裁判を傍聴してきた

(2015-10-28)
リタイアしたらやろうと思っていたことの一つが裁判傍聴だ。
昨日、電話で確認したとおり、特に手続きなどは必要なさそうなので本日さっそく行ってきた。
本当は都心の東京地裁に行ったほうが色々あるんだろうけど、まずはお試しということもあるし、
リタイア生活は電車賃のかからない自転車で、と決めているので、近くの簡易裁判所に行った。

結論から先に言います。
面白い、、面白いよ!これ。
行って良かった。

午後一で裁判所に行ったら受付にいたおじさんが親切に応対してくれた。
今日はほとんど午前中で終わってしまって、午後は一件だけだよ、と。
しかも民事だし、つまらないかもしれないから、ちょっと見て面白く無かったら途中で帰ってもいいよ、とかなりトーンの低い感じ。

まずは第一号法廷という部屋に入った。
簡易だけあって広さは10畳くらいのこじんまり。
おお、あるじゃないの、奥の少し高いところにあの裁判長席っぽいちょっと背もたれの高い玉座みたいな席が。
そこの下にまた囲いと席があって、ノートパソコンが置いてある。
で、さらに手前に左右から向かい合うように席がある、おそらく原告と被告が向き合うんだろう。
その間にはマイクとまた席があって、これは判決を聞くときに立つところなのかなあ。
そこから敷居があり、傍聴席はその手前だ。敷居から先には僕は行けないっぽい。

傍聴人は、、、僕だけ!なんと一人だ、皆もっと見に来ればいいのに。傍聴席は16席くらいあった。
しばらくすると誰かが入ってきた、あれさっきの受付のおじさんだ、と思ったらこの人が真ん中の席に座った。
受付係りのおじさんじゃなかったのね、後で書記官と判明。
そして原告と被告が入ってきたんだけど、別に呼び出しなどはなく、それぞれ普通に、こんにちはー、みたいな感じで書記官の人に挨拶して入ってきた、何かの係員かと思ったよ、裁判の当事者とはね。
ほどなくおじいちゃんと女の人が入ってきた、これが裁判長で、女性はなんとか委員というらしい。
ちなみに裁判長とは裁判官が複数いる場合の呼称で、今日の場合は一人だけだから裁判官でいいそうです。
さて、しばらく待ってから法廷が始まった。
その前に、裁判長から、「あ、原告も被告もいるね、あれ、あの人は、、、ああ傍聴人ね」、と、、、ご指摘恐れ入りますw

裁判の内容だが、ここには書けない。
これは裁判が終わってから書記官に聞いたのだが、裁判自体は公開しているものなのでどこで話そうが勝手だが、もしツイッターやfacebookはじめネットに書いたことにより原告や被告の不興を買って名誉毀損なんてこともありえなくはないからネット等には書いたりしないほうがいいよ、とのこと。
なので書かない。
簡単に言うと、「原告:カネを払え 被告:いやそれはもう払ってる」、的な話です。

裁判自体は裁判長のリードで進む。隣のなんとか委員の人はほとんど話さない。
双方に言い分があって、面白かった。
また裁判長がどちらかというと町内会のおじいさんみたいな感じで難しい法律用語もそんなに無く、「まあまあ、あなたの言い分もわかるけどね、、」と場をコントロールしていた。
この裁判長ときどき苦笑いしながら、傍聴人の僕にまで目を合わせて苦笑してくるんだよね、同意を求めてんのかな、大変でしょ、この仕事って。
結局1時間半ほどかかって特に結論は出ず、最終的に別部屋に移ってそこでいい線での和解するかの話し合いをするそうだ。
裁判長もこれからのお互いのこともあるからほどほどでオチをつけたほうがいいよ、と言っていた。
その別部屋での和解の話し合いは非公開なので僕は入れなかった。
もしその話し合いで決着が付けば判決の言い渡しのようなものがあったそうだが、この話し合いが長引くと夕方になってしまうので、僕はそこで帰ってきた。。。
うーん、最後の判決まで聞きたかったなあ。しかし夜になると自転車のライトないから警察に怒られるんだよな。

魔法ビンに入れてたコーヒーをたまにチビチビ飲みながら聞いていたけど、本当は飲食禁止だったかな?マナー違反だったらすいません。でも全然怒られる雰囲気は無かった。

書記官のおじさんによるとこの簡易裁判所は月曜は刑事事件、水木が民事、火曜と金曜は調停、が定番だそうだ。
開廷は10:00から。12:00-13:00は昼休みで午後は13:00から16:00くらいまで。
いずれも午前中のほうが充実しているので午前がいいと、ただしその日に電話で問い合わせてから来ないと何もないこともありえるとのこと。
次は月曜にいって刑事かなあ。
近くと言っても自転車で3-40分かかるからそれなりに遠い。
26インチのしっかりした自転車が欲しいな。。。

帰りがけに裁判所近辺のスーパーに寄ってみた。
キャベツとニンジンが安かったので買って帰った。

裁判傍聴。
けっこう面白くて、もちろん無料。
また新しい格安娯楽を見つけてしまったぞ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

興味そそりますわ、傍聴行こかなあ。何か聞いてはいけないような気がしてしますなあz

Re: No title

>たんちんさん
是非是非行ってください。働きながらでも有休とれば行けるし、どうせ捨てるような有休があればですが。

No title

おもしろそう。
ちょっと敷居が高い感じがするけどそうでもないのかな。

Re: No title

>クロスパールさん
僕が行ったところは敷居は全然高くありませんでした。
しかし近くには法学部の人とか専門学校の人だっているだろうに、全く傍聴って行かないものなのかな。僕一人とはね。

おもしろいんです

そうそう、面白いですよ
私は競売をやっていた時期があったから地裁には
たまに出掛けていて、時間がある時は傍聴していたんです

とある刑事事件で
若い20代の女性のキャリア検察官が
とうとうと50代の暴力団構成員を諭している場面などは
なかなか見ごたえありましたw

簡裁は行ったことがありません
少額訴訟関連が多いですよね

Re: おもしろいんです

>消費しないピノキオさん
そっか競売に出かけていれば見る機会は一杯あったわけですね。
なかなかいいものが見られましたね、僕も面白いのに遭遇したいです。
簡裁と略すのですね、なかなかアットホームな雰囲気でした。

面白そう

お久しぶりです。
面白そうですね。
私もいつか行ってみようと思っています。
テレビドラマや小説の法廷ものも好きです。
現実とは違うとは思いますが...

Re: 面白そう

>スイス鉄道のようにさん
お久しぶりです!
面白かったですよ。
劇的なものはなかったですが、町の調整屋さん、みたいな雰囲気でした。
弁護士もいなかったし、異議アリ!!なんて見てみたかったですけどね。

No title

ドラマではないリアルな世界がそこにあるんでしょうね。
僕も一回傍聴してみたいな。

No title

羨ましい、とっても面白そうです。
「意義アリ!」みたいなことは、殆どないんでしょうけど、そういう場面もあったら、白熱しそうですね^^

No title

面白そうですね。
民事は基本的に和解を勧告するというイメージがありますね。

東京地裁がオススメです

傍聴に行かれるなら、霞が関の東京地裁が絶対オススメです。
裁判の種類や数が圧倒的に豊富です。
(東京以外の都市は裁判数がそもそも少ない。わたしの感覚ですが、1日あたりの地裁の開廷数は、東京:大阪:名古屋で10:4:1くらいかと。)

尚、東京高裁も東京地裁と同じビルですので、こちらは裁判数は少ないですが、地裁より込み入った内容が審理されていますので、聞きごたえがあると思います。

東京地裁も東京高裁も、1裁判あたりいつも5~20人くらいの方が傍聴されています。

何回も傍聴してると、いろいろ興味深い場面に出くわします。
わたしが見たのは、裁判官が新人検察官の段取りの悪さにため息をついたり、ダメ出ししたりしている場面を見ました。
法廷内の緊張感とのギャップが印象的でした。

Re: No title

>ゼロさん
ネットで近くの簡易裁判所を探せばあると思いますよ。
あとは有休を取ってまで観にいくかどうか、ですが、一回くらいは価値あると思います。

Re: No title

>煙々さん
弁護士がついたハードな刑事事件だったらあるんでしょうね。いつかはそういうのも見てみたいですね。

Re: No title

>センチさん
和解勧告、ほんとそんな感じでした。まあまあ穏便にいこうよ、というノリでした。

Re: 東京地裁がオススメです

>だるまさん
やっぱ地裁までいったほうがいいですかー。
ただ僕はまだ初心者なのでしばらくは簡裁で、そして物足りなくなってきたら霞ヶ関までいこうと思います。
なるほど新人教育の場でもあるんですかね、ていうか当事者からしたら早くしてくれーって感じですかね。

初めての傍聴お疲れさまでした。楽しかったようで何よりです。

裁判官はよく和解勧試をしますが、今日の傍聴がまさしくそれかもしれません。

No title

私もやりたいことに入れていますが、まさかそこまで面白いものとは!
争いごとは嫌いですが、他人の争いをどう仲裁するのかには興味がありますので、私も楽しめるのではないかと楽しみです。

Re: タイトルなし

>まだ労働者さん
色々とアドバイスありがとうございました。
まさに和解を勧めていましたね。
次は刑事も見たいです。

Re: No title

>プライアさん
面白かったです。ただ面白さは人によって感じるところも違うと思うので、まずは行ってみて判断してください。
またたまたま面白い裁判に会う偶然もあると思いますから。

簡裁の刑事裁判は、多くが区検(裁判所でいうところの簡易裁判所)の副検事が担当すると思いますので、ぜひまた傍聴なされてください。

Re: タイトルなし

>まだ労働者さん
なるほど、さすがお詳しい。
来週の月曜にさっそく、と思いましたが予定があったので、再来週の月曜が候補になりそうです。

No title

人様の人生が見えるようで、面白そうですね。(他人事がいいですw)

裁判傍聴、是非とも行ってみたいです。

Re: No title

>祝詞婆さん
近くにあれば是非行ってみてください。まさに他人事なので純粋に楽しめますよ。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク