41歳の夏だから

(2015-06-26)
そういや自分は今年の誕生日で41歳になっていたんだ。

あのバカボンのパパと同じ。

もう春は終わって夏になろうとしているけど。
かといって、何がどうということもないが、もうかなりオッサンなのは事実である。

バカボンのパパは植木職人か庭師だかの職業でまだまだバリバリやっていた。
あの仕事にリタイアなんてないのだろうね。

41歳という年齢でリタイアしようとしている自分がバカボンのパパを思い出したよ。
本当に楽しそうな人生だよな。

自分の人生もそこそこやりたい放題で、適当で無責任にやってきたけど、
これでいいのだ、と思っているよ。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれっパパはそういう職業設定だったんですね。

そういえば僕も41歳の時にパパを思い出したなあ。

Re: No title

>ゼロさん
やっぱ皆思い出すんでしょうね、年齢でこれだけ有名なキャラもいないんじゃないでしょうか。

41歳を過ぎていた

41歳でリタイア これから先

やりたいことの大半が出来る年齢

思いっきり楽しんでください

動画 観ました

元祖天才バカボンの春

この曲 よくおぼえています
ルパン三世のエンディングと同様に悲しい気分になる曲でした

今回 初めて気が付いたのですが
脚本に大和屋竺さんの名前がありました
思わず唸ってしまいました

No title

あんまり覚えてないけど、趣味みたいに仕事してましたよね。
あんないい加減な人だけど、仕事だけはちゃんとやるんでしたっけ。

ショックなのだ

41歳だったんですか、もっと歳をいってると思っていましたが、抜いてしまいました。

バカボンのパパより年上か、少しショックz

Re: 41歳を過ぎていた

>消費しないピノキオさん
はい、じっくり楽しみます。
やはり印象に残る曲なんですね、ルパン三世のもそうですね。
その脚本家の方の名前は知りませんでした。

Re: No title

>プライアさん
そうですね、仕事はきっちりだったような。
でないとクビになっちゃうしね。

Re: ショックなのだ

>たんちんさん
僕はバカボンのパパに追いついたのがちょっとショックですね。

なんと…(;・ω・)

私は…バカボンのパパよりも四歳上になってしまうのかァ…
番組を観ていた時は、遥か年上の存在だった人の歳を抜かしてしまった!?
軽いめまいが…(~O~;)

それならば、半リタイヤしても良いですよねぇ。←それが言いたかった…(*^^*)
でも、今も平日は朝から夕方まで拘束されているのは変わりないので…貴殿には本当の意味での自由人になって欲しいと思いますね。。m(__)m

Re: なんと…(;・ω・)

>武蔵犬さん
漫画などの登場人物より上になるとちょっと感慨がありますね。
朝から晩まで拘束とのことですが、正社員ではなく気楽バイトならそれもよさそうです。
自分は資金が余裕があるうちはバイトすらする気がないですが、将来的にはもちろんしている可能性があります。
まあ人生なんとでもなるでしょう。

No title

バカボンのパパは、本当は無職設定だったけど、アニメ設定で無職はよろしくないということで、ふらふらしていても大丈夫だった植木屋になったんじゃなかったっけかな~?と思って、ウィキペディアを見てきました。職業のところにそんな話が書いてありましたね。

年齢に関しては、大学生となり社会人となっていく過程で、アイドルが自分より年下になってきている!ということ以降は、特に感じたことないですね。
そういえば、先日、新世紀エヴァンゲリオンの使途襲来の日が、2015年6月22日で、ちょっとしたニュースになっていましたね。古いアニメにおける遠い未来の日付として設定されているものが、迎えてしまったことには、ちょっと感慨深いものがあったり。

まぁ、ノストラダムスの大予言とかもありましたね。まだ地球滅亡してませんけど?って感じで^^

日付にしても、年齢にしても、通過点の1地点以上の意味もあまりないのだろうな。未来から今を振り返るようなことがあるなら、あのときは、ああだったな~くらいの、その程度の感想になりそうです^^

Re: No title

>煙々さん
本当は無職だったんですか、それは知らなかったです。
しかし労働の美徳のせいでパパも働かされる設定になったんですか。。。

アイドルとの兼ね合いは自分も大学生のころにありましたね、もう年下になったな、と仲間と言ってました。
アニメといえば北斗の拳なんて199X年ですからね、とうに過ぎまくっています、小さい頃は90年代が来たらどうしようと、それなりにドキドキしていたような。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク