FC2ブログ

ミルクが要らなくなり、大人と同じものが食べられるようになってきた

(2018-09-19)
1歳を過ぎたばかりの娘の成長が目覚ましい。

最近ミルクをほぼ飲まなくなった。
直近に購入した缶がまだまるまる1缶残ってるのだが、ちょっと勿体ないなw
非常食として置いておくか。

段々と飲む量が減っていって、というのなら分かるが、ある日突然要らなくなったのよね。
離乳食の食後にぎゃんぎゃん騒いでミルクを要求してたのが、突然要らなくなった。

保育園でも、もう飲まなくなりましたよ、とある日突然言われた。

ある日、試しに晩御飯後にミルクを飲ませないでおいたら、何も文句を言わず、そのままご機嫌に過ごしてスースー眠る。

これはもう完全食といってミルクが要らない段階になったようだ。

ちなみに哺乳瓶ではなく、数か月前からストローマグというのを使っている。
今ではこれで水やお茶を飲んでいる。

ミルクを飲まなくなったと言う事は乳幼児のお世話の1タスクが無くなったってことだ、これは有り難い。
6月に沖縄に旅行行ったときは粉ミルクを缶で持って行ってたからね。
ああいう装備が一ついらなくなったわけだ。
あとはおむつだね。
おむつは重たくないし、場所さえ確保できればどうってことはない。
旅行に行くのが少しラクになったぞ。
airbnbの大量ポイントがあるので、来年、年明けすぐにでもどこかに行く算段をしよう。

粉ミルクってのはかなり高いから会計にも助かる。

もう大人と同じものが食べれるようになってきたので、離乳食も特別に作らないで、薄味につくって、子供のぶんだけ細かく刻めば良さそうだ。
もっとも僕の普段の食事は保育園の離乳食より薄味なくらいだからこれまでと変わらずで良い。

おむつが取れるのはかなり個人差があるそうだが、こちらも出来るだけ早めにお願いしたいなー。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘がかなり歩くようになった

(2018-09-14)
こないだハイハイからつかまり立ちしたような気がするんだけど、
気が付いたらもう数歩は歩くようになって、そして最近はもう10歩でも20歩でも歩けるようになった。
たまにコケるけどね。

まだ1歳と1か月未満なので、ちょっと早い気がする。
このあたりの発達はけっこう個人差があるようで、ウチの娘は体格はかなりいいみたいだ。

ウチの住まいはけっこう狭いので、端から端まですぐに到達するし、子供が余計なエリアに行かないように、幼児向けの障壁板を買ってそれで囲っているから彼女の活動域はかなり狭い。

そのせいか、家にいるとすぐにグズり出す。

気候も猛暑が終わって結構よくなってきたので、家から外に出して散歩させている。

平日は保育園がこれをやってくれているわけで、土日は自分たちでやることになる。

出来るだけクルマの通らない見通しの良い道を選んでそこまでは抱っこで連れて行ってそこで歩かせる。

すごくご機嫌で歩くので、やっぱり人間はこうやって歩き回るのが快適にできているんだろうなと思ったよ。
いくらリタイアして自由、といっても家に引きこもりはやっぱり精神的におかしくなるのでたまには外に出た方が良い。

娘が歩く動画も新しいスマホでばっちり撮ったし、これを親戚に見せて喜んでいる。

それにしても可愛いねー。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘にいつ資産状況の話をするか

(2018-09-08)
c63f3cea.jpg

このような質問をいただきました。

まず経済情勢は刻一刻と変化し、先の予測は誰にもできません。
そもそも僕が娘に遺産を残せるかどうかも分からないわけです。

ですので、ここでは人類に核戦争などの壊滅的な悲劇が起きず、世界経済は上下動はあるものの順調に推移し、僕の資産は適切な運用がある程度実行され、また僕自身がある程度の年齢、例えば70歳とか80歳とかそれ以降まで生きた場合を想定します。

となると相続が発生するのは今から30年後とか40年後の話ですね。

この間、ウチの娘が、「ウチの親父まだ生きてやがる、早くいかねーかな、くそ」とか思いながら過ごしていたら最悪ですよねw

娘にはやはりまともなきちんとした自立した人間としてしっかり育って欲しいという希望があります。
そのためには親の遺産をアテにして自分は働かないとかそんなダメ人間にしてはいけません。
お前だって働いてないダメ人間だろうが、とかいう突っ込みは無しでお願いします。
僕はサラリーマンを苦節20年やって節約と投資でこの状況を作り出したわけです。
親からの巨額の遺産だの宝くじだのに当たったわけじゃないですからね、ほぼほぼ僕の努力ですから。

さて、親の遺産をあてにして自分は金遣い荒く貯金ゼロとか、最悪はロクに働いたこともないクソニート。
世間にはそういうダメ人間がたまにいますが、あれは親も悪いのです。
子供を甘やかしてきたんですよね。
こういうのは中途半端な金持ちに多い印象です、見栄があって派手な生活をしています。
そこそこの家を建て、家具もそろえ、高級なクルマも保有し、頻繁に外食もして、子供にもモノを買い与える。
僕からすれば最悪の生き方をしています。
彼らからすればそれが世間へのアピール、俺たちはいい暮らしをしているぞ、上の層だぞ、どうだ!と。

こういう環境で育った子供は当然わがままで要求も高くなります。
ウチの両親はそこそこ裕福なんだし、もっとねだろう、もっとタカろう、となります。

でも給料がちょっと良くても所詮はサラリーマン程度、遺産なんて実はたかがしれています。
それを兄弟みな依存体質みたいな息子たち娘たちからアテにさて、最悪は兄弟間で争う。
まあウチは一人娘ですから、兄弟は居ませんが。

いずにしても悲惨なストーリーです、根本は派手な生活をして子供を甘やかした親にあります。

しかしここまで読んでこういった心配が僕にはほとんどないことが分かるでしょう。
僕はセミリタイアラーです。
カネはあまり無いのに早期リタイアなんかしちゃって、その後に子供まで作っちゃった。
早期リタイアを目指したその延長線上で今も節約生活を続けています、たぶんこの後も一生といっていいくらい続けるんじゃないでしょうか。
部屋は親子三人がぎり暮らせるぐらいの賃貸、もちろん居住エリアは高級とは言い難い平民クラスのとこでしょう。
家具も必要最低限、服も僕はよれよれのTシャツなんかを平気で着ていて滅多に買いません。
外食はほぼしませんし、スーパーに買い物にいけば、今日の特売はこれ、お、見切り品で安いのがあったぞ、ラッキーと小躍りして手に取ります。
娘よ、やったぞ、今日はさんまが90円台で買えた!、お祝いムードだ!
とまあこんな家庭で育つわけです、これで遺産があると思うわけがありませんw

学校だって出来れば公立に行ってもらうつもりですし、塾や習い事も最低限だけ。
ウチの親は貧乏なんだー、と思うかもしれませんが、それくらいでいいのです。

冒頭にあげたような条件で世界情勢に大きな問題はなく、僕の資産運用がなされていけば70-80歳になるころにはそれなりの規模になっている可能性があります。
生活費は僕の派遣労働その他奥さんからの仕送り等でまかなうと現状運用してる資産がそのまま増えていくかもしれません。
もし年間運用利回りを3%で計算しちゃったらえらいことになります、70歳で1億超えてますし、その後もどんどん増えます。
まあ途中で大きな出費があるかもしれませんし、机上の計算通りにいくわけはないですが、可能性はあります。

いつか娘に伝えようかと思いつつ、上記の理由もあって、娘が十分な理解力を得られるまで資産の話はしないのがいいと思っています。
これは奥さんとも話しています。
何かあっても「ウチは貧乏だから」と言っておけばいいと。

奥さんか僕かどちらかが逝き、さらに残ったほうが余命宣告を受けるとか、そろそろだなと察した時。
その時に伝えればいいと思っています。
娘はもう成人して自分の人生を歩んでいるでしょう。
親には遺産なんか1円もない、とか思ってるかもしれませんし、なんにもアテにせず自由に適当にやっていると理想的です。

その時にまとまった額が入って来れば驚くかもしれませんが、身を亡ぼすこともないはずです。
なんなら具体的な額は最後まで言わず、本人が手にしたときに知ればいいとも思っています。

ということで、冒頭の質問の答えは、
出来るだけ後に、自分たちの最後の瞬間か、終わったあとに遺書で知らせるぐらいでもいい
です。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

新生児を育てる人にアドバイス

(2018-08-31)
3c224ece.jpg

こんな質問をいただきました。
ツイッターで答えきれなかったのでブログ記事にします。

それにしても僕らが新生児を育て始めたのも、もう1年前ですよ、月日の流れるのが早い。
正直かなり過去のように感じます。

いくつか思い出して、いろいろと注意点、アドバイスしたいことを書いてみます。

・小間切れ睡眠
なんといってもこれでしょうね。
新生児って2時間おきくらいに眠ったり起きたりするんですよ。
お腹の中にいるときはもっとこのサイクルが短くて30分とか1時間とかだそうです。
ようはこのサイクルが時間を重ねることでだんだん長くなっていつか大人と同じように6-8時間ぶっ続けで寝られるようになるわけですね。
うちの娘は割とそこが早くて7-8か月のころにはすっかり夜から朝まで寝るようになりましたけどね。

新生児の時はやはり辛かったです。
たとえば20時くらいに寝てても、22時、そのあと0時、2時、4時、、と起きるわけですw
もちろんギャースカ泣いて起きるから、こちらは叩き起こされる状態。
そのたびにミルク用意。
奥さんが母乳出る場合は母乳、無ければキッチン行ってお湯沸かしてミルク作りです、奥さんの母乳の出が悪いこともあったので僕もよく作りました。
働いていたら超寝不足で会社にいくことになるでしょうね、僕は無職だったので大丈夫でしたけど。
参考までに過去記事もどうぞ
関連記事:2-3時間おきに起きてミルクの小間切れ睡眠。でもリタイア者には娯楽となる。

・体温調節が上手くないのでエアコン必須
新生児は体温が高くて平熱で37度以上あります。
なので夏だとめちゃくちゃ暑いらしいです、だからエアコン必須。
ウチは8月産まれだったのでもう24時間可動ですよ、電気代が上がりましたね、、、覚悟してください。
9月だともう結構涼しいかもしれませんけどね。

・おむつ、おしりふきは必須
出産に備えていろいろ用意するものはあるでしょうけど、この二つはマジで要りますね。
おしりふきは大容量パッケージで段ボール箱買いレベルで買って問題ないです、まあ使い切れるでしょう。
おむつも大量にいります、新生児は1日7-8回くらい替えることもあります。
でも一点注意すべきは新生児は体がどんどん大きくなっていくので、SSサイズみたいな小さいのを大量買いしちゃうとサイズあわなくなっちゃって捨てるはめになるかも。
ウチは親戚の甥でそういうハメになったおむつを結構もらえたので、そんなに買わなくてもよかったです。まさに知り合いに聞いてみるとあったり、お祝いでおむつケーキなるものをくれたり、案外初期は大量にあったりしますから自分で買うぶんは少ない可能性もあります。
どうしても緊急で必要になることも想定して近所の薬局などの場所は押さえておきましょう。

・首が不安定
良く言われるように、首が座ってないです。
つまりはグラグラで、首を手で支えないで抱くと重力のある方にぐらんと落ちて、最悪筋を痛めたりするので、そうならないようにきちんと首頭を支えながら動かしていました。
扱いに慣れてきた頃が危ないと思うのでずっと注意してください。

・沐浴に注意
もちろん自分で風呂には入れませんので、大人がいれてやることになります。
大人と同じ熱い湯船には入れないので、沐浴用のビニールのバスタブみたいなのか、タライみたいなのにぬるめのお湯を入れて洗うことになります。適温を温度計で計ります。
耳に水が入るとよくないらしいので気を付けて。
沐浴中に粗相をすることもあると思いますが、まあ笑ってやり過ごしましょう。

こんなところかな。

他にもいろいろあると思いますが、
とりあえず出産をお祝いして、育児楽しんでください。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

娘が産まれて1年経った

(2018-08-27)
関連記事:体外受精7回目(final) 誕生

この感動的な出産記事から1年が経った。
今見てもすごいな、FC2の拍手ボタンが39回、コメントが68(半分は僕のお返しコメント)
リタイアした時の記事でもここまで反響無かったよ。

誕生日にはお手製のシフォンケーキにホイップクリーム作って塗りたくって自作ケーキ。
それに数字の1の形をしたローソクを立ててお祝いした。

新生児の時は腫れ物に触るように丁寧に扱い、4-5か月目で首が座り、7-8か月目で寝がえりやハイハイが始まって、今はもう立って歩いてる。

ここまであっという間。

産まれたのがついこないだのような気もするし、逆に新生児の時の扱いなんてはるか過去のことのようにも感じる、とても不思議な感覚だ。

子供が生まれた事によって人生が激変した。
それまでのお気楽適当リタイアから責任を伴うものになった。
気が向いたらLCCチケットでも取ってフラフラ旅行、放浪するつもりだったが、それはもう出来ない。
じゃあ、残念からといったらそれはなく、子供が出来て大正解で、充実しまくり、幸せ一杯だよ。

独身や子無しだったらできたはずの娯楽が出来なくなって、親ペナルティという言葉もあるそうだが、それは全く感じなかったな。

だって、めっちゃ可愛いもんw

恒例のおてて
IMG_20180825_103602.jpg
前回6か月の時よりもだいぶ手首の輪ゴムが無くなったというか、しゅっとしてきたなあ。

もうこれが全て。

育児は二年目に入るが、また引き続き楽しんでいくよ。

女児は早ければ2歳の終わり頃には話したりするらしいので、何を話すかが今から楽しみ!
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク