敷金を巡るトラブルの思い出

(2014-08-26)
民法が約120年ぶりに改正の見通し 敷金の定義は明文化へ

僕は一生賃貸でいくつもりなので、こういうルール厳密化は分かりやすくてありがたい。

そういえば過去に敷金を返す返さないでトラブルになったことがあった。
もう20年前くらい、学生時代の話。
退去後、いつまでたっても大家が敷金の返還について言ってこない。
不動産屋に言っても「それは大家に直接言ってくれ」みたいな感じで頼りにならないので、自分で交渉することに。

「いやー清掃費がねえ」とか大家が適当なことを言ってはぐらかそうとしてるのは当時学生だった僕にも良く分かった。
なので、ここは一発強気に出るべきだと思い、
清掃って何よ?どこをどう掃除したの?交換部品は何?清掃業者の明細はあんの?と問い詰めた。
一回ではダメだったので繰り返し毎日のように電話。
賃貸契約書片手に「ここに敷金は基本的に返還するって書いてありますよねえ」とさらに強気に出る。
しばらくして、とうとう一定額が振り込まれたが敷金2か月分まるまるではなく引かれていた金額が微妙に多い気がしたので、さらに電話して問い詰める。
最終的には、「あんたヤクザかい?これ以上いくら取ろうってんだい」と言われたのは、なんだか勲章を得た気がした。

それまで僕は人に気圧されることが多かったような気がするが、この一件で何か変わった気がする。
世の中なんでも交渉なんだ、遠慮や言いなりはダメなんだ、言うべき事はいって前に出るべきなんだ、と。

たぶん、この大家は敷金を返さなくても何人に一人かは何も言ってこない、とか、たまに文句を言ってきても適当にはぐらかせばあきらめる、とか、そういう味をしめてるんだと思う。
特に相手は学生だとナメてかかっていたに違いない。

そうさせないのは自分の努力しかない、誰かが守ってくれるわけでもなければ、むしろ食い物にされるだけ。
若いうちの一人暮らしというのは、いろんな意味で人を成長させるね。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

賃貸は大家も仲介業者も酷いとこ多いですよね。
以前住んでいたところでは更新時に更新料とは別に事務手数料が5000円も取られて、退去時にも事務手数料が5000円も取られました。
契約時に説明されていなかったし、単に紙を書くだけの作業に5000円は多すぎだと思いうんざりしました。
今のところはそういうお金が発生しないことを契約時に確認してるので安心ですが。

No title

>七瀬玲さん
それはひどい話ですねえ。。。
〇〇費とか色んな項目作って適当に取れるものは取れみたいな感じなんでしょうか。
そういえばソニーが不動産業に参入しましたが、明朗会計の文化を作って欲しいですね。

いいですね

私はどちらの立場も経験があります
大家になってからは、結構 返金しています

招き猫の右手さんは交通事故の債権回収の話から
昔から強気な人なのかなと思っていましたが
だんだんと強くなっていったんですね

No title

うちの妻が独身時代に住んでいた滋賀県のアパートなんて敷金が返還されるどころか修繕費が足りないからあと5万円払えなんて言ってきたよ。
設備の修繕やらで留守中に勝手に合鍵で入られた事もあったみたいだし。
滋賀と相性が悪いのか、とにかく「貸してやってる」的な考えで金にがめついのが多かった。これが近江商人というものか?
今は地元で事業用物件をいくつか賃貸しているけど、ビジネスの相手として対等な良い関係だし、以前住んでたアパートの大家さんも「借りていただいている」的な考えの人で、長く住んでるからと駐車場代は2台で1台分にサービスしてくれたし敷金もちゃんと返してくれた。
こういうのも土地柄があるのかな?

No title

>消費しないピノキオさん
いい大家さんですね!そういう人が多いと助かるのですが。
バイク事故の件はこの後、社会人になってすぐくらいですね、この時の経験も生きていると思います。
小さい頃は何も主張できなかったと思います、少しずつ学習して変わっていきました。
やはり一人暮らし、自立は大きいです。実家に居る人間はどこか子供っぽいと思います。
そういった局面、交渉ごとを自分でやってないからだと思います。

No title

>JAN
やばい、滋賀には住みたくないなw
土地柄も人柄もあるだろうな、いいのに当たりたいね。
しかしこれから少子高齢化で、既に居住用不動産の空室率も上がり始めているので、これからは「貸してやっている」ような態度では持たないのではないだろうか。
そんな態度見せられたらこちらは他にいくまでだし。

No title

世の中「言ったもん勝ち」みたいな場面は多々ありますからだんまりはダメですよね。賃貸交渉や事故交渉なんて一回こっきりなので強気に攻めていいんでしょうが継続性の関係がある(仕事など)ものはほどほどにしておかないと足元をすくわれることがあるかなと思っています。

No title

仲介会社は紹介したら業務は終了です。後は大家か管理会社との折衝になります。最近は敷金0円もお多く、退出時は潰したところの修理費用を借主が大家に支払うようになっているので、取りはぐれが有るのは大家です。今は大家がひつこく請求する感じです。借りる側が強くなったからです。

No title

私も退去時に直接大家と会ってゴネたことがありました。昔から理不尽な事は嫌いでしたね。

No title

>クロスパール
あー、それはそうですよね、仕事とか友達関係は当然ほどほどにしないといけませんよね。
こういう二度と会わない相手ならいくらでも行けますが。

No title

>たんちんさん
そうか、敷金0だとそうなるんですね。大家も大変だ。。。借り手が強くなってるんですか、法的にもどんどん守られているようになってきたのかもしれませんね。

No title

>prireさん
やっぱり理不尽なことはいやですよね。大家とのトラブルは多いようですね。しっかり交渉したほうがいいと思います。

No title

私も掃除をしたというなら業者の明細を見せてくれくらいは言いますねー。

>なんでも交渉
そう思いますねー。ハナっから手抜きをしようとしたり、不利な条件をしれっと押しつけようとする輩が多過ぎます。これを言ったら相手は気分を害するだろうとか、怒るかもなんて2の次でいいんです。黙っていたら自分が損をする、それだけは確実なのですから。逆に自分が損をしても許容範囲だと思うのなら受け入れてもいいでしょうし。

外国だとさらに輪をかけて、ぼったくろうとしたり、ないがしろにしようとしますからいちいち疲れます;でもタクシー運転手と揉めると犯罪に巻き込まれかねないからほどほどにでしょうか。

Re: No title

>masaさん
本当になんでも交渉だと思います。
どうせ二度と会わない相手ならなおのこと強気でどんどん交渉していいと思います。
海外はまさに言ったもの勝ちというか、言わないとどんどん付け込まれる世界なので強くならないといけないですね。
プロフィール

招き猫の右手

Author:招き猫の右手
20代半ばから節約と投資をはじめ、とりあえず41歳でリタイアを達成。節約ドケチ生活で今後を乗り切る(予定)。既婚、子供一人(予定)

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

つれづれなるゼロな日々

軸足の定まらないセカンドライフ

半農半X 投資で実践するセミリタイア生活公開ブログ

節約とコツコツ投資でリタイヤ

「女とカネ」 ~株とFXで稼いで、女の子と遊ぼう~

新しい人生に挑戦してみよう!

きままな2ndライフ生活

30代 南米リタイア生活

煙々の独り言
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク