営業のいいところ

(2014-09-10)
当たり前だけど、営業なので仕事は自宅からの直行も自宅への直帰もOK
明日は直行。

現地でのアポは11:00なのでいつもよりちょっと遅めに出ても大丈夫。

以前に事務系の仕事でオフィスに1日中いたときは、毎日同じ人間と顔を合わせるのが苦痛で仕方が無かった。
外に出てお客など人と話すのは好き。
そういう人は営業には向いてると思う、その点だけは僕も向いてる。

問題は最終的に売るかどうか。
そこが肝心だ。

いくら人と話すのが好きといっても雑談ばかりで何もなければ意味が無いし。

直行は朝が遅めでもいいし、直帰はちょっとくらい早く帰っても大丈夫。
昼休みをアホみたいに長くとることもできるね、どうせ外で誰も見てないし。
時間の使い方は自由だ。

まあ仕事のやる気はかなり無くなっているので、成果を出してやろうとか、頑張ろうというのはほとんど無い。
客先に出かけて営業はしてますよ、みたいなポーズに近い。
なんでこうもモチベーションが下がったんだろう。
ここ数週間で完全にそうなった。

それでも最近、過去に売り込んでたものがポツポツ売れ始めたw、なんだこりゃ。
多少サボっていても、結果が出ればそれでOKという結果主義も営業のいいところ。
これが事務系の仕事だと成果が見えづらいから、真面目に机に座って仕事をしているかどうかが評価になりがち。

できれば何かガツンと大きい成果を出して、ハイ、さよなら、と辞めたいもんだ。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リタイア願望加速中ですね! 私ももう少し資産が増えればそうなると安易に予想できます^^

No title

拳銃の引き金に指が掛かってる感じですね。何と無くスリリングな感じかします。私もポロポロと口から出ます。食うために働くから、この仕事が好きで楽しいになったり、見つけたりしても良いなあとも思います。

No title

それだけモチベーションが下がったなら、いよいよ身の引き時かも知れませんね。やる気のない事を嫌々やっても自分も周囲もしんどいだけだから。

No title

営業は結果がわかりやすいからいいですよね。事務職だと能力が評価されにくいため結局一律に横並びに扱われることが多いですし。

No title

おはようございます。

私は、完全なる技術職(現場監督)から独立しましたが、サラリーマンの時はコンビニの駐車場で車の中で、公園の駐車場で寝ている営業マンを見ると腹が立っていましたが、今では少し見かたが変わってきました。と言うか気にならなくなりました。

No title

>クロスパールさん
やっぱり資産がある程度できるとそう思ってしまうんですかね。今は早くリタイアしたいなとばかり考えるようになりました。

No title

>たんちんさん
そうですね、今の仕事は面白い、と思ったことだけやる感じです。嫌な事は拒否するのも手ですね。それでワガママだとかサボってると言われてクビになるなら、それもアリです。

No title

>prireさん
3月ごろそちらのリタイアブログを見させてもらってから俄然リタイアする気が増してここまできました。あっという間でした。
周囲に迷惑をかける前に辞めてしまいたいですね。

No title

>七瀬玲さん
事務職は不公平感がすごいですね。仕事量が明らかに多い人もサボって居る人も差が出ないですからね。営業は数字という明らかな結果があるので判断しやすいですね。

No title

>やっさんさん
そういうサボリーマンは実は見えないところで滅茶苦茶頑張って結果出してるかもしれないですしね。何より他人のことが気にならなくなりましたね、僕も。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク