スポーツの試合を観るために有休取りますけど何か

(2015-01-16)
今週末はNFLのプレイオフも佳境で重要な試合がある、そして時差の関係からそれは日本時間の月曜日。
レギュラーシーズンの試合なら後でまとめて観てもいいが、プレイオフとなると生で観たいなあ。
つまり有休を取ることになる。
来週の月曜日は午前休みを取った。
今の会社は有休を取ることに全く問題が無く、今までダメと言われたことがないし、理由を聞かれたこともない。
非常に居心地のいい職場だ。

ただ、以前の会社で非常に有休を取ることをいやがる上司がいて、それがかなり鬱陶しかったのを思い出した。

しかし、そんな中、僕は有休を堂々と取っていた、以下のようなやりとりだ。

僕「来週の月曜に有休を取ります」 (取りたい、ではなく、取りますという意志表示)
上司「そこで取る必要はあるのか?」 (明らかに取らせたくない風)
僕「ええ必要です」 (自信満々に)
上司「理由は何?」 (やはりなんとしても取らせたくない風)
僕「スーパーボウルですよ、これ以上必要な理由は無いでしょう、課長も休み取ったらどうです?」 (にこやかに)
上司「・・・・・」

こんな会話が繰り広げられていた。
ポイントはまず、会社や上司に有休の取得理由を聞く権限など無い、ということ。
労働法にも有休は希望通りに与えなければいけないとあり、理由を聞くことすら越権行為といってもいい。
もちろん会社側には時季変更請求権はある、時季であって、時期ではない、まあ意味は対して違わないが。
ただし、この時季変更請求権は、会社が存亡の危機とか、大災害で人手が必要とか、余程の理由がないと認められない。
「その日は忙しい」とか「重要な会議があるから」程度で会社はこの権利は濫用できないのだ、当たり前だね。

有休を取らせてもらえませんか、という弱腰は全くなし、取りますけど何か?という態度。
理由を聞かれて答える義務はないが、あえて答える、それも正直に自信満々に。
ここで、「いや、その、所用が・・・」とか弱気な態度を見せると相手はとたんに付け込んでくるし、押される人は結局そこでやめてしまうのだろう。
堂々とスーパーボウルと答えればよろしい、そこに後ろめたい気持ちは全くなし、むしろ取らないアナタは損してますよ、くらいの目線を投げかけてやる。
こういうことを2-3年続けて行えば、「あの人はそういう人」という認識が出来上がり、それ以外のところでも有休は取りやすくなる。
いい意味で会社から諦められるのだ。

僕はここ10年、2月の第1週の月曜日は毎年有休を取っている、つまりスーパーボウルの日ね。

なかなか有休が取れない、とか、取りづらい、とか言ってる人、
あなたが堂々としてないから取れないんですよ。
周りなんか気にするな、自分がとりたかったら、有休はガツンと取れ。

僕は一つの会社に長期でいるつもりも無く、出世したいわけでもなく、品行方正だと思われたいわけでもなんでもないので、そこはやりたい放題だった。

日本人が有休を取らないとか言うけど、それは会社が横暴だ、というだけではなく、はっきりと意思表示できない、弱い個人もいけないのだ。
労働法をもっと厳格にしたり、罰則を増やせば有休取得は増えるか?
いやいや、そんなものKYだとか言って異常に他人の目線を気にする文化では上手く機能しない。
今の法律やルールだって十分労働者よりなのに、全く生かせてないじゃないか。
お上が状況を整えてくれないとダメとか、いつの江戸時代だよ。
文化風習を変えるのは、個人個人の行動しかない。

これからは有休を堂々と取る個人が増えることを期待するね。

リタイアしたら上記のような茶番も全く必要無くなるのだが。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

上司もその理由にはあっけにとられたんでしょうね^^
有休なんて制度としてあるんだからどんどん取ればいいんですよ。そしてそれが当たり前なんだよっていう社会になればいいと思います。

No title

観戦満喫してください!(言われるまでもないでしょうが)

定常業務回してる仕事だとローテーションの調整だけは必要なので、それさえ準備できる猶予をくれるか根回ししてくれればいいよと認めてました。(最低限の責任感を持たせるために)

有給休暇の取得拒否や、お昼休憩時間に仕事させるのは法律違反ですからね。

余談ですが労働組合から文句言われたり、九段下の御役人に呼び出しくらったりしてましたけど、法律は守ってましたw

No title

こんにちは。
私の家計簿記事にコメントいただきありがとうございます。
招き猫の右手さんが入っている一時金の保険を教えてもらえませんか?
ネットで調べてみたのですがよくわからなかったので><

Re: No title

>クロスパールさん
最初は、マジかこいつ、と思われたかもしれませんが、何度も繰り返すうちに、こいつはしょーがない、となりますので、そこを狙っていました。

Re: No title

>Colorless Freedomさん
そうですね、業務に支障が無いように、はしていました。
大体試合予定は何週間も前から分かっているので、調整はいくらでもできるんですよね。
役人から呼び出されるとか、面倒ですね。。。

Re: No title

>クロスパールさん
http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/disease/
私のこれです。
生前給付金保険です。
払い込みは60歳満了にして、保障期間は98歳にしました。
終身でもいいんですが、それよりは高齢でも98とか上限をつけたほうが保険料が結構安くなるようで。
100とか120とかは生きないだろうという前提です。
もちろん終身にしてもいいと思いますよ。

No title

年に2回5連休の有給休暇を取って、9連休を自主的に作り、
年に2回海外旅行などに行っていた私が通りますよ。
( ̄ー ̄) ニヤリッ

Re: No title

>mushoku2006さん
すばらしい、そうあるべきです。
私は1週間ぶち抜き連休は1年に一回でしたねえ。

No title

教えてもらってありがとうございます。^^
検討してみます。

No title

素晴らしいです、そうでなくっちゃいけないですね。

しかし皆さん休まない、休もうとさえしない。
黙々と働いて有休を捨てています。

こうなるともうイメージが付いちゃいますね、
「こいつは休まない」と。

そういう意味では
>こういうことを2-3年続けて行えば、「あの人はそういう人」という認識が
>出来>上がり、それ以外のところでも有休は取りやすくなる。
>いい意味で会社から諦められるのだ。

こういうイメージ作りというのは大事だなと思います。

有給

「スーパーボウルですよ、これ以上必要な理由は無いでしょう、課長も休み取ったらどうです?」 (にこやかに)

痛快ですね。江戸時代かあz

Re: No title

>クロスパールさん
保険は100人いれば100通りの正解があるので、個別に自分の状況を考慮して決めればいいと思います。
いい商品を見つけられたらいいですね。

Re: No title

>ゼロさん
どうも、休まない事が美徳、とかいう勝手な常識が一人歩きしている気がします。その人が勝手にそういう意識でやるのは別にいいですが、こちらにもその常識を押し付けてくると鬱陶しいですね。
いいイメージつくりで自分が快適になるように持っていってます。

Re: 有給

>たんちんさん
僕らはせっかく奴隷的なサラリーマンをやっているのだから、たまには痛快な一撃もやってみたらいいと思います。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク