FC2ブログ

節約に目覚めたきっかけ

(2018-11-13)
3938aff1.jpg

こういう質問をいただきました。
僕には浪費家だった時期もないのでおそらく元から節約家でした。
それじゃ面白くないのでいくつか原因やきっかけになった出来事をさかのぼってみます。

・幼少期の母親からの影響
小さい頃からカネは使う事がなかったです。
お年玉などをもらって、普通の子供はそれで漫画を買ったりアイスを買ったりするのでしょうが、そういう無駄遣いはダメ!みたいに教わっていたので使う気になれませんでした。
お小遣いは貯金するものよー、みたいに言われて毎月の小遣いもそのまま貯金箱に入れてたような気がします。
だったら最初から渡さずに親が管理しとけっていう気もしますけどね、自分の意志で貯金させることに意味があったのかな。
でもよく考えたら兄弟もおなじような教育を受けているはずなのに僕だけ節約家になったのでもしかしたら素養もあるのかもしれませんね。

・奨学金の返済
そんな感じで幼少期を過ごしているので大人になったころも特に無駄遣いすることは無かったです。
ちなみに大学生の時に日本育英会(今の日本学生支援機構)から奨学金を借りてました。
自宅外生でたしか月5万円以上でした。
いかに自分が節約家だったかというと、結局このカネはほとんど手を付けることなく4年生の時までほぼ残ってしまったんですよねw
アルバイトなども多少はしていたのでそれで生活費は賄えたから。

だったら借りる必要なんてなかったわけですが、このまとまった資金のおかげで卒業旅行に2か所も行けて良かったです。在学中にバイトができなくなるとか、何かアクシデントがあっても大丈夫という安心材料にもなったし。
しかしながらこの奨学金のおかげで卒業と同時に300万近い借金を背負っての社会人スタートとなりました。
しかも金利が3%乗ってます。
予定通りにまともに返済してたら30代後半くらいまで給料から返し続けるハメになるので、これはとっとと繰り上げ返済せねばならないと思いました。
商業系の学科を出ていたし、元利均等返済の重さは十分理解していました、なのでできるだけ早く繰り上げ返済をしようと。

そこで節約魂に火が付いたと思います。
できるだけ安い家賃の部屋を探し、光熱費もケチり、食事はもちろん自炊、そしてスーパーで食材の最安値を探る日々。
普段このブログで書いてるような節約生活はここから始まったかもしれませんね。
つまり20代前半の社会人になってからですね。
そしてボーナスが出たり、貯金が増えるたびにとっとと繰り上げ返済をし、20代のうちに奨学金は全部返し終わりました。

・自然と付き合いが減る
奨学金の件もあって20代からバリバリ節約をしていたわけですが、それでも20代は友人との飲みや遊びでそれなりに使っていました。
旅行も行きまくっていたし、服もちょっと買ったりしましたね。
金曜の夜は大抵翌朝まで遊びほうけていたので結構使ってましたね。

それでもそんな生活も20代後半くらいまでで、友人が結婚したり子供ができたり、また一人また一人と、自然と遊び友達が減っていきました。
特に子供ができるとその友人達は全く飲みに来なくなりましたね、これは今の自分を観てればよくわかります、時間が無いし家族優先。

そうこうするうちに自分も結婚し、奥さんと二人の生活になりました。
元々結婚するつもりはなかったのですが、こうなると将来的にもっとカネが要るだろうと、さらに節約に磨きをかけていきました。
実は資産が飛躍的に増えたのはこの結婚後ですね。
飲み友達などが減って遊ぶカネをほとんど使わなくなったのと、奥さんとのWインカムで世帯収入は倍ほどに増え、それでいて家賃水道光熱費食費などは1.5倍程度にしかなってないからです。

こういった流れでさらに調子に乗って倹約蓄財に走り、そのまま41歳で早期リタイアとなりました。

自分の節約歴史はこんなところです。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

わけあり品の果物が美味しいし、なんら問題はないよね

(2018-11-07)
秋の味覚としてよく柿を食べている。
今ちょうど旬だ。

通常100円くらいのところをたまにわけあり品で1個50-60円くらいのが出る。
そういうのばっかりを狙って買っている。
買った当初は堅いので常温で置いて、後に食べるものほど熟した過程を楽しむのもいい。

柿以外でも果物は見切り品で買うことが多い。
そのほうが熟してて美味しいこともある。

わけあり品や見切り品といっても皮にちょっと傷があるとかで中身の品質になんら問題はなく、なぜこちらを買わないのか不思議なくらい。

こういうのを見ても節約早期リタイアなんてまだまだ少数派なんだなと感じる。

交流のある節約ブログを見てると自分たちの感覚が普通かと錯覚するが、やはりこんな生活スタイルは異常なのだw

同程度の品質なら問題なく安いほうを選ぶ。

このように僕はコスパ重視だが、ここで気を付けるべきはコストのみ重視でパフォーマンスを無視すること。
とにかく安ければ良しの異常節約根性になるとそうなるのだが、1円でも安いが正義になってくると本質を見誤る。

柿でいえば明らかに中身が不味いものなのに1円でも安いからこれでいいのだ、自分には味の違いがわからないからと言い聞かせ始めると危険。コスパのパ、つまりパフォーマンスを無視している。
いわゆる安物買いの銭失いになるのは大抵こういう人、逆に損してるよね。

そうはならないようにしっかりとパフォーマンスも込みの上で安いものを追求していきたい。

わけあり品の柿は中身もなんら問題は無いので大満足。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

消費税増税でも節約系セミリタイアラーには影響無し

(2018-10-21)
タイトルでは影響無し、と言い切ったがもちろん多少の影響はある。
けど大きな影響はないだろうという話。

安倍ちゃんの続投も決まり、来年の消費税増税も既定路線となったぽいね。

大変だー、8%から10%に、ヤバイヤバイと世間は騒いでいるようだが、僕はそれほど慌てていない。

節約系セミリタイアラーはそもそも消費が少ない。
年間500万使う人の2%は10万円だが、100万円で生活する人なら2万円だ。
まさに消費する人への課税が消費税なので、あまり消費しないセミリタイアラーには影響が少ない。
極端な話、1円も消費しない人への消費税はどんなに税率が高くても0円だからね。

うちは家族3人なので影響はそこそこあるけどね。
この2%は独身節約リタイアにはほとんど誤差みたいなもんじゃなかろうか。

さらに軽減税率というのがあって、スーパーの食品なんかは8%のままらしい。
なんだ、それなら食事は自炊がほとんどという節約リタイアならあまり影響はないじゃないか。
僕みたいな人間はそもそも外食をほとんどしないからね。

節約家なら食費以外の消費も切り詰めることを考えるだろう。
例えば散髪。
1,000円床屋に1か月に一回行ってる人がいたとする、現在は税込みで1,080円だ。
これが1,100円になっちゃうわけだけど、それなら1か月と2日とか3日とか、散髪に行くスパンをちょっと長くすればいい。
これで年間の散髪代は同じだ。
むしろ安くなっちゃうか。

こんな感じでこれまでの同様のサービスや商品も使用頻度を下げたり上手く長持ちさせたりしながら、結局は年間消費は以前と同じ水準に調整してしまう。
こんなセコ・・・いや賢い消費者が節約系リタイアをしてるような人たち。
結果、年間の生活費は増税後もそんなに変わらないだろう。

じゃあ、この2%増税分でヒーコラ言う人ってどういう人たちなの、といったら、そう、一般のサラリーマンの方々。。。
家をローンで買って、クルマを買って、スーツその他衣服費もまともに使って、同僚との飲み、上司との飲み、年末年始GWなどの繁忙期でバカ高い時期の帰省や旅行。。。
消費税増税は消費せざるをえない人たち、この人たちからぼったくる増税でもある。

結果、我々節約系セミリタイアラーはますます有利になると。

だからこの増税は僕としてはそんなに危機感を持ってないし、それで社会保障制度その他の延命が続くならむしろラッキー。
僕らがもらっている児童手当、保育園の補助金、子供医療費無料だってこういうところから出ているかもしれないしね。

税金とはまさに取りやすい人、払わざるをえない人からむしり取るものだということがよく分かる。

もちろんそれに理不尽を感じるなら、いつでもこちら側に来ればよい。
でもサラリーマンをやっている友人にこんな話をしても、無職なんてイヤだ、体裁が悪い、プライドがある、あれも欲しい、買いたい!、節約なんてイヤだ、人並に消費して生きたい、という人が多いのだ。

自ら選んでそのポジションに収まっているので仕方がないのだよね。

僕は低収入低負担人生を歩んでいくことにするよ。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ウエルシアTポイント1.5倍デーお買い物2018/10/20

(2018-10-20)
今日は1日家族サービスでの外出でウエルシアに行くのが遅れた。
毎月20日はどうせこの記事になるだろうと予約投稿記事を入れてないのよね。
それでアップ遅れてこの時間。
いつも16:00には更新されるはず、と思っていた僕の大ファンのみなさん、すいません。

さて、今月の買い物は

豆乳 2本
菓子類 ・・・板チョコ7枚、アルフォート3箱、カカオ70%1箱
ベビーチーズ4個入り 6個
味噌750g 1袋
マヨネーズ 1本
ケチャップ 1本
チューブわさび 1本
トイレットペーパー12個入り 1個
洗濯洗剤 1箱
自治体指定ゴミ袋 10枚 1本

1往復で総重量は8.5kg

これだけ買って、この日のお会計は
3,831円。
そこからTポイント消費の割引2/3をして、
2.553ポイントの消費となりました。
割引額は1,278円。

全体的に購入量がかなり減った。
やはり業務スーパーで仕入れるものが増えたせいだろう。
さらにいつも買ってる牛乳が無かった、なんと北海道地震の影響で品薄が続いているんだって。

たまにあるんだけど、今回、1回目の買い物で30ポイントプレゼントクーポンがレジから出てきて、それをすぐさま利用した。
次の20日デーで使えればいいんだけど、来月14日までという微妙な設定で上手く使えないようにできてる。
だからこの場合は速攻で何かを買い足すのがいい、レジに二回並ぶのは面倒だけど。

この2回目レジの購入ももちろんTポイントで1.5倍消費。
なお、Tポイント支払いは200円以上じゃないとできないのと200円をちょっと超えるくらいだと切り上げで300ポイントの消費になるらしく、それでは勿体ないので板チョコなどで300円以上にした。

現状の保有は1,498ポイント。

原資のTポイントはSBI証券の投信マイレージからのTポイントへの交換がメインで他にマクロミルアンケート等です。
ポイント購入分も家計簿には現金と同様に記入しています。

来月もまたお得な買い物をしたいと思います。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

この夏もクーラーを24時間つけっぱなしにしたその電気代

(2018-09-29)
関連記事:この夏クーラーを24時間つけっぱなしにしたその電気代

昨年のこの企画、今年も継続検証するよ。
クーラは昨年同様、居間にひとつだけで、日立の白くまくん、型番はRAS-A28D W 10畳用
それぞれの月は月末最終日の引き落とし額で、実際の使用期間は前月中旬から当月上旬くらいの使用時期。

では、結果を
     7月    8月    9月    3か月平均
2015  2,956   3,754   9,528   5,413
2016  4,520   5,787   5,376   5,228
2017  6,687   6,532   6,780   6,666
2018  6,254   10,228  6,889   7,790

はい、しっかり爆上げしてしまったよ・・・

今年は9月に入ってからは少々暑くてもクーラ無しで過ごしたので少し下がるかと思ったんだけど、残念。
特に8月の伸びがすごい、なんだこれは。
24時間つけっぱなしは昨年も同様だったので、これはもう猛暑のせいとしか思えない。
使い方が同じであっても、外の気温が1-2度でも高ければそのぶんエアコンが下げなければいけない温度は大きくなるしね。

それを考慮しての24時間つけっぱなしなわけだが、効果ないようだ、しょせん猛暑には勝てない。

もちろんエアコンだけではなく、娘ができたことにより、いろんな電気消費が増えていることもあるのだろう。
昨年は8月下旬出産だったので奥さんが退院後に家に戻ってきたときはもう夏も終わりかけだったしね。

昨年もまったく同じことを言ってるわけだが、電気代がどうのこうのよりも、この猛暑で過ごしたくない。
クーラは異常に冷えて体が痛くなるし、外との出入りで神経がおかしくなるからだ。
娘のおむつが取れて移動しやすくなったら、マジで避暑移動を考えたい。

また、来年も検証するけど、引っ越し等でちょっとイレギュラな感じになるかも。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約生活と少しの労働で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

ゼロから始めるぐうたら生活

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
アフィリエイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク