清原和博、スポーツ選手の典型的な転落人生か、一般人の男も要注意だ

(2015-01-27)
以前にNFL選手の引退後破産率8割の記事を書いた。

今日見た記事、
清原和博「自決しようと思った」 食事はコンビニ弁当、糖尿病治療放棄…悲惨すぎる日常
スポーツ選手のもろさが見えてくる。

清原が野球世界の中心だったころ、僕もまだ野球を見ていて、当時、彼は間違いなくスターだった。
それがこうなってしまうのだから、まさに転落人生である。

口座残高が9,000円、とは、、、あればあるだけ使ってしまうタイプなのだろう。
こういう人は何億稼ごうが関係ない、税金で半分は消え、残りも豪邸やら贅沢な生活、派手な遊びで無くなる。
またカネを目当てにしたタチの悪い友人も集まってくるだろう、見得もあるし、舎弟をかこっていい気分だ。

特に気になったのはここ

引用

最も衝撃的だったのは、現在の一人暮らしについてだろう。家事に不慣れなため、「洗濯物がたまった時に詰め込みすぎて、乾燥機が壊れました」と語り、食事はマスコミの目を避け、行きつけの韓国料理店かコンビニエンスストアの弁当で済ますという。


カネがないのに、レストランにいったりコンビニ弁当なんて食べるなよって。
リタイアブログにあるような、見切り野菜でローコスト健康的自炊など無理なのだろうね。
しかも糖尿病の治療をしているならなおさら自炊のほうがいいのに。
家事が不慣れ、というのはこうも悲惨なのだ。
不慣れというよりは全く何も出来ないのだろう。
洗濯機すらまともに使えない、彼の生活力はゼロだ。

もちろん、清原の場合は極端な例にしても、他のスポーツ選手でも似たようなのは一杯居るだろう。
彼は元スター選手だから、この事自体もネタにされるだけで、彼は氷山の一角と見てもいい。
なんせスポーツ選手といったらロクに勉強もしていない、その道一筋の人が多いのだ。

そして、この有様は男一般にも同様のことが言えるのだ。
僕の同世代でも未だに家事は女性がやるもの、と思っている男がいる。
僕が料理掃除洗濯何でもやっていると言うと驚くやら、感心するやら、中には、
男のくせにそんなことをやっているの、恥ずかしいな、という態度を見せるのもいる。
これは明らかに間違いだ。
僕が家事をやるのは女性に優しいからでも、自分が弱いからでもない。
僕は自立しているのだ。
自分で全てできるから、明日から一人になっても清原のようになることは無い。

団塊世代のオヤジは見ていてこちらが恥ずかしい。
リタイアしたとたんに自分の世界が無くなり、家事などやったこともないから、部屋中を右往左往で家では粗大ゴミ扱い。
それでいてプライドだけは高く、奥さんにはブーブー文句を言ったり、偉そうに上から目線の指示だしとか。。。
もう、そりゃ熟年離婚されて当然だ。
そして離婚されたとたんに清原のようになるのだ。
料理は一切できないからコンビニ弁当や質の悪い外食でカラダを怖し糖尿病で苦しむ毎日、掃除や洗濯ももまともにできないから生活はどんどん荒むと。
一方離婚したほうの奥さんは分割した年金収入を計画的に使い、鬱陶しい旦那からは開放され、趣味を楽しんだり、それ相応の幸せな生活を継続しているのであった。と。
明暗分かれるとはこのこと、男は悲惨だね。

僕はそうならないためにも、長い一人暮らしで徹底的に生活力を磨いた。

これからは稼ぐ能力に合わせて生活能力も男を図る重要な指標になるだろう。
もちろんそれは男と女をひっくり返しても同じ事は言えるのである。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タレントでもそういうのがたくさんあるな。
中には犯罪に手を染めるのも。
一度上げた生活水準はなかなか下げられんという事か。
しかし俺も耳が痛い部分があるなぁ。愛妻に捨てられんよう気を付けねば・・・。

No title

最低限生きていける能力があればそれでいいと思うけど、彼の場合は見栄を重んじるあまりに薄っぺらい人間になってしまったのが不運なところ。
自分より弱い人にはケンカを売るのに外国人には何も言えないっぷりは現役時代から指摘されていました。でも高卒で大金を得てもてはやされたら、薄くなるのも仕方がないけどね。

Re: No title

>JANさん
捨てられないように男も家のことはできるようになっていたほうがいい。
できるようになれば奥さん側からも貴重な人間になるので、むしろ相手が離れられなくなるという好循環ですな。

Re: No title

>プライアさん
外国人には何も言えなかったんですか、なんか日本人そのものですな。。。
所詮はお山の大将だったと。

No title

やる気の問題ですね。
私も結婚前は殿様状態(食事の支度も洗濯もしません)でしたが、今は立派な(?)主夫兼個人投機家です!
炊事洗濯槽時猫の御世話までOKですよ。

Re: No title

>Colorless Freedomさん
すばらしいです。そうであれば全く問題ないですね。猫の世話は僕はまだしたことないな。。。

No title

まるで線香花火のよう・・・。
華々しく大いに輝いて、落ちて、ジュッ・・・。

Re: No title

>煙々さん
線香花火なら潔く消えるのですが、清原氏の場合は、最後までしつこくくすぶっていそうです。。。
自決しようと思ったができなかったって、リストカットの女子高生並のメンタリティです。

No title

プロスポーツ選手のセカンドキャリアは難しい
プロ野球は特に選手時代に派手に稼ぐ割に
その後がかなり厳しくなりますねぇ
糖尿病は自業自得ですが

No title

現役晩年のころの行状を見ていると、こうなるのは目に見えていたような気もしますね。
若い頃は頭の悪さや腕っぷしの強さをいい方向に解釈されてたけど、中年になるとみっともないだけですね。
特にファンでは無いですが、それでも見たくなかった姿ですね。かつてのスター選手だけに。

No title

清原が甲子園で活躍していた頃、私も花の女子高生。
「KK(清原・桑田)、どっちが好き?」という話題があると、ダントツで清原に軍配が上がっていたことを思い出しました。
かくいう私も清原派、あの頃のさわやかぶりから、どうしてこんなことに・・・という気分ですねぇ。
現在の桑田との差が激しいだけに、やっぱり人間は努力の積み重ねが大事なのだと痛感します。

同意します。

清原氏とかも含めて、スポーツ・芸能人てサクセスした後、哀れな晩年を迎える人が多いですね。

やはり、どんなに運とお金に恵まれても、それを維持する頭が無いと、金なんてあっと言う間に無くなってしまうという、いい教訓ですね。
あと、頭が悪い人は、簡単にドラッグに嵌るというのも共通ですね。

主さんの仰る、一人でも生き抜ける生活力は大事ですね。
他人に依存しなくても生きていける自信が内面からの胆力の違いに現れるような気がします。

No title

私の知り合いの元野球選手は、やはり、野球しか知らないような人でした。活躍されていたときは、大変有名で、稼いでもいたのですが、ずいぶん騙されたりしたようです。
それでも、奥様や親せきがしっかりしていたためか、今ではしっかりと生活基盤を築いています。
野球に関連したことでも、解説したり、監督したりと充実した生活を送られています。
このような差は、いったいどこで生じてくるのでしょう。
清原氏の場合は、野球の世界で生きていくことは困難なのでしょうか。
そうなると、どのように生きていけばよいのでしょうか。
さみしくもあり、残念でもあります。


がんばれ

どこかで開眼して清原が節約本なんか書いたりしたらいいのになあ、何事も修行です。極めれば達人になれるし。

Re: No title

>retire2kさん
本当難しいようですね。Jリーグは選手にセカンドキャリア講座みたいなのやってるんでしたっけ。ある程度はサポートも必要なのでしょう。

Re: No title

>さいもんさん
番長日記とかってありましたもんね、素行の悪さをむしろ売りにしていたんですよね。それも含めてチヤホヤされすぎたのかな。

Re: No title

>poohさん
女子高生の間でも話題になるほど人気だったんですね。清原のほうがさわやかでしたよね、あの時の桑田はもうサラリーマンのような落ち着きがありましたね。その通り、努力の積み重ねですね。

Re: 同意します。

>山中 一人さん
コメントありがとうございます。はじめまして、だったかな。
スポーツ選手はそれだけに特化した特殊な成長をした人種なんでしょうね。
ドラッグに陥る人は内面が弱いですね。
一人で生きていける能力は本当に大事だと思います。夫婦で暮らしていても、お互いに自分のことは自分でできるほうが完全に自由になるし、それでいて、いざと言う時には助け合える完璧なカップルになります。もちろん実際に一人でも生けていけるし、相手に迷惑をかけません。

Re: No title

>いろいろでセカンドライフさん
その方はかなり親戚友人に恵まれましたね、それは珍しい例ではないでしょうか。
その差が生じる理由は、やはり謙虚さですかね。他人のアドバイスに耳を傾けることができたのかも。
清原氏の場合はチンピラ映画の端役くらいなら仕事があるかもしれませんね。

Re: がんばれ

>たんちんさん
一度は業界で頂点にいったのだから、極められるかもしれないですね。
どん底からの節約術とか、糖尿病もこれで克服とか。
野球世代のおじさんにはウケるかも。

No title

僕も生活力はないので身につまされます。。。
独り者だしかなり不安です。

Re: No title

>ゼロさん
あれ、そういう風には見えなかったですけど。彼の場合は常軌を逸したダメダメぶりだから、程度問題もあるでしょう。
イイのは一人暮らししてしまうことでしょうね、全て自分でやるしかないから、生活力はハンパ無く付きますよ。堕落して崩壊する人もいるでしょうか、リタイア願望があって、節約意識があればそっちにはならないでしょうね。

No title

これくらいの歳になってしまうと
こういう悲惨な出来事にでも遭遇しない限り
変わろうと思っても変われないでしょうね

今後に注目しておきます

Re: No title

>消費しないピノキオさん
そういう意味では我々も変わるのは難しい可能性がありますね。
今の姿が間違いのないものだとは思いたいですが、間違いだと思ったらすぐに変われる柔軟性をいつも持っていたいです。

No title

昔の栄光が忘れられないのと生きる術を野球以外に見いだせなかったということでしょうか。一時の栄華を経験した人はそうなることが多いかもしれませんね。全方位に対策を取るのは難しいとしても自分の生きる道はしっかりと確保しておかないと思いました。

Re: No title

>クロスパールさん
何かに一筋というと聞こえはいいですが、それがダメだった場合にどうにもならない、リスク管理の出来てない状態ですからね。あらゆる可能性を考えて何が起きてもやっていけるように準備はしておきたいですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク