今日もまた前々職の同僚と会ってきた

(2014-11-23)
以前勤めていた会社の同僚と会ってきた、という記事を一昨日書いた。

今日もまた、この会社の別な元同僚と会ってきた。

といってもこの人はもう2年ほど前に同社を辞めており、僕と同様、過去の会社である。

期間は短かったが同じ部署にいたこともあり、その時の話もよくでたが、一番多かったのは投資の話。
株は今は何がいいとか、優待でこれを使っているとか、投信はこれが調子がいいとか、金の積み立てをやっているとか。

当時から投資などをしている数少ない社内の仲間だった。
この人と僕以外はほとんど投資をしている人がいなかったので、周囲からは「何か悪い話をしている」と思われていたようである。

この人には今や子供がいるので投資に多くは割けないようだが、それでもなかなか頑張っているようである。

投資の話から、会社の話、コーヒー一杯で2時間以上しゃべりまくってきた、しかも8割がた僕が話していたような。
疲れたけど、普段から思っていることを口に出して話すのはとてもいい。

ちなみ2人に共通してはっきりと断言できたことは、
「あの会社を辞めて全く悔いはない」
ということ。

正直人間関係は悪かったし、仕事はおもしろいとはいえないし、給料も別に高いわけでもない。
それでも多くの人がしがみつくのは他では通用しないと思わされているからだ。
そんな同社でも今はリストラの嵐が吹いているらしく、雰囲気はさらに悪くなっており、それでいて割り増し退職金などがあるわけでもないので、
数年前に自ら辞めた僕達は勝ち組だ。
お互い、退職後に給料が当時よりガクっと下がったこともあったが、それを含めても全く後悔が無い。
僕は今はその会社よりも給料が上がっているのでなおのこと後悔が無い。

ブログ開始当初に転職について、あれこれ書いたが、
今でも思うのは、
不満なら、どんどん転職すべし、道は拓ける、そして後悔はない
ということである。

居酒屋でとにかく現状をグチるだけのあなた、転職したらどうですか、すっきりしますよ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「何か悪い話をしている」と思われていたようである
いや~笑いましたよ^^ どんだけ投資のイメージが悪なんだろう。

アラフォーになると転職は厳しいといわれていますが私もないことはないと思うので我慢できない不満があるんなら転職した方が幸せになれるかもですね。私も不満はありますが行けるとこまで行ってみようと思っています。

No title

不満や意見は、コーヒーを飲みながらの方が良いと思います。能力ある者は不満を持つ事を許されますが、無い者は自分のパフォーマンスを上げてからになると思います。

No title

1発目の転職がいちばん高い壁だと思います。
履歴書なんかも転職をくり返すと印象が悪いみたいです。
本当は逆にならないとおかしいです。

会社と個人が対等のような交渉が面接であるべき。
個人の能力を会社が買う、プロ野球方式が理想です。
そうすれば思う存分、能力を発揮できます。

無理なことだと分かって書いてみました。

転職賛成派

こんにちは、お久しぶりのDaiPonです。

私もどんどん転職に賛成派です。
20歳前後で選んだ会社が自分にあってるかなんて数年働いてみないとわかりません。

最初に入社した会社が自分に合う会社で、定年まで勤めあげることができるのは幸せな人生です。ただ、愚痴をこぼしながら終えることには反対で、自分の人生は自分で切り開いていくべきだと考えています。

現在4社目に入社したばかりですが、40過ぎのおっちゃんがこれまでと少し異なる業界に入社したため、役に立たず、いつ首を宣告されてもおかしくはありません。そうなったらそうなったで、また探せばいいだけです。転職することに抵抗がなくなりました。面接は結構面白いですし、新しい会社に初めて出社するときのなんともいえない緊張感と期待感は、転職を経験した人にしか味わえません。

ただ、転職すると新しい会社には同期と呼べる人間がいなくなるので、そこが少し残念なところです。

今の会社で無事働き続けることができれば、次はリタイア(2020年度目標)ですので、5社目は無いと思っています。50歳前なので年齢的にも難しいです。私も「40代リタイアを目指す男」です。

Re: No title

>クロスパールさん
会社が非常に保守的で、そこの社員も保守的な人が多かったから、コツコツ貯金、それが一番、それしかない、という人が多かったです。投資の話をしてもギャンブルの話にしか聞こえなかったんでしょうね。
転職はアラフォーでもないことはないし、最近の傾向では企業が即戦力や経験者を欲しがるのでむしろ40代転職は結構あるらしいですよ。無理にする必要は無いですが、選択肢の一つとして考えてもいいと思います。

Re: No title

>たんちんさん
私もコーヒー飲みながらの話は好きです、それがグチであってもわきまえたものになるし、アルコールの助けで気が大きくなって失礼になることもないです。
能力の低い人、結果の出せてない人は確かに大きな声を出しても無意味になってしまいますね。

Re: No title

>しゃあない商事さん
一回目は勇気いるかもしれませんね。履歴書はジョブホッパーのような細かい転職をしていなければいいと思います。経歴が一杯あるほうが知識も多様になるからいいですよね。
面接はお互いの意識を確認する場なので、対等でしょうね、もちろん採用する側の企業のほうがなんだかんだと立場は強いのですが。
企業に採用してもらうのではなく、俺のこと使ってみないか、くらいの堂々とした態度でいいかと、偉そうにならない程度にね。

Re: 転職賛成派

>Daiponさん
お久しぶりです。
たしかにたまたま最初に入社した会社が天職と思えてそのまま終えられる人は幸せですね。
でも多くの人が迷ったり、グチったりしているようなので、それなら辞めればいいじゃん、ということです。
クビになったらまた次を探せばいいだけ、その通りだと思います。
私も新しい会社に出勤するときのドキドキ感、わくわく感は好きです、これからどうなるんだろうという先の分からない状態ですよね、小説でいえばこれから話がどう展開していくのか読めない楽しい時間帯です。
同期は僕も少ないですね、でも比較的仲のいい人はかならずできるので、そういった人と付き合っていけばいいかと。
私も5社目は無いと思いますが、先のことはなんとも分かりません。
2020年度目標ですか、着実に行きたいですね。
私はもうちょっと早くリタイアしたいですが、今後の状況、特に子供が出来るできないによって前後すると思います。

たしかに

やりたいことが出来ないとか 待遇が悪いとか
いろいろな転職理由があって
実際に転職した人と飲む機会も何度かあります

「転職して後悔してる」って自ら言う人に出会ったことはないです
自ら選んで進んだ道だから
いろいろな感情があっても、納得できるのでしょう

収入源を分散させていたら、転職も銘柄入れ替え程度の話でしょうね

Re: たしかに

>消費しないピノキオさん
転職したことが失敗だったとは思いたくないので無理にプラス思考してる面もあるかもしれませんねw
でもそれを差し引いてもやはり後悔している人は少なく、良かったと表現してる人が多い印象です。
おっしゃるとおり、自分で選んだ道ですから後悔は少ないです。
転職は銘柄入れ替え程度、そのように思います。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク