FC2ブログ

保有株の貸株金利が1日100円超えてる

(2021-01-14)
楽天証券の貸株金利画面
rakutenkasikabu01.png

関連記事:貸株金利がチャリンチャリンからペランペランになりました

この記事から8か月ほど経ったが、とうとう1日あたりの金額が100円超えてる。
12日時点で105.83円。
たしか先月12月の中頃にもう100円超えてた気がする。

1か月で千円札2枚になった時も嬉しかったけど、今回、1日で100円超えたのも嬉しいな。
1か月3千円ペース、年間なら36,000円ペース。

36,000円というとウチの1か月の食費くらいなので年間のうちひと月ぶんの食費は貸株金利で稼いでくれていることになるね。
1日100円といっても馬鹿にならないのですよ。

この株高だから貸株金利もどんどん増えていって、含み益部分にかかってる金利はタダもらいしてる気分。
コロナショックで仕込んでそこから戻って来た日本株ももちろん貢献してる。

いつまで続くかな。

各証券会社の投信保有のポイント還元はめちゃくちゃ改悪されてるのでS&P500などの同じ指数投資するにしても今はこうやってETFで貸株金利もらうほうがいいね。

次は1日200円になったら記事にしようかな、、、いやそれはさすがにないか、今の倍の株式保有資産にならないといけないし。

ジワジワとでも増えればお小遣いが増えていく感じでとても気分がいいよ。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産状況2020/12/末時点 2か月連続で資産最高額を更新

(2021-01-02)
asset20201231.png

12月も良かったねえ。
僕としては益出しクロス以外は特に何をやるわけでもなく。
何もせずホールドしてるだけなんだけど結構上がってくれた。

前月比プラス3.39%、金額にして191万円強の増加。

2か月連続の資産最高額更新なので今月の増加分がそのまま記録更新ぶん。

いつまで続くんですかね、この株高。
コロナがおさまらないうちは経済対策がバンバン出てゼロ金利も維持だから上がり続けるのかな。

2020年の締めなので年初来も確認しておくと
昨年の12月末が53,431,498だったので
約9%増加。
なんとあれだけの暴落がありながら年初来プラスで終えた。
ちなみにコロナショックで一番凹んでいた3月末からは22%増加でした。
やっぱり市場に居続けることが重要なんだなあと再認識できた1年だった。

保有割合はこうなった。
asset20201231graph.png
とうとう新興国株が6%になり、僕の保有ルール5%を超えたので1月は1658の定期買付はストップしてみようと思う。
いよいよ刈り取り時期になるのか、場合によっては売却して他の資産に乗り換えることにする。

では、また来月。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

株の含み益が一杯あったので益出しクロスをしました

(2020-12-15)
今年は皆さん投資成績はどうですか。

って、まあ普通に現物を持ってる人はかなりプラスでしょうね、なんせこの株価情勢だし。

僕もかなり含み益が増えてきた。
主力の1655はもちろん2-3月のコロナショック時に仕込んだ日本株に含み益が乗りまくっている。

このまま年を越したら勿体ない、しっかり益出しクロスをしておこう。
年末というと損出しクロスが有名だけど僕は益出しもかなり重要だと思ってる。
買値を切り上げることになるから将来の節税になるよね。
しかも僕は働いてないから基礎控除ぶんは益出しをしても取られた税金は翌年の確定申告で戻って来るのでつまり非課税で益出しできるようなものでしょ。

2020年ぶん、つまり来年の確定申告から基礎控除は48万円。
それまでの38万円から10万円増えたんだよね。

2-3月のコロナショック時に投資信託を売却して1655に移し替えた時に7万円ほど損失が発生していたのでそれを合計したらこの12月で55万円ほどは益出しをしても実質非課税ということになる。

ということで保有日本株のうち特に利益率の高い4銘柄ほどを使ってせっせと益出し。
やり方は別証券会社で寄り付きの成り行きで売りと買いをやる方法があるけど、買い付け余力を送金するのが面倒だったのと、今回はあえて同じ楽天証券内で当日売って翌日買い戻すという方法でやってみた。
普段滅多に売買しないからちょっと遊ぼうというわけ。
もちろん楽天証券の売買手数料無料範囲内(12/7から100万円)でやることにより手数料はタダで抑える。

翌日に買いもどす理由は、同じ現物株を同日に売りと買いがあった場合、買いのほうから先に計算されてしまい買付単価が上がってしまうから益出し効果が薄れるらしいので。

結果は、、、ちょい負け。
翌日買い戻す段階になって前日より少し値段が上がってしまうことが多かった。
この上げ相場のなかだから仕方ないか、失敗。
まあ金額にして1万円程度のロスなので戻って来る税金を考えたら全然問題ありません。

それよりも精神的なストレスのほうが問題かな。
騰がっちゃった、やばい買い戻せない、ええい指値をもうちょっと上げるか、いや待つか、、というやきもきした時間帯があったのでこれで疲れてしまった。

来年は普通に他証券を使って寄り付きでやろう。
と言ってみたものの、今年の年末みたいに利益出し放題の状況なんてそうそうないよね。

年末まで待たずに利益があるうちにやってしまうのも手だけどそうなると確定申告までの期間があくから資金効率的に微妙なんだよなあ。

まあ来年は来年で臨機応変に適当にやります。

しっかり約55万円ぶん、実質非課税枠の益出しが出来て今回は満足。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

楽天証券も1日100万円まで現物株手数料が無料に

(2020-12-05)
rakuten100.png

楽天証券が現物手数料の売買100万円まで無料に拡大。

詳細はこちら
国内株式手数料「いちにち定額コース」の無料範囲拡大!1日あたり100万円まで無料!

少し前にSBIが拡大してたからそれに追随したね。
それにしても12月7日からとは、、、
楽天は12月からだってさ!という情報を得た人は多いと思うのでもしかして勘違いしてこの1週間で50万円を超える取引しちゃった人いるかな、いたとしたらまんまとトラップにかかったような。
楽天のやることだから常に油断は禁物、しっかり判断しないとね。

僕が100万円以上の売買をすることは滅多にないので、現物株しかやらない僕はこれから手数料を払うことはほとんどないでしょう。

またコロナショックみたいな大幅下落がきたら日本株をちょいちょい仕込むのでその時に役に立ちそう。

どんどん無料範囲が拡大して近い将来手数料はゼロになるでしょうな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産状況2020/11/末時点 資産最高額を更新

(2020-12-01)
asset20201130.png

10月は月末にかけて下がり続け、11月の米大統領選挙でどうなるかなと思ったけど、結局上がりまくったね。
共和党だろうが民主党だろうが、どっちの情報が流れてこようが上がっていたのでもうカネが余ってるんでしょう、市場は。

前月比プラス6.28%、金額にして333万円弱の増加。

関連記事:資産状況2020/8/末時点 資産最高額を大幅更新
この時以来の最高値更新、金額にして102万円ほど記録更新。
今回は上記記事の8月末時点に次ぐ上げ率と上げ幅。

ただ、贅沢なもので、上げまくったわりにはこんなものかなー?という気もしてる。

前回の最高額更新後は思いっきりイキり天井を食らったので今回はおとなしくしておきます。
何度も言ってるようにどんどん増やすことが目的ではなく、生活費使っても減らずに推移すれば御の字くらいに思ってるのでこのまま平穏でお願いします。
僕の投資は基本的にガチホールドなので市場の動きそのままに左右される。

保有割合はこうなった
asset20201130graph.png

とうとう現金が30を下回って28%になったね、株がしっかり伸びたから相対的に小さくなった。
先進国株が12%近く上げたので保有全体割合でも2%伸びた。

では、また来月。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク