「イスラームの日常世界」を読んだ

(2015-07-05)
いずれ中東をはじめとしたイスラム圏に行ってみたいと思っている。
世界最大のイスラム国であるインドネシアはいったことがあるが、バリ島はじめ観光地的なところだったので、
イスラームに触れる機会は余りなかった。

特にラマダンには興味があって、ラマダン入りの時期とラマダン明けを一気に経験してみたい。
メッカは残念ながら行きたくても行けない、異教徒は入ってはならないとなっているので、旅行者が好奇心で入ることは出来ないようだ。

さて、この本「イスラームの日常世界」は、人生の暇つぶしのらいくむさんに教えてもらったイスラーム紹介の基本的な本の一つ。
著者の片倉もとこさんは、北米留学でイスラームと出会い、その後、エジプトにも留学して、実際のイスラームの生活をしてきたようだ。

以前に読んだ、イスラームとは何か、はイスラーム成立の過程、歴史、宗教としてのイスラームそのものを掘り下げた本だが、
こちらはイスラームの人々の風俗、考え方についてより詳しく書かれている。

早期リタイアとのからみで考えるとイスラームには少しマイナス面があると思った。
ザカートという喜捨の概念について、不要な蓄財は少し悪ととらえられているようである。
無駄にカネを溜め込むことは汚いことで、カネは動かしてこそ、また弱い人に施すのは当然のならわしとされている。
これが徹底していて、困った人を助けても助けられた人は礼など言わないらしい。
むしろ当然の権利である、その事で助けた側が功徳を積んだことになるので、逆に感謝しろというくらいの勢いらしい。
貧しい人やホームレスに施しをしても当然のように受取り、礼は言わない、それでもムスリムは喜捨をする。
金利も当然にご法度である。
せこせことカネを溜め込み、金利、配当で暮らす早期リタイアとイスラームの相性は悪いな、と感じた。

逆に早期リタイアに向いている有利な発想もある。
それはラーハという考え方で、著者はこれをゆとりとくつろぎを足して、ゆとろぎ、という言葉で表現する。
ゆったりする、ぼーっとする、ラクをする、昼寝をする、家族とゆっくり過ごす。
これらのことがイスラームでは悪いことではなく、むしろ非常に大切なことと捉えているのだ。
イスラームにおいては仕事などは人生の最優先事項ではなく、ゆっくり、だらだらすることがむしろ意味のあることになっている。
そのためイスラム圏では日本なら働き盛りと思われるような大人が昼間から何もせずぼけっとしている光景がよくあるという。
ゆっくり、ぼうっとすることは瞑想ともつながり、神に近づくことでもある。
実際、使途ムハンマドは大商人の女性と結婚して経済的に裕福な地位を手に入れ、その後、ひとり瞑想する中で、神からの啓示を受けた。
そういったこともきっと関係しているのだろう。
スケジュールが埋まっていることをよしとする日本的思考とは真逆のものだ。

イスラームおいては仕事をしないでぶらぶらしていても、「ラーハだよ」と、と答えれば何の違和感もないのではなかろうか。
そもそも仕事をしないで何をしているんだとも聞いてこないと思う。
この日本においては、早期リタイア者が対外的な体裁のため引退後の肩書きについて悩む人が多いようなので、
家族と過ごす、じっくり考え事をする、そういった重要な時を過ごしているんだよ、と答えてもいいと思うな。
さすがに神に近づけるから、と答えると日本ではへんな新興宗教にハマっていると勘違いされかねないので、やめたほうがいいかもしれない。

僕の場合は、まさにぼうっとする、それ自体も楽しくてリタイアするのである。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ぼうっとする

ぼうっと出来るのは価値ある事だと思います。

あれこれ、しょうもない事に流されずに、自分の興味のある事だけする。いいなあ。

Re: ぼうっとする

>たんちんさん
まさにそう思います。周囲の雑念に惑わされず、自由に思索にふけるなんて最高の日々です。

No title

ラマダンの時期にイスタンブールのブルーモスク周辺に行ったことがあります。
夕方にたくさんの人が集まっていて、ちょっとしたイベントのような雰囲気でした。
トルコはイスラム圏としては行きやすくておすすめです。

ぼうっとするのは有意義な時間の使い方ですね。

Re: No title

>小黒とらさん
おー、トルコですか、いいですね。
ラマダン開けのお祭りはトルコでなかなか盛大なものがあるらしく、是非それを見てみたいです。

No title

私もこの本を読んだことがあります。

イスラム教は実は忙しい宗教なんですよ。

一日の5回のお祈りの前には定められた方法で身を清めます。この清めの時間を入れて、一日に約1.5時間から2時間ほどお祈りに時間を取られます。

今はラマダン断食の時期です。日の出の2時間前までに朝食を済ませなければなりません。関東ではだいたい午前2時半までに食べ終わる必要があり、その後3時ごろからお祈りをします。ですから、この時期、夜通し起きているムスリムが多いと思います。

昼寝については、日の出前のお祈りがある関係で、昼寝をしないと身体がもたない、という事情があるでしょう。

Re: No title

>あゆみさん
コメントありがとうございます。
5回のお祈りってかなり大変そうですよね。仕事を中断することについては逆にいい休憩になって体の体操にもなると言ってました。
日の出前に食事ってほんときつそうですね、
あゆみさんはムスリムなんでしょうか、体にきをつけてラマダン頑張ってください。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク