今朝の通勤電車で心の中でサヨナラを言う

(2015-08-25)
今朝、といっても日付変わってしまったが。
24日の朝、いつものように通勤電車をホームで待っていて、ふと気付いた。

今週引越しがあって有休を取っているのでこの路線に乗って通勤するのは今日が最後じゃないか。

いつもの最寄り駅で、息をフーフー吐きながら辛そうなちょっと太っちょのお兄さん。
この人は近くの駅で乗り換えるからすぐお別れになる。

いつも自分と同じ車両で座っているハゲのおじさん。
座っているということはきっと遠方、始発駅くらいから通っているんだろうな。
顔はクシャおじさんのようにしかめっ面だ、しかしいつものようにピカピカのカバンを持っている。

これまた遠方から来ているであろう必ず座っているおっさんで、いつも上を向いて大口をあけてグーグー寝ているおっさん。
今日も爆睡してたな。

最後に同じ駅で降りるお姉さん、歩くのが早くでヒールの音がカツカツ鳴るからすぐわかる。

これらの人と会うのも昨日が最後だったのよね。

心の中で、さようなら、と言ってみた。

もう会うことは無いだろう。
もし向こうが僕の存在を認識していたら、最近あいつ居ないな、と思うかもしれない。
そういう時は、死亡か、転勤転職か、早期リタイアです。
最後の選択肢は想像もつかないかもしれないな。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今は電車通勤じゃないですが、そういえばかつては同じような心理を経験しました。
電車でいつも見る人に勝手にあだ名をつけて観察するのが好きでしたから。
一方的な友情(?)であっても、最後は何だか名残惜しいものですよね。

Re: No title

>プライアさん
結構皆さん周囲を観察してる可能性がありますね。自分も何かあだ名をつけられているかも。

No title

満員電車だとそこまで観察する余裕が無いんですよね・・・。
周りの人が頑張ってくれるかどうか、それだけが問題です。

Re: No title

>砂希さん
僕の路線はギュウギュウの満員ではないので、観察する余裕がありました。
昔、JRのすごい満員列車で通勤していたことがありましたが、あれは本当にひどくて立っているのがやっとでした。。。

ラスト

不思議とほとんどの人顔を覚えていません。

スマホを見ているからかなあ、ちょっと観察しようかな。

ラストですね

No title

こんばんは。

私も全員というわけではありませんが、
数名の方は顔を覚えていますね。
相手も気づいているのかなぁっていうのは興味がありますね。

No title

僕も転職したときに最寄り駅にお別れしたなあ。
その割りにたまに使っていますけどね・・・

No title

ほのぼのした感じのする記事ですね。
最後から2行目は鋭いですね!

満員電車卒業

おつかれさまでした うらやましいです

そういえば 先日東急線が大変なことになっていましたね

私はまったく関係ありませんでしたが
お勤め人は 本当に大変だなって思います

どんな状況になっても
次の日は何事もなかったかのように仕事ですからね

Re: ラスト

>たんちんさん
たまに周りを見ると楽しいですよ。人間観察ですね。

Re: No title

>センチさん
電車の中の皆が何を考えているのか分かったら面白いでしょうね。

Re: No title

>ゼロさん
じゃあ近場での転職だったんですね。たまに転職はいいもんです。リスクはありますが。

Re: No title

>あゆみさん
そうですか、ありがとうございます。

Re: 満員電車卒業

>消費しないピノキオさん
何があっても働くのがサラリーマン奴隷の鏡ですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク