・お風呂に入れる時。
娘を風呂に入れるのは僕がやることが多い。
12月から短期で働いているので2月までは奥さんがやることも増えるが、今でも定時で帰って間に合う場合は僕が入れている。
ちょっと水を怖がるところに脚からゆっくりお湯をかけて、頭も濡らす。
そのまま子供用シャンプーで頭から全身を洗う。
そして頭からシャワーでじゅばあっと流すと顔にもモロにかかって、ここで、うえっ、うえっ、嗚咽ぎみに泣くんだよね。
ギャン泣きではないよ、軽くね。
これが可愛いw
その後湯船につかってお見合い状態でご機嫌で遊んでる時も最高に可愛い。

・帰宅時にお迎え的に寄ってきた時
1歳を超えたあたりから歩けるようになったので、帰宅するとたまに玄関まで来ることがある。
えへへーっと笑いながら寄ってくるとこれは最高に可愛いよ。

・絵本を読む時に膝の上に座る
奥さんが買ったものや人からもらったものなど絵本がかなりある。
そのうちお気に入りを持ってきて奥さんや僕にほいっと突き出すことがある。
これを読んでくれってことなんだろう。
その時、膝の上にぽんと座って、さあ読んで、という顔をする。
これが可愛い。

・地団太をふむとき
何か不機嫌なことがあると漫画みたいな地団駄を踏むことがある。
うえーん、どたどた。
これが可愛い。

・寝顔
平和な顔をして寝てる顔を見る時。
これもかなり可愛い。

他にもあるが、こんなとこかな。

もちろん裏には大変なことも一杯あるのだが、この可愛さで差し引きゼロでしょう。

社畜のサラリーマンお父さんが
「家族の幸せが俺の幸せだよ」「子供の笑顔を見るのが最高」
とか言ってるのを聞いて、

プっ、社畜が何言ってんの、日常の苦しさをそんな台詞で紛らわせて現実逃避乙!
なんて僕も思ってたことがあるんだけど、今となっては彼らの言ってる事も理解できるなあ。

子供好きだし欲しいけど、早期リタイアのためにはあきらめる、という人にはなんとかして両立して欲しいな。
僕がその先例を作ってるつもりで頑張るよ。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

もはや産後ではない

(2018-11-25)
タイトルはもちろん、もはや戦後ではない、のパクリなんだけど、まさに今そんな心境。

去年の娘の出産直後は奥さんが大変だった。
癒着胎盤もあったので、それをはがして、以降残余物が癌化しないか定期チェック。
それも1年後くらいにもう問題無しと最終判断。

出産後、家に帰ってからはなんとなくもにゅもにゅ動くクリーチャーな感じを腫れ物に触るように丁寧に扱って。
出にくい母乳をなんとかあげたり、慣れない中服を着せたり脱がせたりおむつ交換したり、沐浴させたり。
2時間起きの小間切れ睡眠、ミルク作成で毎晩たたき起こされた。

4-5か月たってようやく首が座って抱きまわしがラクになったが、まだウーウーわめくだけのぬいぐるみみたい。
この時は全体的に丸くてふわふわしてて一番可愛かった気はするけどね。
でもまだお世話させていただいているお客さん状態。

8か月ごろからハイハイ、つかまり立ちから、1年経つとすっかり歩くようになって、今はもうほとんどコケずにどこまでも歩いていける。
睡眠も夜に寝かしつけたら朝まで寝るようになっているので夜中に起こされることはあまりない。
風呂は一緒に入って遊ぶことができる。
発声はただのうめき音からだんだん複雑になってきて、もう言葉を話しているように感じる。

実際こっちの言葉を少しは理解するようになってて、えほん、と言えば絵本を持ってくるし、父母の名前は憶えて写真を指差したりする。
言葉をいくつか話し始めるのももう少しだろう。
かなりコミュニケーションができるようになってきて、これはいよいよ人間になってきた。

世話するだけ可愛がるだけの愛玩動物から、人としていろいろ教えたりする段階になってきた。
家族の一員という感じがする。

もはや産後ではない。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘はもう自分を父親として認識している

(2018-11-09)
先日友人がウチに遊びに来た時のこと。
僕が適当にご飯を作っておもてなし、二人で飲んでいた。

後から奥さんと娘が外出先から帰って来た。

娘が僕と友人がテーブルに座ってるのを見て、なんだか不思議そうな顔。

すぐにニコニコ笑いながら走ってきたが、友人のほうには行かず僕の方へ。

それも僕の背後に隠れておそるおそる友人を見る感じ。

もう人見知りをしている!
しかも僕を父親と認識しているんだな、他人と区別がつくみたいだ。
まあ一番懐いているのは奥さんだけどね。

公園でも何かビックリすることがあった場合、焦って泣きながら僕の方に来たことがあった。

1歳2か月程度だがもうかなり成長してきたと感じる。

あと半年もしたら言葉も話しそうだ。

セミリタイアしてこうしたちょっとした変化にも付き合えるのが嬉しい。

仕事で忙しいと帰ってきたら寝てる娘を見るだけの日々だったろうからね。
中には顔を忘れられるお父さんもいるらしいw
毎日終電とか出張とかでロクに子供の顔もみられないとか。

そんなの、なんのために働いているか分からないよ。

毎日楽しくて仕方ない。

でも12月から派遣で3か月働くので、自分ももしかしたらそういう顔を忘れられるお父さんの気持ちを味わうのかもね。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ワンオペ育児はキツイです

(2018-11-05)
先日、奥さんが昼過ぎから夜遅くまで出かけるというので、僕が一人で子守。
諸事情で保育園を休んでいたので日中ずっとお相手。

昼寝の後に起きたらグズるし、外に連れていってもわめくし、ずっと目は話せないし。
抱っこしても10kg近くあるし。

それに加えて自分が風邪気味だったこともあってさらに疲れた。
これが会社だったら体調悪いから有休ってこともあるけど、育児には休みも許されない。

飯の用意も後片付けも歯磨きから寝かしつけも全部ひとりでやると本当疲れたな。
もっともお互い様で僕が出かけることもあるんだけどね。

たまにやるぶんにはいいけど、これを1年365日は無理だ。
子供が二人も三人もいたらどうなっているんだって思う。

保育園には感謝。

セミリタイアして家にいることがほとんどなので問題ないが働いていたらストレスたまって仕方なかったと思う。

セミリタイアと子育ての相性は良い。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

指差しができるようになった

(2018-10-11)
ウチの娘。

先月あたりから頻繁に指を差すようになってきた。

うー!、とか言いながらピシっと何かを差す。

よくあるのは抱っこしてて、そっちに行ってもらいたい時。
だからこちらは素直にそちらの方向に移動してあげる。

そうすると嬉しそうにその対象物を触ったりする。

次に食べ物が欲しい時。
テーブルにある豆腐を指さしたりする。
それだ!、それが食べたい!と言ってるみたい。
実際食べさせるとすごくにっこり。

あと、パソコンのキーボードを触るのが好きみたいで、よく指を差してる。
触らせるとすごく喜ぶ。

保育園の行き返りでも、クルマや電車や建物をよく指さしてる。
そのたびに、あれはクルマ、これは電車、と教えている。

まだ言葉は話せない。
しかし少しづつ意思疎通ができるような下地が出てきた。
この感じ、たまらないね。

でも知らない人をいきなり指さすのはやめてほしいな。
ビシっと、おい、そこのお前!とやってるみたいだ。

人を指さしちゃいけないよー、と教えないといけない。

単なる可愛いペットから、だんだんとヒトになってきた。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク