藤澤調教師の悲願のダービーに違和感

(2017-06-21)
競馬ネタは反応イマイチなので夜にでも更新してみよう。

今年の春クラシックはオークスがソウルスターリング、ダービーはレイデオロ、と藤澤師の馬が強かった。
特にダービー。

藤澤師悲願のダービー制覇、というメディアが多かったがこれには違和感がある。

そもそも昔の藤澤師といえばとにかく勝ち星優先で、よく岡部の馬優先主義なんて言われていたけど、
勝てる素質のある馬も早々に休養に出し、3歳秋とか下手すると4歳まで温存して、そこから条件戦を勝ちまくり。
こういう手法を得意にしていた。

手薄なマイル路線に照準を定めて、すべての馬は本質的にマイラー、なんて名言まであったくらい。
タイキシャトルを初めマイル重賞馬を多数送り出している。

またクラシックに仕上げるなら時には強い調教も必要だろうが、無理はしたくないのでと軽い馬なり調教にこだわる事も有名。

当時の雑誌対談等でよく覚えているのが
クラシック至上主義は嫌い、クラシックだけが競馬じゃない
とはっきり言っていた。

厩舎経営としてもこうしてカネを稼いだほうが馬主も喜ぶだろうし、正解だったのだろう。

だから藤澤師といえば最初からクラシック軽視の人で、ここまでダービーを取れなかったのは当然の成り行き。

おそらくこういうやり方でも素質馬がいくらでも入ってくる厩舎だから、ダービーなんてタイミング次第でいつでも取れると思っていたのだろう。
それが気が付いたら年齢が60台を超えて、あれ?っと焦り始めたんだろう。
やっぱりなんだかんだいってダービーは欲しい。
JRA調教師の定年は70歳だからもうあと10年くらいしかない。
そこでここ近年の藤澤師は、それまでの素質馬温存主義をひっくりかえして、むしろ無理使いなんじゃないかというくらい3歳春までになんとかクラシック路線に乗せようという使い方が目立つようになる。
条件戦で連闘して無理くりトライアルに使うような馬もいた、以前なら考えられなかったことだ。

だから、ここにきてレイデオロで勝てても、それを「悲願の」ダービーというのはちょっと違和感がある。
むしろ調教師生活最後の帳尻合わせがなんとか間に合ったね、という感じ。

ここが数年前のワンアンドオンリーの橋口師と違うところで、彼の場合は当初からダービーにこだわり、2着馬も多数排出し、なんとか勝ちたい、という歴史を踏みながらのようやくのダービー制覇だったわけで、この時の会場が祝福ムードになったのは自然な流れ。
この時も僕はもちろん現地観戦していたが、競馬場が良い雰囲気だったのを覚えている。

藤澤師の時は、あ、取れたんだ、良かったね、というくらいの感じだったと思う。

いや、別に僕は藤澤師が嫌いなのではないよ、トークは面白いし、むしろ好きなくらい。
悲願のダービーというのに違和感があっただけで。
悲願どころか当初はクラシックを軽視して使う気が無かったんだからね。

さて、そんな藤澤師ももう65歳。
リタイアまであと5年。

この人がリタイアしたら何をするんだろう。
馬以外に何も興味はないだろうから、最後までずっと馬に関わっていたほうが幸せだろうな。
仕事が嫌で嫌で早期リタイアしたいという人たちとは対極にいる。

好きな事を仕事にできているんだから最高に幸せな人生だろうと思う。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

体外受精7回目(14)32W0D 41歳だけど38歳時の子供

(2017-06-21)
奥さんの妊娠は今日の検診で32週目に入った。

引き続き順調で逆子も先週から直っている。
もう今の時期となると胎児の体も大きくなってきて1700-1800gくらい、これで標準的。
奥さんの腹もずいぶん出てきた。
子宮内が狭くなってきたので今からまた体を動かして逆子になる可能性は少なくなった。

エコーでは心臓が活発に動いている。

さて、先日奥さんが、
私は41歳だけど、この子は38歳の時に産む子供なのよね
と。。。

ポルナレフさんに言わせると、

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 年齢詐称だとか若づくりだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

ということなんだが、
つまりは体外受精だ。

産むのは今年、41歳だが、卵子は38歳の時に取ってその後受精卵にして胚盤胞にし、そのまま凍結保存。
それを順次使って行ってたので。。。

卵子としては38歳時の子供なんだとか。

で、それが何の意味があるのってことだけど、卵子と言うのは年々老化していくから、若ければ若いほどいい。
丈夫な子供になるためには卵子は若いほうがいいというわけだ。
アメリカなんかでは若い時の卵子を取って凍結保存して、いずれ30だの40だので産むことも可能らしい。
となると母体は年を行ってるものの、卵子的には適齢期のものになるわけだ。
もちろんカネはかかる。
すごいねー、科学技術ってのは。

いずれは子供が欲しいという人はできるだけ早く作ったほうがいいですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ウエルシアTポイント1.5倍デーお買い物2017/6/20

(2017-06-20)
毎月20日はウエルシアのTポイント1.5倍デー。
今回のお買い物内容は

牛乳 2本
豆乳 2本
菓子類 ・・・チョコ徳用袋2個、板チョコ4枚
強力粉 1kg 1袋
薄力粉 700g 1袋
強力粉 1kg 1袋
チーズ4個入り 8個
スライスチーズ14枚入り 1個
コメ あきたこまち 5kg 1袋
ケチャップ800g 1個
味噌750g 1個
パスタ1kg 2袋
乾麺蕎麦 640g 1袋
乾麺うどん 600g 1袋
海苔全形10枚 1袋
トマト缶 2個
風呂用防カビ燻煙剤 1個
収納防ダニ剤 48個入り 1袋
自治体ゴミ袋10枚 2個

総重量が20kgぴったり(体重計に乗って計ってます)
コメが効いたね、過去最高重量、とうとう20kgの大台に突入。
ママチャリの前かごも背中のリュックも一杯。
僕は体重が50kgしかないので体重の4割くらいの重さを持ち帰っていることになる。
もうバカかと。。。
レジ店員のおばさんも笑ってるだろうな。
こんなに買って自転車で持ち帰っていると。。。
しかも全部Tポイントで支払い。

小麦粉とかパスタとかうどんとか蕎麦とか主食をここでほぼ全て調達している。
奥さんの要望で防ダニ剤とか防カビ剤を買ったのが価格の伸びにつながった。

これだけ買って、この日のお会計は
8,751円
そこからTポイント消費の割引2/3をして、
5,834ポイントの消費となりました。
割引額は2,917円。

重量、金額ともに過去最高。
再来月からは子供用の紙おむつも買うつもりなので重量はともかく金額的にはもっと使えるのではないだろうか。
おむつはスペース的にはかさばるので二往復することになっちゃうかもね。

今日の買い物後でもまだ16,000ポイント以上保有してる。
ポイント制度はあるうちにしっかり使いたいので早く0付近になるまで使いたいね。

原資のTポイントはSBI証券の投信マイレージからのTポイントへの交換がメインで他にマクロミルアンケート等もあり、合計毎月4千ポイント近く得ています。
ポイント購入分も家計簿には現金と同様に記入しています。

来月もまたお得な買い物をしたいと思います。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

両親学級で無職アピールをし損ねる

(2017-06-19)
ウチは8月に子供が産まれる予定である。

先日、夫婦二人で両親学級というものに行ってきた。

どの自治体でもやっていると思うが、初めて子供ができた夫婦向けに、出産とはどういうものか、準備、出産後のケア、乳児の扱い方などを教えてくれる行政サービスである。
妊娠周期がある程度後半に達していることが条件で、出産未経験夫婦の準備活動だ。
自治体主催のものは基本は無料が多いと思われる。

母親学級というのもあるが、これは女性だけが参加するもので数も多い。
両親学校は夫婦ともに参加するので回数は少ない。

自治体の会場に行くと広めの部屋に子供の人形が置いてあって、これで色々と想定練習をさせる。
風呂の入れ方というのがメインで、皆わりと真面目にマネキン乳児の服を脱がしたり拭いたりまたオムツをつけて服を着せたり、と。
大の大人がままごとをやっている光景は微笑ましい。僕も真面目にやったよ。
とりあえず勉強にはなったがやはり実際にやってみないことには分からないだろう。
あの虚ろなマネキン相手だと気持ちは入らないし。

ただし3kgと重量が実際の子供と同じくらいに設定されていて体と頭の比重なんかもちゃんと計算されているっぽいので、重量感はリアルに分かったね。
初めての人は行ってみたらいいよ。

実習の他には講義の時間があって、これは主に出産に伴う女性の体調の変化と、夫側の対処に向けられていた。
ようは妻はメンタルが予想以上に変化し、夫は妻の話を聞いてやれ、ということだそうだ。
仕事から疲れて帰って、飯だなんだと相変わらずの夫ぶりではダメで、まずは奥さんの体調確認と。
仕事はつらいのは分かる、でも帰ったらまず妻のケアをしてくださいね、と。

講師の先生がちょうど僕のとなりの男性を指名して、
いつも何時ごろ帰るの?お仕事は大変でしょう、残業は?できるだけ早く帰ってあげてね。
などとトークを盛り上げていた。
そもそも働いている男性を想定した問答だったからこの流れはすんなり。

今思うとあそこで隣の僕が指名されたらどうなっていたのだろうと。

いや、無職なんで、仕事なんかしてないし、夏は働く気もないし、1日中家事をしたり子供のケアをできますけど何か?
って言ったら会場をドン引きの渦に巻き込むことができたのに。

講師がだれを指名しようかなー、と見まわしたときにさりげなくアイコンタクトしたつもりなんだが、それがかえって逆効果だったか。
こいつはヤバイ空気を察知されてしまったな。

2015年秋に無職になってからもう2年近く経つので、そろそろ無職オーラをまといはじめているのではと感じている。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイアしてから初めて職務質問を受ける

(2017-06-18)
とうとうこの日が来たか。

今日、外を歩いていて警察官から職務質問を受けた。

妊婦の奥さんを連れていつものように散歩。
歩くスピードが違うのでうっかり引き離して一人で歩いている状態になった。
これがいけなかったかな、たぶん奥さんと一緒なら大丈夫だっただろう。

それと散髪はもう3か月以上いってないから髪はボウボウ。
ヒゲは1週間は剃ってないからゴワゴワ。
怪しさ満点!
しかも、いつもの散歩コースには猫のいる家があって、
いつもの猫さんはいるかなー、なんて塀越しに家を覗きながら歩いてたから、これもヤバかったかな。

その時、たまたま通りかかった警察官に呼び止められた。

ちょっといいですかー、カバンの中見せてもらえませんかねー、、、って。

中には財布しかない。
財布の中も見ていいですかね、というので、どうぞどうぞと。
中のカード類まで全部チェックされちゃった。

もちろん怪しいことは何もないのでそのまま釈放。

後から追いついてきた奥さんに笑われた。
すっごい怪しかったんじゃないの、ねえどんな気持ち、ねえねえどんな気持ち?ってやつ。

不思議なのは奥さんのカバンはチェックされなかったことだな。
おい、それなら奥さんのも見ろよって思ったけど。

一つ警戒したのは、これが警察を装ったスリとかだったら怖いなと。
だから指の動きはずっとチェックしてた。
たくみに現金だけ抜き取ったりしないだろうなと。
もっとも財布には千円札一枚も無いのでその心配は最初から無かったんだけどね。

僕がリタイアした当初は、外での職質が怖いっていうリタイアブログ界隈の記事が多かった記憶がある。
最近あまりみかけないな。
皆もう慣れっこになったのかな。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供無し

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク