ホームベーカリーでの黒糖(固形)の使い方

(2017-07-30)
ホームベーカリーを買って以来パンはほぼ自作の生活が続いている。

パンを作るにはイースト菌の発酵作業のために糖分が必要で、レシピに砂糖があるのはそのため。
最近は黒糖を使っている。
黒糖パンを作りたかったというよりは知り合いとか親戚にもらった黒糖が一杯余ってたからだ。
沖縄に行った人がよくお土産でもってきたりするのよね。
しかし僕は料理で砂糖はあまり使わないから割と大量に余っていた。

ネットのレシピで黒糖、パンなどで検索するといろいろと出てくるのだが、大抵は黒糖(粉末)となっている。
そりゃそうで、ホームベーカリーにごろごろの黒糖を入れてもそれを粉々にしてくれるようなパワーは無い。
僕がもっている黒糖はサイコロサイズのごろごろしたものなのでそのままでは使えない。
なので事前にすりおろそうと試みるのだが、、、これがやっかい。
黒糖って意外とベトツキがあっておろし金に詰まるし、小さいものをつまんでするのも指力的にかなり大変。
ミルサーで粉々にしてもいいが、やはり刃にこびりつくぶんもあってなんとなくもったいない。

そこで、熱して溶かしてしまえばいいんじゃ?と思い付き、そこそこ上手い事いってるので紹介する。
やり方は以下の通り。

1、量りで任意の量を計測する。
この時、小さい行平鍋などをつかえばそのまま次の工程に行けるのでラク。
ウチの場合は17gなので黒糖をつまんでポンポンおいて17gぶんにする。合わない場合は包丁などで適当に砕いて少し細かいのを作れば調節しやすい。

2、鍋にその黒糖を入れて、水を少量、底に張るくらいの量(40-50g程度)を入れる。
この時水を入れすぎると冷ますのに時間がかかるので注意。僕は大体40gくらいになる量を入れてる。

3、弱火で熱しながら崩していく。
熱をかけて水分と混ざると黒糖がどんどん溶けていく。
黒糖の表面が濡れてきたら、箸やフォークなんかでつつけば簡単に崩れる。
なべ底にこびりつかないように箸でこそぎながら溶かす。
黒蜜と言うレベルの粘度まで煮詰める必要はなく、シャバシャバの黒糖水みたいなのでOK。

4、全て溶けたら放置して冷ます。
時間がもったいない場合はここで氷を入れて一気に冷やすことも可能。
40g程度の量なら放置でもわりとすぐ冷めるよ。

5、ホームベーカリーにいつもの材料を投入し、最後にこの黒糖水と水を入れる。
最後にこの二つだけを投入する状態にして計りをリセット。
例えば水の量が190gなら鍋の黒糖水を入れて40gだったら水を追加で150g入れればいい。
トータルの水の量からこの黒糖水のぶんを引くわけだね。

6、あとはスイッチ入れていつものようにスタートさせるだけ。

こんな感じ。
黒糖を水で熱して液状にするのは1-2分でできちゃうのですりおろすよりは圧倒的に早くラクだ。

これで普通に黒糖パンが焼ける。
参考までに僕のはパナソニックのホームベーカリーSD-BH1000-Yです。

出来上がりのパンからはほんのり黒糖の香りがする。
少し高級感が増すかもね。

単純に砂糖を入れるのが一番ラクなのでこのためにわざわざ黒糖を買う必要は無いが、僕と同様に固形の黒糖が余ってて仕方がない、しかもホームベーカリーでパンを焼いてる、という人がいるなら是非やってみたらいいと思う。

黒糖もあまり長期で持ってるとカビが生えたりするらしいので早めに使ったほうがいいし。

僕はどんどん黒糖の消費が進んでようやく在庫がはけてきたよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

18きっぷ2017年夏、みちのくひとり競馬場旅

(2017-07-25)
先週末奥さんの妊娠が順調なことを検診で確認してから、翌日に18きっぷを購入。
そして日曜から月曜にかけて一泊二日で福島に旅行にいってきた。
もちろんひとり。

臨月の妊婦を置いて一人で旅行、それも競馬場とは、まさに外道、と思うかもしれないが、
奥さんも賛成で、是非行ってこいと。
たぶん僕がいたら3食全部作ってしまうから好きな外食が出来ないからだろう。。。

おそらくこれが子無し生活最後の一人旅だ。。。
ちょっとした悪あがきである。

18きっぷのチケット代について
近所のチケットショップで権利5回のフル品を11,650円で購入。JRで正規品を買うと11,850円なので200円安かった。
後でも書くが権利3回残し品を新宿のチケットショップで7,800円で売れたので、この二日間で実質3,850円で移動したことになる。
安い!

そしてホテル
アパホテル福島を予約。
そもそも宿泊費を抑えるために漫画喫茶も検討したが福島駅にはなく、南福島駅からそこそこ歩くところにあるので真夏はきついのと、試しに検索してみたらけっこうビジネスホテルが安いのよ。
しかも最安値だったアパは福島駅の目の前の上に2017年3月にできたばかり。
それで宿泊は税込み3,900円、これは安いでしょう。
大浴場と露天風呂付とあるし、これはネットカフェ2000円程度と比べたらケチらずにアパホテルだなと。
楽天でもヤフーでも予約できたが、ヤフーで消滅間近の期間固定ポイントがあったのでそれを使い、カード決済でさらに割引を利用して実質3,700円程度に。またハピタスを経由したのでそちらのポイントも貯めた。

では、今回の旅行を写真と一緒に振り返ってみよう。
かなり画像が多くなるので楽しんでください。

旅行当日
早朝4:00起き。

軽くネットをチェックして用意したら最寄りのJRの駅まで歩く。
5:00ごろの始発電車に乗り、北へ北へ。
東北線に乗ってどんどん北上、宇都宮-黒磯-郡山-福島。
東京からはだいたい6時間程度の工程。
途中雨が降り始め、なぜか僕が18きっぷを使う時は雨が多いと嘆んでいた。
IMG_20170723_105536.jpg
ついたよーん、福島。この時点で11:00くらい。
正直ヘトヘト、お尻が痛い。

雨はほとんど止んでいた。
まずはラーメンを食おうとググって調べた駅前の丸信ラーメンというところにいったらなんと休業!
がっくり。
日曜でしかも競馬開催日に休むとは、やる気あんのかw

しょうがないのでコンビニでおにぎりやパン(336円)を買い、そのまま歩いて競馬場へ。
田舎は車社会なのでほとんど歩いている人がいない。
日曜だから人出ではそこそこあるはずだが。

30分ほどで競馬場に着く
IMG_20170723_113136.jpg
入口が意外とオシャレ。
ここで重要事項を一つ。
節約家は8枚つづりの1枚当たり125円の入場券を持っているだろうがそれをここで使ってはならない。
ローカル競馬場は入場料が100円なのだ。
だから普通に100円払って入るのがいい。

入って2階に上がるとパドック。
パドックが2階にあるって珍しい。
IMG_20170723_151504.jpg
このようにこじんまりとしたパドックで当日は重賞も無く人も少なかったから非常に見やすい。
画像手前の芦毛馬はメインの福島テレビオープンを勝ったマウントロブソン。

IMG_20170723_114552.jpg
福島と言えば藤田菜七子?なのかな。
夏は菜七子というアニメ風垂れ幕があった。

IMG_20170723_134511.jpg
こちらはメモリアルコーナー、つまり展示室。
東京競馬場の競馬博物館と比べるとかなり小さいが目玉商品がある。

それは、、、
IMG_20170723_134918.jpg
これよ、福島といえば七夕賞、そして大逃げのツインターボ。
中館騎手のサイン入り色紙と共に勝負服が展示されている。

IMG_20170723_155351.jpg
こちらがウイナーズサークルでゴール板のすぐ近くにある。
メインの福島テレビオープンを勝った面々。
左端は堀調教師。
オーナーの金子さんは不在だったようで金子真人ホールディングスの代理の人が来てた。

このメインレースまで、空調の効いたガラス張り内の座席でくつろいてレースを見ていただけで馬券は1円も買ってない。
それはいつものことだが、さすがにこの遠方まで来てそれもどうだろうと思い、最終レースだけ買ってみた。
財布を開けたら小銭が200円程度あったのでそれで馬連を一点購入。
1番人気からパドックで良さそうに見えた13番に。
IMG_20170723_163452.jpg
そしてレースは逃げる藤田菜七子騎乗の10番タニマサガールが直線入口で大きなリード。
このまま勝つか2着は堅そうだと思っていたところ、一気の脚で外を楽な手ごたえで2番サレンティーナが交わして先頭、
最後の二着争いに13番ナリノメジャーがタニマサガールにジワジワ迫って並んだところがゴール・・・
そして判定が、、、13番ナリノメジャーが交わしていた。
2-13.。。。。。
そう、馬券が当たってしまったのである!!!
なんということか、福島競馬場初参戦、初馬券でしかも馬連一点買い。
それで当たるとはね。
他には一点も買ってないわけだから僕の福島競馬場での馬券的中率は今のところ100%ですw

少額とはいえ馬連なのでそこそこ配当はついて1,730円。
200円購入してるので払い戻しは3,460円。
ホテル一泊ぶん近くが浮いちゃったよ。

なお、競馬場ではブログ仲間のしいたけをさんとも合流し、たまに雑談をしながら観戦していた。

この日は夏の福島最終日なのでリーディングの戸崎騎手の表彰。
21勝は一階催での最多タイだそうである。
IMG_20170723_164509.jpg

そして最終日だったので馬場開放というイベントが、、、これは想定していなかった、嬉しい!
IMG_20170723_165228_1.jpg
こんなふうにターフに入れるわけだよ。
ゴール板前にもいける。僕もこの後に入っていった。
入場するときは本馬場入場の音楽を流してくれるという粋なサービス付きである。

IMG_20170723_165750.jpg
スターティングゲートにも近づけるし触ることもできる、ただし登っちゃダメ。

IMG_20170723_170354.jpg
こいつはダートコースを整備するトンボを引っ張るような車。

IMG_20170723_170037.jpg
芝は綺麗だね。
でも歩いてみるとけっこう柔らかくて凸凹してて人間の足では歩きづらい。
内側の芝が剥がれて土が出ているところのほうがむしろ歩きやすかった。
でも馬にとってはこのグリーングラスのほうが走りやすいんだろうね、そのほうがタイムだって早いわけだし。
これは貴重な体験であった。

入場イベントも終わり、競馬場を後にして近くの岩谷観音を観に行く。
IMG_20170723_172912.jpg
いわゆる摩崖仏といって岩に掘っている仏像。

この後、福島駅までバス(270円)で戻る。
さすがに疲れていたので歩きはやめた。

駅についたらホテルに行く前に近くのヨーカドーでビールを購入(235円)、これは後で部屋で飲む用。
アパホテルにチェックイン。
さすができたばかりのホテルは超綺麗。
ネットカフェはやめてこちらにしてよかった。
荷物を置いてすぐに出る。
再びしいたけをさんと合流し、そのままガストでオフ会。
2時間ほど飲んで食ってしゃべって出てきた。
この日はしいたけをさんにゴチになりました、ありがとうございます。

ホテルに戻って風呂。
大浴場はそこそこの大きさで、気持ちいい。
ただ準天然の人工温泉って意味不明w
ただの沸かしたお湯ですって言えばいいのに。
露天風呂はベランダみたいなところに人がちょうど入れる大きさの陶器の桶が二つあってお湯が循環するようになってるだけ。
これは正直しょぼいw
しかも外の風景は全く見えないし、これ露天と言っていいか。。。
まあ仕方ない、そこは格安のビジネスホテルである。
温度が高いので足湯状態で長く入る。

しっかり温まったら、部屋に戻って、いよいよ・・・
IMG_20170723_214852.jpg
うぇーい、ちっくしょーう、というわけで風呂上りビールタイム。
このためにヨーカドーでビール買ってホテルの冷蔵庫で冷やしておいたのだ。
なお、アパホテルは節約のため冷蔵庫に電源は入ってないので部屋に入ると自分で電源を入れる必要あり。

出先で風呂あがりにビールというのがなんともいえない楽しみ。
350缶一本でしっかり酔える安上がり体質なので歯を磨いてこのまま就寝。

翌朝は6:00に起床して朝風呂に入る。
7:30ごろ出発。
まっすぐ東京に戻っても良かったがせっかくだからどこか寄ろうかと旅行出発前日にgooglemapを見ていたら郡山駅から磐越西線という福島の内陸奥地に行く路線を発見、磐梯山が近くに観られそう。
IMG_20170724_092031.jpg
会津若松行きってなんか格好いいね。
磐越っていうくらいだから先々は新潟まで行ってるっぽい。
出発まで時間があったので一旦駅を出て昼飯を物色するが早朝でやってないのでまたコンビニでパントおにぎりを購入(339円)
18きっぷだから何度でも駅の出入りができるのはいいね。

途中磐梯熱海という駅があり、温泉街があった。
IMG_20170724_095627.jpg
今回は時間無かったが次回はこの温泉いくのもアリだな。

そして目的の猪苗代に到着
IMG_20170724_102611.jpg
そう、野口英世生誕の地なのである。僕は特にファンではないのだが。

IMG_20170724_105133.jpg
せっかくなので歩いて猪苗代湖まで行ってきた。
片道2km程度で大人の男ならさっさと歩けば50分くらいで行って帰ってこられる。
やはり歩いているのは僕くらい。
ここから湖畔にそってもう少し西に歩くと野口英世記念館があるのだが時間の関係上パス。

猪苗代駅に戻り、トイレを済ませ、売店でビールを買って郡山に戻る電車に乗る。
IMG_20170724_114606.jpg
雨でけぶる磐梯山を車窓ごしに観ながら乾杯。
うぇーい、ちっくしょーう。
売店でエビスはなかったので、なぜかあった北海道限定のサッポロクラシックを選択。

郡山に到着するとラーメン屋を探す。
昨日食べられなかったので、今日は何かしら食べようと調べて見つけたのが、この店
IMG_20170724_121911.jpg
あさくさラーメン、なんで浅草?でも食べログの評価が割と良さそうだったので入ってみる。

IMG_20170724_122926.jpg
店内の人が塩ラーメンをよく頼んでいたので美味しいのかなと思って僕も塩ラーメンを。
これで税込み642円
味は意外な薄さ、濃い味が苦手な僕にはちょうどよい、塩気抑え気味でさっぱりとなかなか美味しかったぞ。

郡山駅にすぐ戻り、お土産屋を物色。
IMG_20170724_125111.jpg
三万石という有名店があって、そこの、ままどおる、とエキソンパイが有名。
奥さんからこの二つを買ってこいと言われていたのでそれぞれ一袋ずつ購入(1,512円)。
試食用です、と言ってままどおるを一個オマケでくれた。

そして電車に乗り、東京へと向かう。
来るときの逆の順で郡山-黒磯-宇都宮と。
宇都宮からは湘南新宿ラインなのでそのまま都心に向かえる。
新宿で降りて18きっぷの売値をチケットショップ街でチェック。
5店ほど回って大体8千円弱くらい、なかなかいい値だ。
すぐには売らず、そのまままたJRにのって都内某所で友人と会う。
この友人との会合をこの日に設定することで18きっぷがまた生きるのだよ、この電車賃分が浮くからね。
そして会合が終わったらまた新宿に戻って18きっぷを売却、7,800円。
冒頭でも述べたように、これで当初の5回権利品11,650円から差し引きで実質3,850円で二日間、福島までいって、途中猪苗代により、都内で移動して友人にも会ったりして、かなりのオトク感だ。
ポイントは夏のお盆前であること、これがお盆が過ぎると売却価格は一気に下がるのでこの時期がオトクということだね。

18きっぷの旅は長く電車に乗るので本は一冊くらい持っていくと良い。
IMG_20170724_134715.jpg
こちら、らいくむさんが紹介してた本。
先日モスルが陥落したニュースがあったと思う。
ISIS誕生の背景、中東、イラクの事情がよく書かれている。
もちろん図書館で借りているので無料。
飲み物は魔法瓶の水筒に入れていったのと帰りはその魔法瓶にホテルで沸かしたお茶を入れて行ったので水系はペットボトル一本も買ってない。ビールだけだ。

今回の旅は一泊二日で福島までいって、あれこれやったものの12,000円くらいしかかかってない。
かなり安上がりだったと言える。
しかも馬券まで当たってしまったから、それを引いたら1万もかかってないw
夏に安く旅行を計画している人の参考になれば幸い。

これで子無し最後の一人旅が終わった。

臨月の妊婦をおいて出かけられるのもこのくらいの日数時間が限界だろうな。
幸い、僕が出かけている間に急に奥さんが産気づいて緊急事態ということもなく、僕は無事に帰宅。

今回の長い記事、
最後まで読んでくれた人はありがとうございます。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

連休明けのプールがガラガラ

(2017-07-18)
毎週1日はプール行ってる。

今日昼過ぎに行ったところ、ひさしぶりのガラガラ。
平日だからいつも空いてはいるんだけど、今日はさらに少なかった。

25mプールで6レーンあるんだけど、客はなんと6名だけ。
つまり一人1レーン占有状態。

実際には歩き専用コースがあるから泳げるのは5レーンなんだけど、歩きコースに3人くらいいたからなんと実質1レーン以上になった。

後から少し人数は増えたけど、これは気持ち良かったよ。

数えたらプール監視員スタッフが6名いたので、なんと1人に1人ついてる状態。
まあみられてるようで恥ずかしい気もするが、これも考えようによっては贅沢な話だ。

リタイアして平日娯楽を楽しみまくっているが、土日と平日でこうも違うのも面白い。

子供が育って一緒にプール行くようになったらイモ洗い状態の週末プールに行くのかなあ、いやだな。

居酒屋のハッピーアワーなど、とにかく平日とか早い時間にはオトクなサービスが一杯。

リタイアしたらこういったオトク娯楽を片っ端からやるのもいいね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

角煮からチャーハンと煮卵まで

(2017-07-18)
久しぶりに画像たっぷりの料理記事だよ。

もう2-3年角煮を作ってなかったのだけど、たまたまスーパーで安い豚バラブロックを見て買ってしまった。
奥さんが肉が食べたい、脂っこいものガー、というのでタイミングは丁度良かった。

それとブログ仲間の緑熊さんから煮卵の作り方のサイトを教えてもらったのでこれも試してみることにした。
半熟のトロおっと溶け出すやつだね。

さて、角煮から
IMG_20170709_183806.jpg
ブロックをカットしてフライパンでじわりと温めると脂がジュワジュワしみだしてくる。
このように脂で揚げてるような状態になる。
しみだした脂は捨てて、もう一回脂をだしてまた捨てて、と二回繰り返して余計な脂を捨てちゃう。
でないと異常に脂っこいものになっちゃうからね。。。

で、フライパンを軽くあらったら肉を戻して、しょうゆ、みりん、酒、砂糖を入れて煮込む。
今回は出汁も入れて水分を多くした、丁度出汁も取るタイミングだったので大量にあったのと後の煮卵を作るために汁は多いほうが良かったからである。
IMG_20170709_190319.jpg
画像ブレてるなー、でも雰囲気は伝わるでしょう、生姜をたくさん入れて臭みはしっかり取ってるよ。

水分が半分くらいに煮詰まったらとりあえず角煮はできあがり。
この通り
IMG_20170709_193554.jpg
出汁を取るのに使った昆布も刻んで後から乗せた。
この日はこれでビールを一杯やったのだが、なかなか合うね。
生姜を沢山入れたせいか臭みは全く無かった。

肉は半分残し、いよいよ煮卵の作成である。
煮卵は晩御飯を食べてゆっくりしてから夜の23:30くらいに作った。
一晩漬けるつもりだからね。

上記リンクサイトにしたがってまずは沸騰したお湯にいきなり卵を4個投入、そして6分タイマーをかけて待つ。
通常茹で卵は冷水から作るが、この煮卵レシピでは沸騰したお湯から始めるのがポイント。
IMG_20170710_000007.jpg
またブレてるな画像・・・
さて、この時の注意事項として直接卵を手で入れないで、お玉などに乗せてゆっくりいれること。
サイトにもそう書いてあったのだが、僕は甘くみて直接手で入れようとしたら蒸気がもろ指にかかって、アツっと反射的に手を放してしまい卵が勢いよくなべ底に・・・そしてカチっという音、、、そう少し割れてしまったのだ。
でもすこし白いふわふわしたものが出ただけでほぼ問題無かった、後の3個は慎重に入れた。

6分経ったらお湯からだして冷水にいれて3分タイマーをかけて冷やす。
IMG_20170710_000702.jpg
白いふわふわが目立つね、、、
この工程があるので氷は用意しておこうね、冷蔵庫の製氷機の氷で十分。

この後、流水にあてながら殻をむき、煮卵は完成。
この茹で6分、冷やし3分というのが失敗しない煮卵の黄金律らしいので、しっかりタイマーで量ってやろう。

殻を剥き終わったら器に角煮の煮汁と一緒に入れて浸す
IMG_20170710_001354.jpg
こんな感じで漬けてみた。
汁自体はすっかり冷えているので卵に熱はかからない、あとは時間をかけて漬けるだけだ。
蓋をして冷蔵庫に入れて翌朝まで待つ。

IMG_20170710_072407.jpg
するとこんな風に色づくわけだね、ラーメン屋の煮卵みたい!
朝一でひっくり返して昼までまたさらに6時間ほどつける、前の日の晩からすると合計12時間くらい漬かってるわけだ。

さて、昼飯時。漬かった煮卵は脇にどけて皿にでも置いておき、煮汁をつかって簡単なチャーハンを作る。
IMG_20170710_122754.jpg
ネギや小松菜を追加してチャーハンを作った。
それに残っていた角煮と煮卵を乗せる。

さあ、ここまでやって成功なのか、どうなのか、、、御開帳!!
IMG_20170710_122810.jpg
おおお、いいねいいね!
ドロおおおっといい具合の半熟卵だ。

煮汁の漬かり具合が浅かったようなので、卵の白みがもっと茶色づくくらいにするには2日くらい漬けたほうがいいのかな。

大成功。
もし失敗してたら、
煮卵作成失敗・・・だがもう半熟には戻れない
とパクリタイトルでウケを狙おうかと思ってたんだけど、ばっちり成功してしまった。

今回のように何かを作ったらその残りで何かを作り、またその流れてあれが出来て、という連携ものは結構好きだ。
ただしそのぶん最初のものを作らないと次のものを作ることは無くなるので、おそらくだが次に煮卵を作るのはかなり先になりそうだ。
ウチでは肉をこんなに使うことって滅多にないからね。

料理って楽しいね。

リタイアした暇人はばんばん自炊して楽しもう。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

定例オフ会と温泉

(2017-07-13)
いつもの定例オフ会、前から企画してた温泉に昨日行ってきた。

緑熊さん、snufkinさん、みぞれさん、と僕の4名。

株主優待券を持っているということでありがたく体験してきました。

場所は都営新宿線の船堀駅から徒歩5分くらいの、まねきの湯
IMG_20170712_104546.jpg

いわゆる健康ランド的なところで、なかなかゆったり風呂に入れる。

ぬくぬくーぽん
こちらのクーポンを使えばタオルセットと入湯料で格安に入れる。
株主優待との併用も可能。

この日は男性のほうは露天風呂が掃除中で入れなかったのは残念だけど、ぬるいお湯から暑いお湯、ジャグジータイプから、冷水など、いろんな種類の風呂を楽しめた。
あまり長風呂はしないほうだが、ゆっくりなんと2時間以上も浸かってしまった。
これだけゆっくり入ると上がったあともポカポカ感が持続する。
芯から温まった。

風呂上りには漫画喫茶的な場所でゆったり。
座敷のゆったりスペースで呆ける。

時間的に昼を軽く過ぎたので、そのまま4名連れだって飲みに。

平日の昼過ぎから飲めるってなかなか良いね。
場所は某高級中華で、14:00からハッピーアワーで生ビールが一杯200円。

このお店のクーポン券を持って行ったのでつまみもそこそこ安くなった。

2時間も風呂に浸かり切ったあとのビールなので美味しい!
調子にのって5杯も飲んでしまった。

この食事とお風呂の代金で一人2,500円くらい。
優待を出してもらったぶんだけこちらは助かってます、ありがとうございます。

たまには温泉もいいねー。
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク