「正直者が馬鹿を見る国民健康保険」を読んだ

(2015-12-08)
正直者が馬鹿を見る国民健康保険

この本ね。
丁度退職して国保に移らないといけない時期だし、以前に国保の記事を書いたときにコメントでサムライコボリさんから教えていただいた本。

国民皆保険の健康保険制度は船員保険から政府管掌健康保険、公務員組合とかいろんなものを追加しながら、複数が乱立し、運営がバラバラなんだよね。
それに国保は運営主体が各市町村となっているから、国保間の格差も大きい。
東京と札幌では計算の保険料が7倍くらい違うとか、賦課限度額で上限をかぶせてもそれでも4倍以上差がある。
かなり古い本なので現状ではまた違ってくるだろうけど、基本的には変わってなさそうだね。

また徴収員としての経歴から、異常な支払い逃れとか、役所の杜撰な対応による徴収漏れが多いことなど、色々書かれている。
結果的には支払い逃れのバイブル本になってしまっている面もありそうだけどね。

著者の言うとおり、全ての健康保険制度を一本化して、なおかつ現行の保険料方式はやめて税方式にしないとどうにもならんだろうね。

役所の運営がいい加減で無駄が多く出鱈目なのは国保に限らずなんでもそうだから内容は驚きではなく、むしろすんなり入ってくる。

しかし考えてみると僕は東京在住だから、全国の中でも比較的有利に国保に加入できるんだな。
これが一本化されたら負担が平均化されるわけで、自分の負担が増えるね。
それでも社会の公平のためにはそうしたほうがいいんだろうけど、僕個人としては余り大きな声でこれを言わないほうがいいのかもね。

現状の国保、という観点で見た場合、東京はリタイアに優しいと言えるかもしれない。

ただしマイナンバー制度はじめ、各種効率化が進めばこのあたりも解消していく可能性はあるね。
膨れ上がる医療費に歯止めをかけるためにはいずれ大幅に変えざるを得ない仕組みでしょう。
地方への移住はこの不公平が解消されてからでもいいな。
病院なんて行かないのに現状の地方の高い国保料なんて払いたくないからね。

前年収入がゼロならやはりどこにいっても均等割りだけでいいのかな、でも貧乏市町村だったらマイナンバー制度を使って金融資産額を基準に高額な保険料設定とかしそうだし。
ウチの場合、数年後に奥さんの実家近くに引越しなんて話も出ているんだよなー。

このあたりしっかり確認しながら動かないとね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは予測するのが難しいですよね。マイナンバーで一番怖いのは資産税だと思います。もしそういう話がでれば富裕層のキャピタルフライトはかなり進むんじゃないでしょうか。
そしてそこから取れなくなったらどんどん下の方に手が伸びてきそうです。

お金を持っている人からたくさん税金を取るっていうのは一見合理的で不平等がないように見えますが資本主義に合致してないように思うんですよね。

Re: No title

>クロスパールさん
そうなるともう共産主義ですね。
もしそのような資産税をやるとしても身内とかにはしっかり抜け道を作って自分達だけ逃げる人達もいるでしょうね。
我々としてはできるだけ情報をキャッチして上手に立ち回るしかないですな。

No title

国保などの社会保障は資産金額、収入に応じて負担を決める流れだとおもいます。

確かに資産三億円でも年金等の所得が少ないのが理由で補助を出すのも考えようです。

どこで線を引くかですね。

Re: No title

>たんちんさん
そうですねえ、その方向ですよね。
願わくば何億円という資産に線を引いてもらって自分のような零細リタイアには影響が無いようにしてもらいたいものです。

No title

取れるところからはどんどん搾り取られるようになるんでしょうね。
一億総活躍なんだから(働けるのに)働かないでいる人の資産は余剰分だからなどと搾取されると困りますが・・。

No title

引越しマジック使いますか?(笑
色々確認しながら動いたほうがいいですね。
一億総活躍とかもそうですが、税金とることしか考えていない政府はいただけないですね。税金で給料もらっている政治家は懐を痛まない法律だけは色々作るので困ったものです。

Re: No title

>砂希さん
半強制労働社会が待っているんですかね。しかし資産課税をするにしても何億とか、かなり多い資産家からやって欲しいです。

Re: No title

>サムライコボリさん
私の場合、リタイアにともなって引越しをしたので、それで自然とそうなってしまうかもしれません。
とりあえず様子を見ます。
教えていただいてありがとうございました、ちょっと慎重に動いてみます。

No title

医療費の際限ない増加は、
みんなを比較的平等に無理やり生かしてしまうことが正義となっている
患者・家族・医療・社会保障、全般の問題なんでしょうね。
昔の人がみたら、呆れるほどに徹底的に贅沢な社会を実現してますから。
そりゃ、維持費が馬鹿になりませんよね^^
個人的には維持できてるのが不思議なぐらいですから。

社会主義型の公平性も悪くない社会なんでしょうけど
社会主義・共産主義は何しろ腐敗が民主主義とは比較にならないほど
ハンパなくひどくなるのは
現在進行形で実在する国家が示す通りだし
欲望に正直な方々が、欲求満たすための抜け道必ず見つけますよね。

マイナンバー、情報漏れが怖いけど
必死になって反対する人たちの姿みてると、
あなた達、どんな情報隠してるの?なんて余計なことを考えてしまいますw。

資産課税は遅かれ早かれ、避けることができないんでしょうね。


Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
健康保険はいずれ立ち行かなくなる制度ですね。
マイナンバーは脱税の補足など有効に利用して欲しいものです。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク