FC2ブログ

有職のうちにやっておくこと

(2018-01-31)
3月までは派遣で働いているので有職の身分。

この間に何かやっておくことがあるとしたらカードのキャッシング枠設定。
リクルートカードJCBのキャッシング枠をいつ設定しようかな

去年は結局キャッシング枠はつけずにスルー。
理由は奥さんの妊娠が順調に経過して旅行なんか行ってる場合じゃなくなりキャッシング枠は必要なくなったから。
キャッシングは海外現地ATMでの利用がオトクなのでいつかはつけておきたい。
特にJCB系は有利なので。

リクルートカードJCBとヤフーカードJCBのキャッシング枠を申請してみよう。

あとはもし引っ越しをするなら有職のうちのほうが審査は通りやすそうなんだが、今年は引っ越しの予定は無し。
来年引っ越す可能性があるので、不動産屋とやりとりする瞬間に都合よく働いていたらいいなw
まあ地方都市に引っ越すわけだからその職自体は辞めることになるわけで審査上では余り意味なさそうだけど、ずっと無職でした、という人間よりは心象的に良さそう。

それ以外には無職よりは有職のほうが通りやすそうな座談会アンケートとかバシバシ申し込みたいけど、最近は案件が少ないなあ。


スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

離乳食へのステップ。10倍粥を与える

(2018-01-30)
あんまり育児ネタを書いてなかったが順調に育っております。

娘が産まれて5か月たったので、そろそろ離乳食の練習。

10倍粥というのを与えている。

1食分なんてスプーン一杯もないくらいだからその都度作るのは非効率。
だからまとめ作りになる。

コメを炊いたらそれをいくらか取って小鍋で水を追加してぐちょぐちょに。
水分量が10倍くらいかなり水に近いくらいの状態。


これを冷まして製氷トレイにいれて冷凍。
カチコチに凍ったら氷を取るのと同じ要領で叩いて取り出してジップロックにごろごろ入れてそのまま冷凍しておく。

これを使う時に一個ずつ取り出して湯煎で溶かして与えるわけだ。
小さい乳児用の柄の長いスプーンで口から奥に流し込む。

これらの作業はだいたい奥さんがやってる。
ていうか働きに出てからやはり僕の家事育児はかなり減ったね。

育児より働く方が断然ラクですw

正直粉ミルクはけっこう高いので、早く通常の食事になってくれると家計的には助かるんだけどなあ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

浪費自慢を聞くのも楽しい

(2018-01-29)
先日、昨年の派遣で同僚だった人と1年ぶりくらいにお茶してきた。
酒は飲めないということで喫茶店、僕も酒は弱いほうだからこういう集まりも好きだ。

この人がけっこうな浪費家で、最新のiphoneを買ったとか、独身なのに広い風呂に入りたいという理由で2DKに住んでるとか、家のネットは固定回線の他にWIFIルータの契約もしててものすごい費用かけてるとか。

まあ次から次に出てくる浪費自慢。

でもこれを聞いてて楽しかった。

この人は嫌味がない。
自分の浪費を純粋に楽しんでいるし、人に押し付けない。
実に楽しそうに浪費を語っているのでむしろ好感が持てる。

イヤなのは、お前はケチくさいとか、お前もあれにこれにカネをかけろ、とか浪費的価値観を強制してくるタイプだね。
こうなると老害説教タイプなので二度と会うのはやめる。

僕自身も節約倹約は好きで語ることはあるが、人に押し付けはしない、それと同じこと。

だからこの日の会合も一見両極端なタイプのようでそれなりにそりが合う形で成り立つのである。

重要なのは浪費でも節約でも何でも、自分の人生を楽しんで生きていることである。

自分と意見が違うから会わないとか、意見のあう人とだけ会うってのはやはりダメで、多様な意見や考えに出会う事が無くなってしまう。

重要なのは互いの違いを認め合えるとか違いをスルーできるような人と付き合っていくことだろうな。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

失うものや守るものが無いって最強

(2018-01-28)
物質的に豊かになっても決して幸福ではないというのはよく言われる事だ。
日本なんかまさにそうだよね、電車のサラリーマンの表情見てたらだいたい暗い。
彼らはあらゆるモノを持っているのにだ。

家とか家族とか正社員とか地位とか。
色んなものを得た代わりに、今度はそれを失う恐怖を感じながら生きる。
ローン払えなくて家を手放すことになったらどうしよう
離婚したらどうしよう、子供になにかあったらどうしよう
クビになったらどうしよう、リストラ、降格なったらどうしよう。

色んなものを得たために不幸になっているとしたらこれは本末転倒だ。

そういう意味では独身リタイアは最強だと思う。
家もない、家族もない、仕事もない。
これらは一般人から見たら不幸に見えるだろうが、実はもっとも気楽で失うものもない、非常に快適な状態なのだ。
生きていく上でカネは必要なので最低限の金融資産は必要だけどね。
金額は人それぞれでいくらとは言えない、その人が不安に感じないレベルならそれでよい。

僕も似たようなものだが結婚はして子供ができた。
だから娘を失うのはちょっと怖くなった。
が、無事に育ったとして、これもいつかは巣立っていくものだし、いつまでも執着することはない。

仏教的な感覚かもしれないが、あらゆるものへの執着を無くすこと、これが幸せの一つの方法だと思う。

人は最終的には孤独で、最後はひとりになる。

だからそういうつもりで毎日を生きたら、かなり幸せだろうなと思うよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア後は冬労働がオススメ

(2018-01-27)
一生安泰な資産までは足りずにリタイアするといわゆるセミリタイアとして多少の労働をしていくことになる。
通年で週2-3日程度の労働もいいが、日本はなかなかこれがない。

なので平日フル勤務、派遣で3か月ほどの短期を狙うのが現実的かと思う、僕はそうしている。

来月から短期で労働者復帰する。圧倒的じゃないか、わが国の人手不足は。

こちらの記事で書いたようにもう3年連続で短期派遣をしている、しかも毎回冬だ。

春と秋はイベントが結構あるし、お得な平日に行動したいからあまり働きたくない。
これらの時期は家に居ても快適だ。

夏は最悪だ、こんな時期に外に出たくない、よって絶対働きたくない。
冷房費はクーラつけっぱなしでもそこそこ抑えられることが分かった。

冬はどうか、娯楽は少なく、家に居ても寒い。
暖房を入れればいいのだが、光熱費は冬の暖房が一番かかる。
もし独身セミリタイアだったら事務職に絞って冬に働くことをお勧めするね、暖房費の節約になる。
今働いているところもオフィスがめっちゃ暖かいのよ、暑いくらいw

年間のどこかで数か月働くなら冬が一番オトクだと思う。

しかも派遣の口はどうやら冬のほうが増えるみたいだ。
実際僕が年末年始から3月末にかけて働いてきたのは求人が増えたから。
昨年応募したところなんか派遣元からわざわざ、こんなのありますよ、どうですか、とメール等で知らせてくれたくらい。
年末年始から年度末にかけては一般的な企業は繁忙期。
しかし経営強化のためにリストラしたりとか少子高齢化で自然減だとかで正社員は減ってるのに業務の量は減ってないからマンパワー的に辛い。
なのでこの時期は派遣の増員でまかなおうというわけだ、なるほどね。
実際僕が働いているところもさらに追加で雇ったようで先週からまた派遣の人が増えた。
だから契約も「とりあえず3月末までね、あとは応相談」というのも多い。
短期だよ!更新は無いよ、とクギをさしてる。
セミリタイアにはむしろ都合良い。

東京など都市圏で派遣が一杯ある場合は冬の数か月だけ働くのがいいと思うな。




スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク