FC2ブログ

松井から楽天への移管が完了。貸株金利チャリンチャリンに期待。

(2019-11-16)
関連記事:松井証券から楽天証券へETFを移管する

この記事で書いた移管が終了した。
流れとしては松井に要求した書類が届くのに3営業日。
それを投函して反映されるのに4営業日かかった。

楽天証券での保有画面はこちら
rakutenhoyu.png

1489についてはもともと楽天証券で持ってた6株があり、そこに移管の20株が乗っかったがちゃんと計算して平均買い付けコストを出してくれているみたい。

それより重要なのはこちら
rakutenkashikabu.png
そう、貸株金利である。

1557は残念ながら貸株対象外だが、1489と1658は対象。
特に1658は0.5%、でかい。
これで貸株金利でチャリンチャリン収入が近いうちから入ってくる。
松井では対象外だったからね、このために移したようなもの。

1658の信託報酬は0.23%なので貸株金利がこれだけついてくれたらコスト回収できちゃう。

貸株は証券会社が倒産したときのリスクを負うからそれなりに危険はあるんだけど、まあSBIと楽天は二大ネット証券なのでまず大丈夫でしょ、知らんけど。

しばらくしてからチャリンチャリン具合を検証してまた記事にします。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

松井証券から楽天証券へETFを移管する

(2019-11-11)
関連記事:松井証券の預株が終了、貸株制度が新たにスタート

この記事がもう1年少々前か。。。
モタついてしまった。

いつでもできるわ、というのと松井の貸株制度がどんなものになるのか様子を見ようと思っていた。
結局僕が持ってるETFの1489,1658,1557は松井の貸株の対象外のようだ。

楽天証券のほうでは1489と1658は貸株の対象。
なら移してしまえ、と松井に特定口座の移管請求書を請求。
これはウェブから依頼できる。

3日後くらいに到着したので必要事項を記入してとっとと投函。
移管作業にどのくらいかかるか分からないが、移管終了したら楽天証券の口座を確認してみよう。

普段、投資はSBI証券メインでやってるので、楽天証券は休眠状態だった。
昨年、手数料にいちにち定額コースというのが設定され、10万円以下の売買は手数料無料にできるようになった。
これで松井と同様に10万円以下売買のコストを無料にできる。
今後の1557や1658の定期買付も楽天で10万円以下でやっていく。
1489については楽天証券の無料ETF扱いになってるので、いくら売買しようが無料。
なので1489は月末決算後のポジション調整に使おうと思う。

楽天証券なら1557の配当を口座に入金してくれるかもしれないね。(松井だと郵送になる、株式比例配分方式でも)
これでほぼ松井との縁が切れることになる。何か良いサービスが出てくれば検討するよ、その時までまたねー、今までありがとう!

株式の移管手数料についてはタダ。
この点、20年ほど前に大和証券からSBI(当時はEトレード)に株を移した事があったんだけど、手数料を取られたかどうか記憶にない。
現状、投資信託の移管は数千円取られるようだけど、個別株はタダ。
ETFは株と同様の扱いだから移管は無料。
これって結構重要かもね、やはり投信よりETFのほうがこういった機動性も高いってことで。

貸株にできてコスト回収が出来て、さらにいざという時の証券会社間の移動も無料、となったら僕にとってはもはや投信には用が無いかな。
投信だって、こっちの証券会社のほうが保有ポイント沢山もらえてオトクだってのがあるけど、あの制度もコロコロ変わるんで、そのたびに移管してたら移管手数料負けしちゃうからね。

移管終了したらまた確認して記事にします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

丸紅(8002)をNISAで売却

(2019-11-08)
marubeni.png

あんまり投資の記事は書かないんだけどたまにはいいでしょう。
というのもインデックス投資やらで保有に投信、ETFが多くて書くこともほとんどないのだよね。
インデックス投資はラクでいいわ、投資の事は忘れられるし、と言いながら毎日のようにインデックス投資の事を書く人もいますけどね。
あれはあれで本末転倒な気もするけど、本人が楽しいならいいか。

さて、冒頭の添付画像の通り、丸紅(8002)を11/1に売却。
保有400株全て。
月末資産集計の後に現金比率を4割に調整するために何かを売ろうと思っていた。
こちらは2015年のNISAで購入したもので、平均買付コストは@678.
今回760.5円で売却したので、12%少々、金額にして、33,000円ほどのプラス。
しょ、しょぼい・・・と言わないで。
一応高配当銘柄なので、約5年間、配当を非課税でもらい続けたのだよ。
まあ、NISAで買わずとも、どうせ働いてなかったから基礎控除等で税金は取り戻せた気もするけどね。。。

配当を非課税でもらい続けながら最終的に利益も出して逃げ切ったということで良しとする。
そもそも投資金額的には全体に影響を及ぼさないレベル。

たしか購入した時はガビロンだかなんだかの石油事業でえらいこと損失をこうむってそれでガツンと下がったんだよな。
また有事でもあって大きく下がる事があれば再参入したいね。

NISAの5年期限も迫ってきたし、さあ今年はこいつをどうしようか、、と思っていたところにこの株高が来たので丁度良かった。

今後は配当株を仕込むにしても無難にETFの1489が中心になりそう。

にしても暴落は来ませんなあ、、、
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産状況2019/10/末時点

(2019-11-01)
asset20191031.png

前月比マイナス0.91%、金額にして47万円少々のマイナス。
株が好調に見えたのでややプラスかと思っていたんだけどちょっと厳しかった。
実は先月とある商品をダブルカウントしてて、大した金額じゃないし誤差だからいいかと放置したんだけどその修正ぶんもあるね。

先進国株が大きなマイナスなのは先月リバランスで大きく売却したのでそのぶん減ったってこと、特に運用でマイナスになったわけじゃないです。

総額として1%以内の増減はブレだね、まあほぼ横ばいってことで。

割合はこうなった
asset20191031graph.png
ほぼ変わりないんだけど、四捨五入されてる現金割合40%にコンマ数パーセント足りないぶんがあるので、
20万ほど何かを売ろうと思う。
NISAで持ってる日本株かな、税金もかからないし、利益は乗ってるし。

それにしても暴落は来ませんな。
FRBも利下げしまくってるみたいだし、しばらく上がり続けるのかも?

では、また来月。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

住信SBIネット銀行の3か月定期が満期になった

(2019-10-28)
関連記事:キャンペーンで金利0.3%、住信SBIネット銀行の3か月定期を利用

こちらの定期を作ってから先日3か月の満期を迎えた。
さて、どうなったのかっと。
SBI3teiki.png

はー、1300万円を3か月も拘束されて、金利は9,830円、税引き後の手取りは7,834円。
日本の低金利を実感しますね。
1か月の電気代+αくらいにはなったかな。

今後もやれることはやっていくが、この手の預金金利乞食のためにあらたにどんどん銀行口座を作っていく気はないな。
管理が面倒すぎる。

今の所僕が保有してる新生銀行、住信SBI銀行、楽天銀行で特にお得な定期預金は無いようなので、この資金は楽天銀行マネーブリッジに戻して放置します。

楽天銀行は例のお引越し定期をまだやっているが0.15%。
今回の戻しぶんについては設定するが、マネーブリッジの0.1%と大差ないのでそれ以降はもうやらない。
まだ10月末ギリ間に合うので10月に650万円ほど移して上限500万円ぶんのお引越し定期を作り、翌週に11月になったら残りを移してまた500万円ぶん作ろう。
これでちょこまかとした金利取りもしばらく打ち止め。

またそのうち保有口座で美味しいキャンペーンでもやってくれたらその時に移そう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代の氷河期男性が人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク