タイでプレイする日本人元Jリーガー

(2015-01-12)
日本人元Jリーガーたちの本音 J2よりタイでプレーしたほうが幸せ!?

岩政とかってまた懐かしいですな。

日本のJリーグで契約されなかった人とかどんどんタイに行くようになるのかしら。

ふーん、今のサッカー選手は大変なんだね、と思った人、
いや、たぶんこれはサッカー選手に限らず、これからの日本人全般に言える事かもしれないよ。

もう成長が止まってしまった日本にいるより、東南アジアとはいっても海外にいったほうが稼ぎが大きかったり、
やりがいもずっとあったりして。
日本にしがみつきたくても、会社があなたを必要とせず契約を切られるかもしれません、正社員ならリストラ。

僕も将来タイでリタイア生活をおくることも候補として考えているから、今のうちにお好みのクラブチームでも探しておこうかな。

その前にまずこのバーツ高がなんとかならんかね。
円安に加えてタイ自信が成長してるからしょうがないけど、
ここは恒例行事となった政治の混乱、クーデター、さらに天候不順での大洪水など、何か大きなことがあれば一時的には下がることもあると思うので、その時に大きく動きたい。
6月と言われている米利上げで新興国からの資金引き上げなどの事態も注視すべきだろう。
その時大きくバーツ安になるなら、ガツンと投資します。

いずれにしても成長著しい東南アジアは投資先としても、リタイア後の居住先としても要チェックだ。

スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年のJ2も面白そうですよ
大宮C大阪磐田千葉とJ1にいたシーズンの長いクラブ揃い
しかもフォルランがJ2で観れるという話もw

このうち2チームしか自動昇格できずプレーオフですからねぇ…

買い場

タイも要検討ですね、しかし、タカタもロシアも余り下がりません。どうなっているのしょうか。年内は強気で来年あたりが買い場でしょうかねえ

No title

私も海外で生活でもいいのですが妻は絶対に無理そうなのでおそらくは日本にいることになるかなあ。それにしても何でもかんでも日本から出て行ってしまいますね。

No title

タイのサッカー、今大変盛り上がっています。昨年末に東南アジアの覇者を決めるスズキカップでタイが優勝しました。12年ぶりの優勝だそうです。
レベル的にはまだまだなんでしょうが、優勝という経験がまた次につながるんでしょうね。自分では、タイはすでに第2の故郷になっているので、スポーツでもタイが出ているとつい応援してしまいます。バーツ高だけは、早くなんとかなんないですかね?まぁ~なんか事が起こったら一気に暴落でしょうけど。

Re: No title

>retire2kさん
なんかJ2のほうが面白い気がしてきました。
価格も手ごろだろうし、今年は観にいくとしたらJ2にしようかな。

Re: 買い場

>たんちんさん
僕達が目をつけるものは皆も狙っているということなんでしょうか。
少し手を出しておいてなんですが、原油もロシアもまだまだ下がると思うんですけどね。
まあ気長に待ちましょう。

Re: No title

>クロスパールさん
ウチの奥さんは完全移住は少し抵抗あるようですが、たまに数ヶ月いって戻り、というくらいなら全く問題ないようです。
日本の空洞化はあらゆる意味で進むかもしれませんね、今までは製造業の工場でしたが、これからは人がどんどん流出するのかもしれません、もちろんそれに付随して資産も。

Re: No title

>oininさん
さすが、最近行かれた方の生の感想は参考になりますね。
バーツについてはいいタイミングをじっと待ちましょう、いつか来ますよ、相場は買うのも大事ですが、待つのも投資のうち、とは誰かが言っておりました。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク