夫婦共通口座に毎月入金していたが贈与税が心配で国税庁に聞いてみた

(2014-11-26)
昨日25日は大抵、給料日の時期、
今の会社も25日に振り込まれる。

結婚後、夫婦の色々なコストを一つの口座からまとめてやろうということで、奥さん名義の新しい銀行口座を作った。
お互いに給料日のたびにこの口座に一定額を入れて、そこから家賃、水道光熱費、食費その他を使っていった。
当初はお互い8万円程度で2人で16万なら十分だった、余りが沢山でるくらい。
ただし奥さんがフルタイムの仕事を辞めてから僕は毎月10万以上入れていた。

で、毎月10万以上いれると、これは僕から奥さん名義への口座入金なので、僕から奥さんへの贈与になってしまい、
110万円の非課税枠を超えたらもしかして贈与税の対象になっちゃうの、といことで、心配になって、国税庁のサイトを見ると、
・夫婦や親子間の生活資金などのための移動は贈与税の対象にはならない

とあるのでひとまず安心した。
しかし、但し書きで、生活費の目的であっても、余りが出てこれで定期預金や株の購入をしたら贈与の対象にあたる、と書いてある。

国税庁に電話して聞いてみた。
自動音声の後、散々待たされて、ようやくダルそうなおばちゃん声の人が対応してくれた。

「ええ、おっしゃるとおりで、夫婦間の生活費なら問題はありません、ただし余ったお金をあげちゃうと贈与税がかかりますよ」
と、結局ウェブサイトの内容と変わりない。

で、あげちゃうってどういう判断なんだ、という話だけど、それはもうあげちゃうということらしい。
つまり本人があげたと認めれば贈与税の対象のようである、じゃ、認めなければいいじゃん、仮にそこに置いてるだけだと。
また、あまりが出ても最終的に自分の口座に戻せばいいらしい。
生活費を超えてさらにそこから110万の枠があるのかといったらどうもそうでもないらしい、ちょっとでもあげちゃう金額が発生して、トータルで110万を超えたらいけないらしい、そこの説明はごにょごにょして良く分からない。

しかし生活費もギリギリ入れるのもなんだから余裕をもった金額を入れるだろうし、そうなると年間110万円なんて簡単に超えるよね、似たような家族はいくらでもいるんじゃないだろうか?
たとえば親子間だって、地方から東京に一人暮らしで大学生をさせている人は毎月軽く15万くらいは送ってるんじゃないの?
そうなると年間110万なんてすぐ超えるし、余った金額をあげるよという認識で子供が定期預金にしたらもう贈与じゃん。
まあ個人のこんなはしたカネには国税庁も興味はないだろうし、ルールはルールで厳密に適用してない例は他の法律やらなんやらでもよくある話。

ま、それでも後々突っ込まれるのもアホらしいので、しっかりとルールの範囲内でとどめようと思う。
来年からは家賃は僕の口座から振り込もう、そして上記共通口座には110万を超える金額は入れないようにしよう。

これまでのぶんも、銀行からCSVデータを取り寄せれば僕がいくら振り込んだかはわかるし、家賃など生活費を抜いた残りは計算できるから、この分をいずれ戻せば贈与税の対象にはならない。
別に今は共通口座に置いてるというだけで、認識的には生前贈与をしたわけじゃないので、そこは大丈夫。

何があっても大丈夫なように準備だけはしておかないとね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夫婦の所得の合計=二人で稼いだお金
というのが離婚時に財産分与する時の建前だから
所得から生活費を引いた分(余ったお金)は
二人で折半するのが正しいのではないかと

結婚前からの財産を贈与する場合には税金かかりますが
「夫婦間の贈与」はこちらを指すものだと思ってました

No title

夫婦の口座に憧れます、5年前まで、どんぶり勘定してましたから。その時期から妻のパート分は別口座にしたのですが、その分は残っています。妻も欲が出て株投資などの利益もその口座にいれて増えて行くのを今も楽しみにしています。もっと前からやれば夫婦で楽しく貯まったのにと後悔しています

No title

あんまり考えたことなかったんだけど、夫婦間でも贈与税って存在するんですよね。投資の意味合いで年中互いの口座を資金移動しているので、年末に辻褄を合わせとこうと思います。
これもひとつの「年末調整」ですねw

No title

我が家も私名義の口座で生活費の管理をしています。同じですね(^^)
私も最近、いろいろと税金について調べていますが、なかなか解釈が難しいですよね。
考えているうちに「キーッ!」となります(笑)

離婚するって大変と、よく耳にしますが、納得!

No title

このあたりの取扱いはなんか厳密には決められないというか曖昧ですよね。
私のブログのコメントに以前ドルを円転したとあったのですがその時の税金・確定申告などはどうされましたか? 私の米ドルはちょこちょこ買っているので買値の平均レートがわからないので円転した時に利益がでているのかが判断できないんですよね><

Re: No title

>retire2kさん
財産分与の場合は2人の実質的な寄与分を計算すると思います。単に半分ではなく、どちらかが多く振り込んでいる場合は当然その按分だと思います。振込み履歴でそれは分かりますから。専業主婦の場合はその資産形成の寄与分が最大で半分になりますが、かならず半分ではなく最大ということですね。

Re: No title

>たんちんさん
最初から共通口座を作るとそれが当然になってわかりやすくていいです。ただし今回の件のように一方からの入金金額を年間110万以内に抑えたほうが後から何も言われずにすみますね。奥さんと一緒に投資ができているのはいいですね、

Re: No title

>prireさん
夫婦間でも親子間でも発生します、というよりも相続税を回避するためにはむしろ親族間のほうが沢山行われている可能性があります。基本的にはどちらからも1円も動いてなければそれでいいかもしれないですね。

Re: No title

>poohさん
もともと誰かの記事で贈与税を思い出したんですが、poohさんの記事だったかもしれません。
税金の解釈は、国税庁だけでなく、格税務署の担当官レベルでも微妙に違いそうで、わけがわからないです。

Re: No title

>クロスパールさん
本当微妙で曖昧ですね、担当官レベルでどうとでも判断できそうです。
円転したのは実は今年に入ってからのことでして、確定申告は来年します。
自分が外貨を持っていたのはずっと新生銀行だったので、ここに問い合わせているのですが、分からないみたいなんですよ。どうしたらいいのか、自分でも困っています。外貨を買い捲っていたのが、2-3年前くらいからなので、かなり安く買ってる通貨もありますが。。。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク