NFL playoffs 2015 divisional round DAL@GB,IND@DEN

(2015-01-12)
昨日に引き続き、NFLのプレイオフを自宅観戦。
朝から昼からスポーツ見てグダグダとか幸せだー。。。
毎年この日は成人式のおかげで有休を取らなくても観られる。
しかしリタイアしたらそんなこと関係なく、9月から毎週のようにこれができるんだな、、、
人生は一度きりだぜ、はやくしないと。

今日はせっかくなので一本だけビール飲んだ、先日届いた大山ビールのピルスナー、美味しいね。

さて、試合

DAL@GB
日本時間の朝3:00から、ということで前日は11:00くらいにさっさと寝て、3時起き、眠いわ。。。
はっきりいってGBがコテンパンにやるのかと思っていたらそうでもなく、DALがリードする展開に。
GBはホームで負け無し、DALはロードで負け無し、という組み合わせ。
天気もこの時期のランボウフィールドにしては雪だのみぞれだのはなく、快適そうだった。それでももちろん氷点下だろうけど。
Murrayのファンブル以外は特に大きなミスや混乱は無かったようで、拮抗したいい試合。
最後の4thダウンでのDez Bryantへのパスはキャッチの判定で通ったと思ったがこれがレビューで判定がくつがえった。
Byrantも相当怒っていたが、僕もこれは厳しかったと思う。
たしかに最後地面にたたきつけてボールが動いてはいるのだが、、、でもその前の段階でボール保持して脚を1,2と両足ついてるので、この時点でキャッチ成立、その後の動きはダウンではないのか?と思った。
その後DALまともに攻撃機会はなく、終了。
Romoはほとんどミスなく、レイティングも143か、これは可哀想だったな、彼に日があたる時は来るのだろうか。。。

IND@DEN
これはDENが圧勝もありえるが、シーズン終盤の失速を考えると危ないなと思っていた。
DENは最初のドライブこそ快調にTDを取るもののその後がグダグダ。
というよりINDのディフェンスが素晴らしかった。
Manningのような精密QBに対しては、パスを通されるのは仕方ない、NFLはただでさえパスオフェンス有利なルールになっているので。
なので守り方としては最小限のラッシュでプレッシャーをかけ、後ろのカバーは1on1でびっちり投げさせない。
短距離のパスを乱発することになるが、そこをしっかりタックルで止め、run after catchはさせない。
これが重要。
これを繰り返しているうちに、3ダウンが必ず多数残るから、いくら高性能のオフェンスでもミスがあるし、ドライブが止まる可能性が高くなる。
INDディフェンスのタックルは本当にしっかりしていた。ここのコーチ、コーディネイターはすばらしいね。
このディフェンスが次回、NEにどう通用するのか是非見てみたい。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク