FC2ブログ

セミリタイア年3か月しか働かないスタンスのせいで派遣の面接や職場で困ったことはない

(2019-04-11)
f3e45427.jpg

このような質問をいただきました。

結論からいうと、正社員をやめてからかれこれもう4年ほど派遣で年3か月だけ働いているので問題は特にありません。

まず、派遣会社登録時に派遣担当との面接というか状況確認みたいな場がありますが、ここで正直に言いました。
「ある程度カネも貯まってセミリタイアした、奥さんの収入もあるし、以後は家庭優先にして、生活費の足しになるくらいだけ働きたい」

派遣担当は結構いい表情で、そりゃまたいいですね!と好反応でしたよ。
まあこんな人間でも派遣の玉として使えるぶんには使いたいから否定はしないでしょうが。

そして、次に具体的に職に応募した場合の仕事先での面接。
もっとも面接といっても派遣の場合、事前面接は出来ないルールになっているようです。
その代わり、職場見学、と称して実際の現場にいき、現地の担当にあって仕事内容の説明を受ける、という流れがあります。
たまにこの職場見学後に不採用の通知をもらうことがあるので、これが実質面接の意味をなしているのでしょう。

僕も2回ほど不採用を食らったことがあります、4年で2回だからそう多くはないですけどね。
落ちた理由も僕の人柄というよりは、他の派遣会社がもっと安い金額で入札した、とか、より条件の良さそうな人がいた、というだけのことなので別に凹む必要はありません。

そして、この職場見学という名の実質面接で
「なんでこんなブランクあるんですか?」
と聞かれたことは何度かあります。

僕は派遣担当との面接と同様に正直に答えてました。
家庭優先と。
ただセミリタイアという言葉はなんとなく理解され無さそうと思ったので、とにかく家庭を優先してると伝えます。
ワークライフバランスを考慮して、なんて言い方もよく響くような気がします。
日本人はよく分からない横文字に弱いですからねw

変に取り繕わず、堂々としてればいいと思います。
セ、セ、セミリタイアとかじゃないんだからね!
べ、べつに仕事嫌いとかじゃないから!
とか怪しすぎますので。

質問者さんのように、短期志向を嫌う人事担当者もいるのではないか、と思われるかもしれませんが、
そもそも3か月短期募集ということはその繁忙期だけ雇いたいのは向こうも同じなので、長期で働けない事は特にデメリットになりません、むしろ向こうはそこできっちり雇止めにしたいわけですから。
WINWINの関係でもあるので遠慮は無用でしょう。

働きはじめてからも職場でそういうったライフスタイルについて聞いてきた人はほとんどいませんでした。
皆さん、そこまで他人に興味はないんですよね。
いち労働者、駒、としか見てませんから。

ということで、周囲の事はあまり気にせず、堂々と短期労働を繰り返せばいいと思いますよ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ねんきん定期便2019

(2019-04-10)
参考記事
ねんきん定期便が来ていた
ねんきん定期便2016
ねんきん定期便2017
ねんきん定期便2018

今年も届きました、ねんきん定期便。
いつもは3月末にアップしてたけど、今年は伊豆大島の記事が連投されててこのタイミングに。

加入期間
国民年金 88月
厚生年金 193月
合計 281月

年金額
老齢基礎年金 411,956
老齢厚生年金 445,629
計        857,585

払い込み保険料累計額
国民年金 559,330
厚生年金 6,314,482
計     6,873,812

また支給額が微妙に増えた。
厚生年金は+3か月、派遣で働いたぶんだね。
国民年金も免除してるとはいえ、3/4免除だから1/4払ってるぶん微妙に増えるわけか。

このぶんだと90万超えちゃうな。
物価変動考慮しなければ自分一人の生活なら90万もあれば十分だけどね。

問題は制度の改悪。
近いうちに選択的に75歳まで伸ばせるようになるらしいが、これが将来的にはデフォになって、それどころか80くらいまでなってるかもしれない。

今の支給額からすると累計払い込み保険料のモトを取るには8年少々。
80歳から支給とすると88歳までは生きたいところだなあw
無理かもな。

やっぱり年金はアテにしないでなんとか生き延びる方法を考えていこう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ブログ開設5周年

(2019-04-08)
このブログを作ったのが5年前の今日4/8.
ということで毎年記念記事を書いてますな。

関連記事
はじめに
ブログ開設一周年
ブログ開設2周年
ブログ開設3周年
ブログ開設4周年

毎年の心境を振り返っているのでまた書いてみると
1年目は、とにかくリタイアしたいなー
2年目は、リタイアしたぞー
3年目は、リタイアしたが、なんかヒマになってきて・・・
4年目は、子供産まれちゃった、やべ、資金たりねえw
5年目は、育児がっつりで何もできない、でも幸せー

と言う感じかな。

年間3か月だけの派遣労働は今年もやったし、計画的には順調。
ただし今年は地方への移住、という大イベントがあるので色々変化があると思う。
地方は仕事が東京ほどは無いのでもう3か月派遣はやらないかもしれない。

ちょっとした心境の変化があるとすれば、とにかくケチって節約してカネを温存という発想から、少しくらいは使って満足度を高めていったほうが人生が豊かになるんじゃないかと。
近頃ちょいちょいとラーメン二郎の記事なんかをあげてるのもその一環だね。

それ以外では子供が産まれたのが大きいわけで自分のためというよりも、子供の成長に資するようなそういうカネの使い方も模索していく。
先月の伊豆大島旅行なんてまさにそう。娘にいろんな経験をさせたいから。

では6年目も乞うご期待。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

各種統計(体重・SBIポイント・忍者ポイント)2019年3月

(2019-04-04)
2019年3月締めの個人的統計

2月の労働から解放されて3月はゆったり、、、のはずが伊豆大島行ったり高尾山登ったり、あれこれとにかく家族サービスで大変。
しかし金銭を得るための労働とは違って心地よい疲れと満足感があるね。

240連休(予定)もすでに1か月過ぎたかと思うと時の経つのが早いなあと思う。

・体重
weight20190331.png
49kg台まで減った体重がなかなか戻らなかったが、最近たまに50kg台をマークするようになってきた。
やっぱり労働からの解放が健康にいいのかね。
この調子で増やしていきたい。

・SBIポイント
SBIpoint20190331.png
また順調に下がっちゃったね。
NYのじわり下落とともにダウ投信などが下がっちゃったからなあ。
かといって大きく下がった時に買い足すのは1557などのETFなのでこのSBIポイントが上昇することはしばらくないかもね。

・忍者ポイント
ninjapoint20190331.png
獲得ペースが順調に回復してたのに先月はまた50ポイントくらいに下がっちゃった。
次回で1,000超えて現金化できるか。
アドセンスも怪しい状態になってきてるので、こちらにもちょっとくらいは頑張ってほしいな。

では、また来月。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

FC2アクセス解析、2019年3月の結果

(2019-04-03)
FC2access20190331.png

3月の結果は
ユニークアクセス26,495:(前月比プラス1,919)約8%増
トータルアクセス:46,803(前月比プラス4,692)約11%増
1日平均:1,510

3月は2月と比べて日数が多いので増加は当たり前。
1日あたりでは先月と変わらないので横ばいといっていい。

それにしてもグーグル先生の基準変更で世間は影響受けまくりで大変なんだなあって思ってたら、自分のブログも最終週あたりからしっかり影響受けた・・・

今月からまた出直しの気持ちで地道にやっていくしかないね。
こざかしい技で検索上位にくるようなサイトよりも真面目にしっかりやってるとこのほうが長い目では報われる、と思いたい。

アドセンスは割と調子よかったけど、これは年度末で毎年のことのようだ。

ではまた来月。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

40代半ばの氷河期男性が婚活で人生再設計

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
Amazon商品一覧【新着順】
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク