取引先と飲む。リタイアに対する理解は普通にあった。

(2015-09-29)
先々週、辞めるといって、取引先にもメールで連絡をしまくった。
定型の文を基本としつつも、それぞれに個別の思い出を書きつつ、別れを演出した。

そんな中でもすぐにメールの返信をくれたり、すぐに電話をくれる人がいて、今日はその一人と飲みにいった。

9月18日に最終出勤日を迎えてから、実に10日ぶりか。
久しぶりにスーツを着て、街中に出かけていった。
ヒゲを剃ったのも10日ぶりである。
丁度伸びすぎたヒゲがゴワゴワして鬱陶しくなってきたので、いいタイミングではあった。

何もスーツは着る必要はなかったが、相手は働いていてお疲れの身だし、そんな中、自分はリタイアしたので、とラフな格好で行くと少し申し訳ないのでは、と思いつつスーツに袖を通した。

革靴を履くのももしかしたらこれが最後かもしれない。
もし近所の人が見たら、何でこの人は夕方にスーツを着て出かけているんだろうといぶかしげだったであろう。

当然だが電車は空いていた。

待ち合わせてすぐ適当な居酒屋に入り、ひとしきり飲みながら自分の境遇を語る。
向こうは家を買ったし、まだまだ働くし、60まではおそらく解放されないであろうとのこと。
そしてこの方の境遇がうらやましい、すばらしい、と褒めていただいた。

もっとも彼も仕事が嫌いなわけではない。
ただし満員電車の通勤が最高にイヤだ、というのは一致していた。
それを止めるだけでも価値がある。

僕が辞めるとメールして、特に会社に不満が無いのに何故だろうと疑問に思ったそうだ。
しかしまさかリタイアとは想像がつかなかったようである。

ハッピーライフおめでとう、と言われながら別れてきた。

思うに自分は堂々とリタイアを語っているし、委細隠さず、おおらかに話しながら、反発や説教の類が無いのは不思議である。
おそらく知らず知らずのうちにそういった仲間だけが身の回りに居て、理解できない人間は自然と離れていくものなのだろう。

リタイアするのはうしろめたいどころか、こんな楽しい生き方があるんですよ、と人に話すのは楽しくて仕方がないね。
胸を張って堂々と生きるのは素晴らしい。
まさに気持ちの良い酒席を味わった日であった。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人徳ですよ、私が同じような事を言うと反応が違うでしょうね。でも正直に話すが一番です。

いい友達がたくさんいて良いですね。

Re: No title

>たんちんさん
普段から正直に話していてよかったと思います。今更反発するような人間は回りにいないということですね。

No title

理解してくれる人がたくさんいるって素晴らしいです。
きっと招き猫の右手さんの人柄のおかげでしょう。

No title

理解してもらえて良かったですね。
包み隠さず何でも話せたら楽しいだろうなあ。酒がうまくてたまりませんねw

人徳

招き猫の右手さんのキャラが
社内にも顧客先にも浸透していたんだな
と思わせるエピソードですね

スーツを着て二人だけの飲み会に参加するなんて
気遣いが凄いですね 感動しましたよ

No title

正直に話してるけれど、再就職するけど今は内緒なんでしょ、と思われることが多いです。
信用されてないな。

Re: No title

>クロスパールさん
そういうことにしておきます。文中にも書きましたが、単にこのことが気に食わない人間は僕から遠ざかっていて、自然と周囲に居ないだけかもしれませんが。

Re: No title

>プライアさん
昨日も調子に乗って話しまくってしまいました。

Re: 人徳

>消費しないピノキオさん
感動しましたか。相手がスーツの上着を着ておらずこちらがキバりすぎました。

Re: No title

>砂希さん
僕もそのパターンは引継ぎのときによくありました。ま、その場合は適当に流しておくしかないですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク